昨夜はブログ後にまたちょっといじって、早番なので片付けもほっとんどせずに寝た。あたしはベットなのだけど、ベットの上にもあれこれ乗ってて、それをまんま床に下ろして。
で、朝はまたそのまま(ベットメイクはするけど)出かけてったのだけど、帰宅してちょっとびびった…このさみぃ雨ン中、電柱工事のあんちゃんたちがあたしの部屋の真ん前にクレーン車停めてお仕事してるではないか! てことは、超ド級にどっ散らかった部屋が丸見え! 慌ててハハに『カーテン閉めてくれなかったの?!』とゆーと、

『あら、いーじゃない、アトリエみたいな感じで』

えぇ~…アトリエかぁ、ここぉ~? 座卓の上はチラシと値札シールとOPPと糊ハサミの類が散らばり、白目のくりんくるたちが列を成して座し、床にはカレンダーとカード、その他の雑貨と什器(持ってくモノと持ってくかどーか迷ってるモノ)が置かれ、ホントに足の踏み場もない…たぶん、ハハが気を利かせてカーテンを閉めようとしても、そこにたどり着くのは困難だったのではないかとすら思う。アトリエっつーか、ただただ、ワケわかんないモノたちがひしめいてるだけだよな、ここ。
これがせめて出店前日だったら、もー少し片付いてるんだけどねぇ。いまは出店物が全部外に出てる状態だからなぁ~。

ま、いまさら嘆いたとこで状況は変わんないし、座ってすぐ作業に取り掛かれるってのはイイもんだ。ぱっと頭切り替わるしさ。(ホントか?)
そゆわけで、昼食までのちょっとの間、せっせとくりんくるたちの黒目を描いた。12体のうち、何体かは(今回初めて)「目を閉じてる、あるいはウィンクしてる」子を作ろうと思ってて、1つ、どういうわけか身体が傾いてる子の目を閉じてみた。ちょっと眠ってるみたいでかあいい。あとはどの子をウィンクさせるか、なんだけど、どの配色の子だったらイイのか判断に迷う。『目を閉じてなかったらこの子がよかったのに』とか言われると困るしさー。逆もあるかもだけど。
適当に1つ選んでウィンクさせてみたら、あんまりよくなかった…ので、塗りつぶして「両目開き」にした。
結局、12体のうち2体が眠ってる感じで、2体にウィンクさせたのだけど、どーゆーわけか両目閉じは寝てるように見えるのに、ウィンクはウィンクに見えない…何だろ、何か「痛っ」て感じ? 顔しかめてる風に見えるとゆーか…わかんないけど。

昼食後は、リングノートにしおり付けたり値札付けたり何だりかんだり。そして夜になってやーっと「震災支援くじ」。こいつがまた厄介…とゆーか、はっきり言ってモノがないのだ、あんまり。「だらけカプセル」に入れてしまったせいもあるけど、自分がちゃんと仕分けられてないから、とも言える。ここに入れる前に値段さげて出してみるか迷ったりとかね。(それでも70個は詰めたけどさ)
もひとつ乗り気になれないのがこの雨。しかも寒い! いまのところ土曜日はかろーじで曇り時々雨、みたいな予報だけど、日曜は雨、らしい。たいふー来てるとかゆーしねぇ。はーやだやだ。でも三茶アート楽市って、去年は2日ともいい天気だったけど、「終わるまでハラハラ」とか「どっちかが雨で中止」とか、結構多いんだよねぇ。今年はこのパターンかなぁ。

今日は梱包にまでは至れなかったけど、明日の早番はお休みいただけたのでこれからも少しがんばって、明日は雨対策もしつつ梱包に専念しよう。
せめて土曜日だけでも降らないでいてくれますように!!!








(-人-)

[PR]
# by yukimaru156 | 2017-10-20 00:44 | そんな1日 | Comments(0)
丸1日、外出どころか部屋とトイレと台所以外はどこにも行かず、制作と整理。コンパクトに納めるべく、什器の要不要を分け、豆本を厳選(?)し、新作アイテムを入れる隙間を考える。んんー、何だかなぁ~…すでに「もう何も作らなくても充分ある」状態ではあるのだけど、既存のモノの方が多い。てのが気に入らん! 売れ残ってるから「ある」わけだけど、でもみんなちょっとづつ、て感じなので、そこもまた気に入らないし。

ちょっと前に紹介した、「だらけカプセル」てのを改めて点検。「にゃんこだらけ」「わんこだらけ」「ことりだらけ」「さかなだらけ」等々、がちゃぽんカプセルをひとつのキャラで埋めてみたのね。シールとかマグネ、ボタン、ストラップその他で、大体1つに3~4アイテム入ってるかな。で、それぞれ作ったわけだけど、ちょっと足りないとかね、あるわけよ。そんでその補充にまた作ったりもして。
何かもーあっちこっち中途半端にいろんなモノが出てて、溢れてて、足の踏み場もないたーこのこと。そのうち自分が何をするべきなのか、何が最優先なのかもわかんなくなってきてドツボ。途方に暮れつつ、先日の戸越で出した「くりんくるセット(くりんくると豆本のセット)」残り2つを出して、一瞬くらっときた。あまりのショックに。

  くりんくるのブーツが紫だ!

てことは、次のくりんくるたちは「紫ではないブーツ」を履かせなくてはならなかったのだ。何てことだ! また紫にしてしまったではないか!!!
ちょっと解説させてもらうと、くりんくるたちは、不足してきた時点で10~12体くらいを追加制作する。当初はみんな違う色のブーツを履かせてた(つか、ボディに合わせた色をちぎり貼ってた)。でもそれって結構メンドなことに気づき、まず青いブーツにした。その後の10体(だか12体)は黄緑、それから赤、だから今回は紫…とハナから思い込んでたけど、紫はすでにやってたのだ。デジカメ写真で確認した。12体のくりんくるたちが勢揃いしてて、みんな紫だった…てことは、今回はこれらとは別の色でいかねばならんかったのだ。あぁ、何てこと…。
で、どーするのかって? やるよ、塗り替えるよ、ちぎり貼るよ! 自分が許せないもん。紫より濃い色でいかないとダメだから、紺か黒しかないなぁ。青はやっちまってたしね。黄色やオレンジでもイイかもだけど、紫に重ねたらどんな色になってしまうのか考えるとこあい。薄葉紙はさ、重ねると色も混じる(モノもある)から。

今日はもー無理なので明日、彼らの黒目を入れるときにやることにして(今日は白目を入れた)、だらけカプセルや100円くじ(こっちもまだ手つかず!)に入れる、さくさく作れるモノを作ろうとしたら、ストラップはあるのにプレートパーツがないという…しかも作ってから気づくなんてマヌケすぎ…とほほ。

以前(もー随分前)、ガラス作家のびーどろねずみサンとのコラボで、彼女がおはじきサイズの金具付きガラスパーツを作ってくれて、そこにあたしが両面ちぎり貼る、てのをしたのね。長らく彼女に預けたままにしてて(彼女が出店のときに販売してくれてた。売上げはもちろん折半)、それをこの春に残り全部を引き取った。今度はあたしが売る番だ。それはいいのだけど、これで何かしたい、なるなら「紐しおり」の先に付けるのがベスト、と思ってたのに、あいにくと革にちぎり貼った紐しおりの在庫がまだ残ってる。両タイプ出すことも考えたのだけど、それもまたどーかと思い、紐をつけて、端はリングノートのリングにつけてみた。いうなれば「ガラスビーズ付きしおり付きちぎり絵リングノート」…長い…でもま、こーきゅーかんがぐぐっと増したかもしれない。ダン箱素材のリングノートとチラシちぎりだけでは、安っちー感じだもんね。

今日はまたすっきれ晴れてくれて、ハハになんか2度も洗濯機廻してたけど、明日からまた下り坂…いま現在の予報では、21(土)が50%、22(日)が80%…前日の20(金)が90%だから、その雨雲が去ってまた次が来るってか? だよね。う~ん…当日ギリギリまでびみょー、だなぁ。
そーいや22日って選挙なんだよね。期日前投票? とちらりと思ったけど、期日前なんてもっと余裕ないし! 当日も無理だし! 雨だったら行くよ、ヤケクソ気分で。









(>_<)

[PR]
# by yukimaru156 | 2017-10-19 00:08 | そんな1日 | Comments(0)
無事、カレンダーを作り終えて(っても「無事」ではない2枚の入ったカレンダーがあるので、こちらをどーするか考え中…)、昔、堂地堂さんという、紙問屋さんと作ったリングノートにちぎり貼り。このノートを出したのはいつが最後だっけか。ほっとんど売れなかったので投げ売りしたあと、在庫として無地のままずっと抱えてたのだ。使いやすいと思うんだけどね~。「1点モノであるがゆえに使いづらい、もったいない」意識が働いてしまうようで、そこのとこは何とも…印刷するのはヤだしさ。

昼前、小雨がやみそうだっったので、朝食パンを買いに出かけ、ついでに豪徳寺に寄って夕飯の買い物もしたりしたのだけど、そこでやっと撮れたよ、にゃん玉電!
今年はd0078532_094682.jpg玉電(世田谷線)開通…何周年だっけ、ちと忘れてしまったけど、ン十周年だそーで、ご覧のよーな開通記念電車が走ってるとゆーわけ。豪徳寺にちなんで「招き猫」ね。(それを豪徳寺で撮れたのも縁だわね) サイドには招き猫がいっぱいだけど、この電車のすごいとこは顔やサイドの絵ではない。にゃんと! 車内にはピンクの肉球足跡があり、でもって吊り革は猫型なのだ! って、あたしはまだ乗車したことないのでにゃんとも言えないけどね。でもって、乗った人いわく『かわいいけどつかまりにくい…』そうだけど。でもまぁ、それもまたヨシ、かしらね。こういう遊びゴコロ、あたしは好きだわぁ。

週末の三茶は、この玉電に乗って三茶へ向かうのだけど、出会うのも稀なので(何台走ってるのだろう…? 2台くらいはあるのかなぁ)、乗れるかどーかは運次第。乗ったからにゃんだ、て話だけどさ。
ちなみにこの玉電、2車両しかなく、運賃先払いの、とことこ電車。でも沿線住民にとっては貴重な「足」。かつては「トウキュウ唯一の黒字線」と呼ばれてたこともあったのよ。

帰宅してからは、くりんくるの修復した手足を彩色。(つかカラーの薄葉紙貼り) それから小瓶にちぎり貼り。この勢い(?)でカード制作まで行きたかったけど、残念ながらシゴト時間となってしまった。

昨日「天気悪くてもいーところ」てことで、病院が空いてる(来院が少ない)て書いたけど、も1つあったよ。向かいの300坪に10軒建てるとゆー、やかましい工事がないのだ。(ホントに10軒も建つのか? とちとギモンに思う仕切り方ではある) おかげで制作も進んだ。明日も天気わりぃーといいんだけどなー。オフだから1日制作に没頭できるし。

カレンダーは出来たけど、その他のことはまだまだ、なので、明日どんだけできるか、だわね。気張らねば!
とりあえず今日はこれからちょっとカード作ります。びょーいんは混んだわけではないのだけど、帰宅が遅くなってしまったのでね。







( ̄▽ ̄)

[PR]
# by yukimaru156 | 2017-10-18 00:09 | そんな1日 | Comments(0)
うぅ~、さっぷ。でも寒くてもいーから週末晴れて欲しい、てのが本音。何かね、「今月はもーずっと雨」なんつー話もあって、マジか?! っすよ。去年は晴れたから、今年はまずいのかなぁ。
朝からずーっとカレンダーにかかりっきり。時計にらみながら作ってて、この天気だから病院もそんなに混んではいないだろな、早く帰れるかな、と思ってたらホントに早く帰れた。これが「天気悪い日のいーところ」だぁね。

そーそ、昨日の写真で補足をひとつ忘れてた。オトート2号のカミさんが作ってくれたケーキ、立派な皿に盛られてると思ったっしょ? 違うのよ、あれは土鍋の蓋。だからちょいと切りにくくてね。でも写真では立派よね、ホント。ハハは『誕生日のお祝い(29日。何と喜寿!)は、もうこれでいいからね』と言うけど、そゆわけにもいかないよね。とりあえず「三茶後」てことで自分でも何のプランも考えてはいないのだけどさ。

カレンダー作ってるときはブログのコネタがいろいろ浮かんだのに、どーぶつ病院のシゴト終えて(それからまたちょっと作って)ここに座ったら、みんなどっかへ飛んでってしまった…どこへ飛んでったとゆーのだろう?
10月のコトバ、「ツイてなくてもツキは出る」てのがいいか、もひとつの案で…とハハに言いかけたら、最初のフレーズでハハが爆笑したので、これに決まった。書くのにラクであることに越したこたーないので、これでヨシ、と。

寒いし眠いし(いちお、6時間半寝たんだけど)、何かいろいろ忘れてる気がするし(やっと本日、三茶告知載せましたー、よろしくですー)、大丈夫なのか、自分? とりあえずカレンダーはもーちょっとで仕上がりそうなので今夜やっつけることにして、くりんくるの欠けた手足も直したし、あとはカードとノートと、100円くじと…何だっけ。考えようとすると眠くなるのはなぜだ?

うん、ごめん、考えると眠くなってくるので、考えないでできる仕事に戻ります。今日はちょいと短めですが、そゆことで失礼。








( ̄ー ̄)

[PR]
# by yukimaru156 | 2017-10-17 00:41 | そんな1日 | Comments(0)
  10月21(土)、22(日) 11時~17時 雨天中止
   世田谷線、田園都市線「三軒茶屋」駅より徒歩10分
   三軒茶屋駅から茶沢通りを下北方面に向かう、烏山緑川道(遊歩道)沿い
   http://www.setagaya-ac.or.jp/arttown/

   ブース

更新するのをすーっかり忘れてました、ごめんなさいです!
ちぎり屋、今年も出店します! ブース№は5! 100組が出店する中で、こんなに若い数字(1桁!)になるのは、初めてのことで、ちょいとドキドキしてます…もっとも混み合うところでもあるので(進むほど遊歩道に余裕が出てくるのですよ)、それが吉と出るか凶とでるか…な感じです。う~ん、どーですかねぇ。

さらに不安にさせてくれるのがこの天気! 『今月いっぱいずっと雨』『台風も来てるらしい』等々、嫌な情報ばかり入ってくるのですが、粛々と制作を進めてる次第です。
お時間ある方、ご近所の方、ぜひぜひ遊びにいらしてください。今年は豆本も充実してますよー。






( `ー´)ノ

[PR]
# by yukimaru156 | 2017-10-16 23:51 | さゆき 出店(展)情報 | Comments(0)
「千葉べったく始末記」と称してはいますが、前回来たときがラストだと思ってたので、「始末」することは実はほとんどないです。むしろ、ホントにいろいろ持ち帰ってしまったので(布団はかろーじで残ってます、こちらで処分してもらうつもりで置いてったのが)、紙皿で食事、トイレットペーパー持参で正解、て感じ。
d0078532_0164235.jpgさて昨夜作った燻製ちーずは、ごらんのよーに美味しそうにできました。その下にあるのがソーセージですが、これは2号さんいわく『いまいち…』。ま、フツーに美味しかったですが、燻製にする意味はなかったような…てとこです。

2号さん、土曜も出勤だったのね、て話を振ったらば。
『ポリタンクが倒れて、薬品が入ってるから「ろうえーい! 漏洩! 退避!」て叫んで、拡がらないように緩衝材みたいなのがあるからすぐ周辺を囲って、警察に電話、救急の手配もして、野次馬とかも来るから「キケンです、下がって!」とか叫んで…』
うわっ、何て大変なことに?! そんなへびーな土曜日を?
『ってことを想定した訓練』
何だ、クンレンですか、よかった。
『野次馬とかもさ、社員がやるから、近寄って写メ撮ろーとする奴に「そこ、下がれっ!」とか、「漏洩!」「声小さい! そんなんじゃ聞こえない!」とか突っ込むわけよ』
ははぁ、なるほど。そーゆー土曜日を過ごしたわけですね。

あいにくの雨でしたが、2号さんと雪丸ママ、そして雪丸姪のHRちゃんは車でちょいと遠出のドライブに。(ハーブ園に行こうとしたみたいですが、やってなかったよーです、残念) 雪丸はその間、せっせと制作に励み、くりんくる12体とガラス小瓶に色付け(薄葉紙のちぎり貼り)をしてました。
そして写真。d0078532_0181747.jpgこれはべったく前の通りに咲く「キミガヨラン」です。どーしてこの写真を撮ったかとゆーと、雪丸パパが元気なとき、雪丸と一緒にこの君が代蘭(という字でイイのかわかりません)の根っこを捨てに行ったんですよ。増えすぎて大変なことになってしまったのと、丈夫だからここでも育つんじゃないか、てことで。確か3つ4つくらいだったと思うのだけど(重くて引きずってった)、それがまぁ、いつのまにやら増えて、ごらんのよーな咲き誇り状態が4ヶ所に。(てことは4カ所に置いてきたわけですね) すでに終わり始めたところでしたが、なかなか壮観でもありました。べったくが取り壊されても、この花は残るんだろうなー、と思うとちょっと感慨深かったです。

曇り空なのでちとわかりづらいですが、向う側が水平線なの、見えますかね。この蘭を乗り越えてあちら側が砂浜になるのだけど、以前は簡単に降りれたのに、傾斜が激しくて降りれなくなってました。砂浜が削られて盛り上がってしまったんですね。
で、撮影した雪丸の後ろには通りをはさんでおうちがあるのですよ。でもホント、いつのまにこんなにいっぱい花が咲くようになったんでしょう。不思議です。生命力、ハンパないですね。

昼食と夕食を兼ねた食事は「トマト鍋」。2号さんの奥さんが作ってくれました。土鍋は置いたままになってたので、それを利用して。(確か前回の日記で写真載せましたね) 雪丸、初めてトマト鍋ってのを食べましたが、トマトシチューと変わりないんですね。当たり前なのか。
食事のあと、2号さんたちは(こー書くとアイジンみたいだな、といまになってふと思ったです)、持って来たテレビで借りてきたDVD『オデッセイ』を鑑賞。雪丸は観たいな~、とゆーのをガマンして、制作続行。無事、くりんくる12体と小瓶6個の色付けを終え、『オデッセイ』のラスト10分ばかりを鑑賞しました。はぴえんでよかったです。
d0078532_0193783.jpg
さて、本日は雪丸ママのたんじょーび! にはちょいと早く(ホントは29日)、でもみんなが集まれるから、てことでばーすでぃけーき! これもHRママがここで作ってくれたんですよう、素晴らしいですね! 黄色いのは柿です。ほどよい甘さで、軽めのスポンジケーキなので、『お腹いっぱい』と言いつつもみんなで完食。そーそ、右側に添えられたのは沿道に咲いてるオシロイバナなんですが、この天気でみんな花が閉じてたようで…ちょっと残念。でもキレイですねぇ。

それからはせっせとお片付け。これがホントに最後で、雪丸はも一度外に出て、君が代蘭を2本ばかり刈り取って、約30年、みんなで愛してきたおうちを眺めました。処分することが決定してから半年も経っていないですが、おうち自身がもうあきらめたかのようにひっそりと朽ちていこうとしてるみたいで、何ともまた切なかったですが、でもこれで本当にさよならなんだなー、と思えました。雪丸パパが何度も資材を運んで丁寧に作った木製のデッキも傷みが進み、足が抜け落ちそうだったし、雨漏りもするし、当初は誰かがこのまま買って住んでくれることを願ってた雪丸ですが、取り壊される方がいいのかもしれないな、と思えたみたいです。

一度はゴミとして出したモノの中から、まだ使えそうなモノを出してみたり(あとで0円マーケットに持ち込む気らしいです)、あちこち何度も点検して、帰るころは外は真っ暗。みんなで最後に『ありがとう、さようなら』と言って、別れてきました。楽しい思い出がいっぱい詰まったおうちですが、これからはそれぞれの中で大事にされていくでしょう。ありがとう、白浜の赤い屋根のおうち。(もう全然赤くなかったけど) いままで本当にご苦労さまでした。







(≧◇≦)



[PR]
# by yukimaru156 | 2017-10-16 01:23 | そんな1日 | Comments(0)
d0078532_1401546.jpg来ちゃってます、千葉べったく。雪丸は夕方ぎりぎりまでカレンダーにきりきりし、それからどーぶつ病院。お天気悪いからあんま人いないかと思ったらそーでもなくて、さ、これで帰れるかな、と思えた8時すぎ。わんこ抱えた夫婦が外に。まさかの急患!? がんばってこの時間に終わらせたのに!? と思ったら、待ってもらってる間に落ち着いたらしくて「帰ります」。何だったんだ!!

てことで、8時半過ぎには帰れた雪丸。おにぎり食べて、オトート2号さん家族と揃って千葉べったくへ。
到着は12時ちょい前あたり。で、写真。2号さんが前に父上に買った燻製メーカー…とゆー名前でいいのかわかりませんが、ともかくそれです。燻製が作れるやつ。明日の朝食のためにチーズを剥いたわけです。楽しみですねぇ〜。

さて、仕事どーぐを持ち込んだ雪丸。果たしてほんとにできるのでしょーか〜?






(@゜▽゜@)
[PR]
# by yukimaru156 | 2017-10-15 01:40 | そんな1日 | Comments(0)
昨日テレビで『半袖で過ごせるのは今日までです』と言ってたそーだけど、ほんとにそーだったね。昨日は1日半袖で過ごしてたのがウソみたいに肌寒い。これからずってこんな天気が続くとかゆーし、どーなんだ三茶?! だ。う~ん。ちょっとくらい寒くてもいいから降らないで! だわ。

香川への発送が無事終わったところで、一気に三茶モードばりばり全開。今日も早番だったので、帰宅してからだけど、わかってるくせに銀行に行って欲しいとか(行ってきたよ、雨ン中! 昨日行けばよかった~)、夕飯頼むとか、昨日は作ってもらったから文句も言えないんだけど、ココロでつい唸ってしまう。くっそう。
昨日の粘土の抜けてたとこをさくっと作って、本日はカレンダー。まずはA4にプリントされた12ヶ月を12分割にちぎちぎ。それからカラー台紙に「1月は青、2月は薄黄色、3月は…」て具合に分けて貼り貼り。そんで、1月はわんこ、2月はにゃんこ…とちぎり始めて、やーっと6月まできたところ。(まだ貼ってはいない。全部ちぎってから貼ってくのだ。その方が効率よくて早いから)

今日の午後の時点では「大丈夫、何とかなる!」と思ってたのだけど、いま現在の心境はとゆーと「……まずいかもしれない」。
とゆーのも、明日の夜からどーやらまたまた千葉行き、となってしまったのだ。話があったのは先々週くらいで、『無理だよ、仕事休めないし、三茶まで日がないし』と言ってたのに、出発は夜だから、日曜には帰るから、とか何とかハハが言い、行きたくないのか、と問われるとそんなことはないので「半分はそのつもり」でがんばってきたんだけどね。行って後悔するか、行かないで後悔するか、その判断もつかないまま今日に至ってしまった次第。

そーそ、過日ここに書いた、衣装缶。何でいまさらこんなのを引っ張り出してきたかと言うと、こちらで捨てるなら大型ごみで処理券が必要だけど、千葉に持ち込んでしまえば、あちらで出す廃棄物としてまとめて出せるからさ。それでハハが四苦八苦しながら中身出して持ち込もうとしてるのだけど、ふと思ったのだ。この衣装缶、ゆりかねーさん使えないかな、とね。全部で6つあって、うち1つは歪んでるのでダメとして、も1つの赤は何となく気に入ったのであたしがもらい受けることにして、残り4つ。の写真をゆりかねーさんに送ってみた。押入れに入るくらいのサイズなので、74×26×35、くらいかな。不要なら不要でこちらで処分するまでだし、月末に食器を引き取りに車で来てくれるから、必要だったらそのとき一緒に持ってってもらえるしね。

で、の返事が来た。欲しいと言う。素晴らしい! 『小麦粉とかの保存にどうかな』という打診がその前に来てたので『いいと思うよ、50年前のハハの服はどれも全然傷んでなかったし』と返事したら、一番でかいのと、そのひと回り小さいサイズの2つをもらってくれると言う。かつて一般家庭で使われてた茶箱ほどではないにしても、これだっていまはとんと見かけないモノだけど、使用には充分耐えられる。見た目もキレイなままだしさ。

そして残り2つ。これもね、キレイなまんまなんだよね。他のと同様、単色で何の装飾もない缶ではあるけど、不思議と愛嬌があるというか、捨てがたい。う~ん…てことで、試しに(?)、「ご自由にお持ちください」と書いたメモ貼って、外に出してみた。今日は雨だし、人通りだってほとんどないし、果たして持って行ってもらえるものなのかわかんないけどね。試してみるにこしたことはないしさ。誰も持って行かなかったら千葉行きとなるわけだけど、それも可哀想な気がしてきたなぁ。
いまになって、結構降ってきた…ウチに入れてあげた方がいいかしらん。あたしって、どーしてこう昔のモノに愛着が湧いてきてしまうタチなのだろう?

眠いけど、もーちょっとちぎろっと。そんでゴホービアイスを食べるのだ。







( ̄▽ ̄)

[PR]
# by yukimaru156 | 2017-10-14 01:05 | そんな1日 | Comments(0)
昨夜、午前2時過ぎまでかかって梱包その他を終え、納品書OK、値札を後ろに貼り替えもOK、自己PRも入れた、一筆も書いた…とチェックしてったらば、ギャラリーからいただいてるしおりの注意事項に「サンプルにも値札を」てのに気づいた…しまった、サンプルにも値段がいるのか! 全8種の豆本はそれぞれ封入したので、また1つづつ開けてサンプルだけ出し、ちきしゃう、最後にこれかよぅ、と思いながら、シールを出して名前入れて値段入れて貼ってった。終わったのは2時半。やれやれふぅ。でもこれで15日必着だった香川は完了し、三茶に注力できる。

ねむねむだけど午前中だけガマンすればいーのだ、と思いながらシゴトに行き、行けば眠気なんざどっかに吹っ飛んでくれるのでさくさくと働き、帰宅してハハが無事発送してくれたことを確認してからDM書き。戸越分を同封した方以外の、三茶のみの人たちね。もーちょっと早く出すべきだったのかもだけど、申し訳ない。でもあんまり早くても忘れられてしまうしね。ビミョーなとこだよね、それは。

んで、DM書き終わったら今度は粘土で「くりんくる」制作に突入。久々なもんで最初は"あれ、こーだっけ、違ったっけ、手足の長さはどんなもんだっけか…"としばし迷いつつも、何とか12体完成させた。
今回はこれでイイと思うのだけど、次回からどーするかだよな~。とゆーのも、彼らの手足に使ってるマクラメの紐が残り少ないのだ。つか、白と焦げ茶がもーない。(茶と黒はまだも少しある) 問題はこれを「買うべきか否か」。べらぼーに高いモノではないので、買うこと自体は問題ではないのだけど、それを使い切るほどに彼らの需要はある? て話。

もともとは、マクラメ糸がやたらとあるので、これで何か作れないか、と思ったのが始まり。いまはその名を書くことすら懐かしい「びー玉星人」の代わり、て感じで作ったのだけど、でもぜーんぜん売れなくて、そっかー、あんまりかあいくないかー、としょんぼりしつつ、三茶の「100円くじ」に出したのね。そしたら人気であっちゅー間になくなり、そりゃこれで100円じゃあね、お買い得よね、と完売でも嬉しいよーなそーでもないよーな、だったんよ。で、翌年。『あの子はもういないの?』という声をちらほら聞くようになり、単体で買った人が『もう1人欲しい』とか、じゃあ100円じゃ出せないけどまた作るかな、と思ったのが数年前。100円じゃないから売れないかな、でも100円で作る気にはならないな、と思って、びくびくしながら700円つけた。そこからまたちょっと値下げして600円とか500円で出したらぱらぱらと売れてくれるようになり、そんで現在に至る、と。バクハツ的に売れる子たちではないのだけど、気づくと少なくなってるんだよね。ま、今年はくりんくるが主人公の豆本とセットで売ったりもしたからね。

次回からマクラメではなく、いま究極に山を成してる毛糸もイイかなと思ったりもしたけど(好きな色を選びほーだいだ。45ℓ袋3つ分だ)、それより、もらったもののちと使いづらかった太い革紐かな。そっちの方が、何つーかグレードアップした感じがするかしらん。全然別物っぽくなって、また売れ残るようになったりしてね。うーむ。そんときはそんときかー。くりんくるたちだって、いつまで残せるかわからんし。

12体作り終えて、散らかった粘土クズも何も片付けてすっきりさせ、カレンダーに取り掛かる。やっと! だ。日付け部分の「ちぎり」からだけど、せっせと(やや)正方形にちぎりまくってたら、ふと顔をあげた先にいるくりんくるの1人の手に粘土がついてないことに気づいた…あうち。また取り出すのもメンドなので、明日、だ。

カレンダーの他にも作りたいモノ(つか、使い切って失くしてしまいたいパーツとか)があるので、はやくそちらに行きたいんだけどねぇ~。いつになることやら…。







(゜-゜)

[PR]
# by yukimaru156 | 2017-10-13 00:41 | そんな1日 | Comments(0)
殺しても死なない人間、亜人。最初の亜人が見つかったのは26年前のアフリカ。以降、何体か確認され、いまでは…何人とあったかな。数十人程度。て冒頭の解説から始まり、マンガ、アニメとは別の、研修医という設定の永井圭の人体実験のシーンとなる。たまたま交通事故に遭い、「轢かれたのに死ななかった、生き返った」てことで「亜人」と認定され、政府の管理下のもと、非道な人体実験で(これでもかってくらい何度も)殺されてるのだ。そこへ現れるのが同じ亜人である「佐藤さん」と「田中さん」。(2人ともいかにも偽名なんだけど、ホントに佐藤と田中だったら笑える)

ここからの、佐藤さん(綾野剛)のアクションが素晴らしい。アクション好きのあたしにとってはわくわくだ。で、見事永井の救出劇となるのだけど、10巻以上(?)続くマンガや2シーズンたっぷりやったアニメのままやるわけにはいかないのでいろいろと端折ってはいる。(高校生だった永井が研修医になったのも含めて) この端折り方、悪くないと思う。むしろすっきりしたというか、わかりやすくなったんじゃないかな。

マンガではどうだか知らないけど、アニメを観ててわからなかったところ(つまり亜人とは何なのか、とか)は、映画でもわからないまま。もしかしたらマンガでもそこにはまだ触れられていないのかもしれない。
ま、それはともかくとして。
亜人には「死なない」てことの他にもうひとつ特徴がある。IBMと呼ばれる(映画ではこの名称は使ってなかった)、黒い霧のような巨人が体内から放出でき、かつ、それらを動かすことができるのだ。もっとも、操れるのか、というとどうもそうではないような、意思に反するわけではないけど思うように出せるものでもないらしい。ここんとこもアニメ同様謎のままだ。

永井が体験したような壮絶な拷問ともいうべき人体実験を、それ以上の過酷さで味わってきた佐藤と田中は、人間に対する復讐心でいっぱいで、国家戦略としてそれを容認してきた政府や関係者らへの憎悪はあっても、無関係な人は巻き込みたくない、なるなら穏やかに過ごしたいと考える永井とは決裂。そして対決することになる。「死なない人間」vs「死なない人間」となるわけで、それって終わりはあるのか? とか思うとこでもある。いや、終わるけどね、いちおー。

映画「るろうに剣心」のスタッフが再集結し、「いままで誰も見たことのないアクションをやろう」という意気込みで挑んだ本作。確かに素晴らしいし、佐藤vs警察の特務機関SATの見応えは充分。神経針打たれたら即座に自分の腕を切り落とすとか(すぐ再生する)、窮地に陥ったら自分の頭ふっ飛ばして「リセット」して反撃するとか、息もつかせないアクションの連続でSATたちが次々と倒れてくのは爽快ですらある。佐藤は元軍人という設定なので(映画では触れられてなかったけど)、キレキレのアクションも説得力がある。よくぞここまで鍛えてくれました、綾野剛。キミのマッパには思わずニヤけてヨダレが出てしまったぞ。

ただ、それでねぇ~、ラストは亜人対亜人、佐藤と永井の対決となるわけだけど、2人の果てしない闘い、かとゆーとちょっと違うんだな。前述のIBM(永井はユウレイ、政府側にいる亜人の女の子は黒ちゃんとか呼んでる)がいるから、アクション+CG合成、となるわけよ。となると、あたしが見たいと思うアクションとはちょっと違ってくる。それが惜しい。
惜しいと思うとこは他にもいくつかあって、いちいち書かないけど、それぞれの人物をもう少し掘り下げて描いてもよかったんじゃないかなーと思う。それを描くことによってせっかくの勢いが削がれる場合もあるけどね、ちょっとしたシーンや台詞で厚みができる場合もあるからね。

マンガでは佐藤はもーちょい年配とゆーか、一緒した友人と以前「やるなら小日向文世」とか言ってたんだけど(堺雅人もかな?)、綾野はがんばって似せてた。小日向があのキレキレのアクションやってくれてたら惚れてたと思うけどね。

夕方帰宅して、それからせっせと制作と値札付け。貼り替えなくてはいけないのもあったのだけど、マステ使用を義務づけられてた豆本のマステを剥がしたらべたべたで参った。あってよかった、シール剥がし。
そんでいま、納品書を書き終え、それぞれのパッキングも済み、あとは一筆書いて梱包するだけ。明日、早番なんだけど、やっちまう方がいいかなぁ。午後は雨とゆーしな。








( ̄ー ̄)


[PR]
# by yukimaru156 | 2017-10-12 00:50 | 行った観た読んだ | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156