スズメ君に合掌。

昨日のクレームのモヤモヤがとれたよーなとれないよーな、で釈然としないまま、な自分にちょっとイラつく。こんなとこでつまづいてないで前へ進まなくては。
ちょーどいいタイミングで、近所の動物病院のAMセンセが『ランチでもどうか』とメールしてくれたので、これまた近所の、住宅街の中にぽつんとあるカフェへ誘った。地元の彼女でも知らなくて(もっとも、出来たらしいのは知ってて『どこだろう』と思ってたそーだ)、喜んでくれた。クレームの話は一切せず、満腹になれるバスタと珈琲、だけでは話が終わらず、バルサミコソースのかかったアイスクリームを食べる。バルサミコソースってこんなんだっけか、と思いつつだけど美味しかった。ブルーベリーやラズベリーもたっぷり乗ってたし。

途中、センセが携帯電話に出るために外に出て戻ってきたら、何やら掌に持ってる。スズメだった。この暑さでまいったらしく、もー瀕死の状態。風で転がってきた、と言うから熱中症で木から落ちて風であおられて、なのだろう。店の人に水とスポイトを頼み、両手にくるむように持って親指で心臓マッサージしつつ、スポイトで水をあげる。指先でクチバシをこじあけて飲ませようとするあたり、さすが動物病院の先生!なのだけど、すでに『ものすごく体温が高い、やばいかも』と言い、水を飲む元気もないまま、みんなの祈りも空しく昇天されてしまった…合掌。
この暑さでは犬猫の熱中症が多いでしょう、と言ったらばその通りらしく大変みたいだ。家人が外出するとはきクーラーを切ってしまうから、帰宅したら熱中症、脱水症状、で病院に駆け込むというパターン。
『でもウチで飼ってるわんちゃん、ねこちゃんはまだいいのよ。この暑さでは野良猫や鳥たちが可哀想。水場も少ないしね』
そーか、考えてみればそうだよなぁ。ウチのベランダの、雨水を溜めてるカメにはよくいろんな鳥たちが来るけど、それを置いてる家も少ないし、公園とかだって衛生面でどーのとなくなってきてるしねぇ。センセいわく『公園の水飲み場は犬が使うから近寄れない』のだそーだ。なるほどー。野良猫にエサをあげてる人でも「水を」という発想はないから、この暑さにヤラレる野良たちも少なくないらしい。猫避けペットボトル倒して飲みたくなるだろーな。ならないか。

そんなこんなでたっぷり2時間休憩してきたよーなモノなので、それからはシャカリキになって作った。まだまだ!と思うけど、夕方には見切りをつけてまとめに入る。荷物を揃えて、タグやらキャプション、小袋とかの準備もして、余裕があればまた作る、という方向で進めた。月、火曜とそば屋なので、これからまだやれるうちにやらねば。
しっかし今日の暑さにはまいった…とゆーより、ホントにまいったのは暑さではなく風の方。窓を閉めたらシヌので全開にしてるからもー飛ばされる、飛ばされる!ちぎった先から飛ばされまくってる感じ。大抵は自分に向って飛んでくるから机周辺に散らばるので、手の届く範囲ならすぐ拾えるけど、何せこの暑さで拾いに立つのは億劫。なので範囲外はあとまーし。無闇に散らかってくのも道理だわね。

だいぶ風もおさまり、気温も和らいできたようなのでこれからが作業しやすい時間だな。てことでどっ散らかりの部屋に戻ります。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-07-27 01:26 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156