給付金財布

クニがとゆーのかセーフがとゆーのか、とにかく一律にばらまかれた給付金(1.2万円)で、財布を買おうとずーっと思ってた。1.2万てただ財布に入れてくと、何に使ったかよくわかんないままいつのまにかないじゃん。それより「これ買ったな」と思えるモノを、と思ってね。いちお、「経済活性化のために消費するよーに」って建前のモノでもあるし。

1.2万の財布だと、選択肢も結構幅広い。あたしはこれまで、せーぜー3~5千円程度の財布しか持ったことがなかったので、“もしかしてブランド物でも買えるんじゃん?”と思ってたのだけど、ブランド物だからって使い勝手がイイとは限らんし、デザイン的に“何これ”と思う物も多々ある。ので、「財布を買う」と決めてからも“よしこれだ!”と思うものには巡り会わなかった。ま、ブランド店巡りをしたわけではないし、本気であれこれ探してたわけでもないのだけど(つーか、そーゆー時間もあまりなかったし)、昨日ハハと某デパートで探してたら何となく“もーここらで決めたい”みたいなのがあって、コムサ・デ・モードの白い革財布を買った。1万2千600円。ま、想定内?なんだけど、帰宅して改めて眺めると“やっぱ違ったかなー”みたいな気分がむくむく。それよか印伝の財布の方がよかったかなー、とハハに言ったらばあっさりl同意されてしまったので、今日そば屋へ行く前に立ち寄って(またちょっとあれこれ見て)、結局黒の印伝財布にした。

印伝てのは、室町時代にインドから伝わった、羊か鹿のなめし革に漆を施した型押し模様の入ったもののことで、ま、ちょっとおばさんくさいっちゃーくさいのだけど、品質としては上等。使うほどに手に馴染み、いい風合いになるそーで、そういうのが欲しかったあたしとしては悪くない買い物だったと思ってる。ホントは黒、茶、紺以外の財布にしよう、と思ってたんだけどね。(できればオレンジとか青とか黄緑とかキレイな紫とか。黄色はやたらあるけど、あるからこそ論外) ブランド物でカラフルな色合いのものは多いけど、なーぜか、長財布になると無闇にでかい。これが悔しい。小銭入れ部分が2つどころか3つも分かれてたり、カードがやけにいっぱい入ったりと、何も入ってない状態でも厚みがあるのが許せなくてねぇ。そりゃカードとかいっぱい入る方が嬉しいけどさ。あんまり厚いと(でもって開かないようにチャックとかついてると)、ペンケースかポーチみたいなんだもん。それはヤなのよ。

「お金は折らない方が出て行かない」みたいな話を聞いてからは長財布を愛用してるのだけど、好みに合うのがなくていつも何の面白味もない、男物を使ってた。最近、少しは女性物の長財布も出回るよーになった気がするけど、そーすると先に書いたよーに厚くなる。それに不要な付属物(プレートみたいなリボンとかハートとかその他もろもろ)がついてて、せめてロゴの焼印くらいにしといてよ、と思うのになかなかない。何でかなぁ。唯一、バーバリのが(開けるとあのチェック柄で)よかったんだけど、値段もよかった。
印伝は、ブランドってわけでもないと思うけど(でもブランドか)、黒地に黒の型押しで蝶柄。ま、蝶ってのもいまいちな気はするけど、ハハに見せたら『これが印伝なのよね』という感想だったので、しばらくはこれを愛用しよーと思う。見て来た中ではスマートな方だし。ちなみにお値段は、安くなってて1万290円。2千円浮いた。やった。

昨日ハハとデパートでちょっとばかし高級なケーキ2つとゼリー2つを買った。あたしのオゴリで。で、昨日はケーキを美味しくいただいて、今日は果物ゼリー。そば屋から帰宅して一緒に美味しくいただいたのだけど、
『これ、結構お酒入ってるよね?』
『え、そーお?』
なんて会話をしてるうちにくらくらしてきた…顔がやけに熱い。まずった。完食し、ハハはそんなあたしに気づきもせずさっさと寝て、あたしはひとりで部屋でホテリが落ち着くのを待った。(鏡を見たら真っ赤だった…風邪で熱がぶり返してきたのかとぞっとした) 30分もしないうちに肝臓がきちんと機能してくれたおかげで(?)平静になれたけど、その間、考えてたのはただこの1点。
『くそーう、ケーキ4つ買っておくんだったー』
せめても少しアルコールに強ければ、などたー微塵も思わなかったのでした。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-20 02:20 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156