選挙は行くつもりだけどさ

ちぎり始めて3分で、肩がぱっきばきであることに気づいた。無視してちぎってると、10分で「このちぎりは無謀」とゆーことがわかった。「辞めるならいま!」だ。これを逃して“えーい、やれるかどーかやっちまえー”になって、数日経って“う~、やっぱ無理ぃ~”となっても遅い。気がする。
しばし黙考。やれそな気もするし、やはり無謀な気もするし…で、結論として「辞めてどーするとゆーアイディアがない以上、やるっきゃない」と奮い立つことにした。後悔したら、したときにまた考えよう。そんときまた違うアイディアも出てくるかもしれないしさ。

昨日はブログ後にちょいとナルトサイトを浮遊してしまった。いや、お気に入りの我愛羅クンが本誌に登場したので(もー出てこないのでは、と思わせといての登場。憎いったらないわ)、ファンサイトでどーなってるかと思って。そしたら案の定、狂喜乱舞でみんなして萌えてて、つい読んでしまった次第。男前上がってたしねー。『ナルト』の中では、主人公のナルトの「昨日の敵は今日の友」的立場にいる子なので、ナルト周辺の忍びたちに比べると出番もファンも多くはないと思うのだけど、だからこそなのか、登場すると「美味しいとこ」持ってくんだよねぇ。
てなわけで、そろそろ本腰入れて「ちぎりまくり」せねばならんこの時期、激しく寝坊した上、明日は『ナルト疾風伝 火の意志を継ぐ者』を観に行くのでした。れでぃーすでーなのでね。

本日はそば屋。イイ感じに仕事は進んでたので(かき揚げの練りの出来がイマイチで謝りまくったことを除けば)、疲れ具合もひどくはない。それはいーとして、休憩時間に喫煙所に行ったらば、選挙カーでおっさんが必死こいて演説してた。この喫煙所は右翼だか左翼だかががなったり、パフォーマーが立ったり、また立候補者が立ったりする場所の真横になるので、嫌でもいろいろ耳に入る。
『政党ではなく、立候補者がどんな政策を持っているのかを見定めてください』
みたいなことを言ってて、うん、それはわかった、で、あんたの政策は?と思うのだけど、いつまで経ーっても自分の名前と、どのあたりに危機感を感じてるかと、いま日本を何とかしなくては、みたいなことしか言わない。だんだん苛々してきた。そもそも『東京1区のみなさん』、て呼びかけるけど、ここにいる人間で1区の人がどんだけいるんだろかと思う。確かに人通りはあるけど、みんな他所から来てるんだし、演説場所間違えてないかねぇ。(でも彼に限らずみんなここで演説してるけど)

消費税は上げないって言うけど、どの道あげねばならんだろ、上げずに据え置いたらさらに火の車じゃん。そんでそのツケは国民が払うんじゃん。だったらとっとと上げて、みんなが不安に思う医療費や年金や雇用問題にきっちり決着つけて、まず国民を「安心させること」が大事なんじゃないのかねぇ。「税金の無駄を失くす」って、それはむかつくくらい「当たり前のこと」で、じゃどこの何が無駄だと思ってるのか、その無駄を是正するにはどうするのか、を力説して欲しい。その無駄遣いを容認してきたシステムそのものをまず壊して「無駄を出さないシステム」を構築するとこから始めないダメでしょ。ってことがわかってんのかわかってないのかが全然わかんない立候補者ばっか、な気がする昨今なのでした。

さて、まだちぃーとばかし余力があるので、ちぎるか、それとも明日のお楽しみに備えて寝るか…後者かしらね。肩はまだバキバキだし、寝過ごして見損ねたら凹んで「ちぎり」どころじゃなくなる気もするしさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-08-26 01:25 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156