バカさに凹む。と、ウラ稼業?

12月に四ツ谷のギャラリーの企画展に参加させてもらえることになり、その参加費が『切手でもよい』と言うので、だったらチケット屋で安く買えるじゃん!とうふふな気分でちょっと早めにウチを出た。格安チケットが並ぶ通りで、まずは値段チェック。10枚450円と額面の93%ではどっちが得なんだ?と思いながら物色してて、90%の文字を見つけ、そこに決めた。50円切手40枚で1940円を支払う…うぅん?おかしくない?と気づいたのは、何とそば屋に向って走り出したとき。ど考えたってこれ、10%オフの値段じゃあない。つーか、これまで見た中では高い方。10枚450円だったら40枚では1800円になるわけなのだから(10%オフでもだけど)、おかしーじゃん!160円も損してる!あぁ~、悔しい~!!!制服に着替えながら、自分のオロカサにずんずん落ち込んでってしまった…あったま悪すぎ、あたし。なぜすぐカウンターで気づいて突っ込まなかったのか、なぜ最初の店の「10枚450円」で即決してしまわなかったのか…書いてるだけで気分が再び滅入ってきた。こゆとき、“でも60円安く済んだわ”とは思えないあたりが、シアワセを逃してる所以かもしれない。

そば屋出勤前、友人知人に「長くなりそなメール」を書いた。昼間にPCを開けるのは珍しいのだけど、今日から3日間連続勤務なので、夜帰宅してから書くと妙なこと書きそうでね。ひとりは最近知り合った作家さん宛てなのだけど、あたしなんか足元にも及ばない、すごい作品を次々と生み出して(ちゃんとそれを生業として)生活してる人なのにそれでも思い悩むことがあるらしく、そば屋後に半端なこと書きたくなかったのだ。(このブログはどーなんだ?とは突っ込まんでくれ。アホさをさらけ出して、それを楽しんでくれる方用、とゆーことで) 
でも書いてるうちに、結局は「自分はこういうとこで行き詰まり感を覚えてる」みたいな話になってしまい、何のメールだかよくわからなくなってしまった。大体、自分よりすごいと思う人に対してできるアドバイスなんてタカが知れてるとゆーか、おこがましくすらあるよなぁ。(あたしにアドバイスを求めるメール、というわけでもなかったのだけどね)

そーそ、昨日の在廊日に、ある作家さんにこんなことも言われたのだった。

『「ちぎり屋」って、何かウラ稼業みたいですね。闇の契約結びます、みたいな』

はっはっは。ウラ稼業ときたか。そー言われるとそんな感じもしてきた。「夜逃げ屋本舗」みたいなイメージか。わからなくもないとゆーか、そう思わせても悪くないかなとゆーか、ま、そんな気分。そーいや以前、はんこ屋のMNちゃんに住所印作ってもらったとき、オマケとしてすっごいちっこい「契」という字のはんこをつけてくれた。『洒落で使ってね』と添え書きされてたけど、使ってみたらホントに“これは何の契約書?”って感じで、誤解を生みそうだった。ここはやっぱ平仮名じゃないとまずいよなぁ。

帰宅したら、ハハがスーパーでクレープを買ってきてくれてあった。(そば屋のあとは、やっぱちょっとお腹がすくので菓子パンとか何か食べたいのだ) ブルーベリー味の細いやつで、礼を言うと
『イチゴ味とチョコは88円だったけど、これは108円なのよ』
と言う。イチゴやチョコで構わなかったのに何故?と問うと、しばし沈黙のあと
『見栄』
とひとこと。何の見栄だ?何に対してだ?不思議だ。わざわざ20円高い方を買う見栄か。おかしすぎる。つーか、かあいいなぁ。退屈しないわ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-09-15 01:35 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156