激励会もしくはただの食事会

いま、あまりにもハラが膨れてて思考能力が低下してるので、ここに何をどー書いたらいーのか判断できましぇん…などとゆーてると以下が白紙になってしまうので、頭を整理しつつ書くかな。

本日は友人のびーどろねずみサンと花車サンと3人で下北食事会。花車サンが来られるのが7時ということで、その前にちょこっとあれこれ見るか、びーどろねずみサンを誘ったらばあっさりOKしてくれたので5時に落ち合った。友人への出産祝いに贈る「赤ちゃんの名前」の入ったカードの入るフレームを何軒目かで無事購入。あとは雑貨屋冷やかしタイム。何つーか、伊達にあたしたち作家じゃないのね、ってのが、2人して見るのが雑貨屋の「レイアウトの仕方と、什器として使用可能かと思われる雑貨」にばかり目が行くことだ。つまり「自宅用」ではなくて「出店用」。畳めるから持ち運びが便利そうだとか、この引き出しはイイ感じだとか、この皿の形はちょこっとした作品を入れると映えるよねとかとか。下北ってことでお値段も手ごろたしさ。びーどろねずみサンはステンレス製(?)のちっちゃな鳥かごを購入し、あたしは400円のでかいアクリル板にウンウン唸り、断念。いやそのうち買っちゃうかもだけど、このあとの食事に持ち込む気にはなれんかったので。
このテの雑貨屋巡りで、いつ遭遇してもおかしくないのが「ムックグッズ」なのだけど、遭遇することもなく通過することができた。やばかったのは「帽子」。この時期、どこもかしこも(服屋でなくても!)秋モノいっぱいなのだよねぇ。加えてすぐ隣からは悪魔の囁き…
『見てもいいわよぉ~、時間はあるわよぉ~、止めないわよぉ~』
手に取ったら被らずにはいられなくなり、被ったら何個かにひとつは買わずにはいられなくなるので一生懸命「違う雑貨」に目を凝らしてた。見るモノがいろいろあるのでこのあたりは問題なかった。ふぅ~。

そーこーしてるうちに花車サンとの合流時間。よもや間違えることはないだろーとタカをくくってた待ち合わせ場所にピンポイントヒット(?)してくれて、危うくすれ違うとこだった。そーか、こゆときは携帯が便利なのか(←いまさら!) いや、教えたら余計混乱すると思った、利用者の極端に少ないちっこい方の改札に現れてくれてたのだ。教え方が悪くてすまんでした。
ともかく無事会え、再会を喜び(ちょっと大げさ)、それから彼女が探してくれたインド料理屋へ。インド料理だけど、外観も店内も落ち着いていて、「いかにもインド」な騒がしさとは無縁。マンゴソースのチキンサラダとかティッカとか、味付けもくどくなく、でもインドらしいスパイスもそれなりに効いていて美味しかった。それらをつまみつつ、2人はキングフィッシャーだとかゆービール、あたしはラッシーで、延々とお喋り。貸し借りした本、漫画や観た映画、ドラマ、俳優、の話からあれこれとめどもなく話題が流れ、つまむモノがなくなってきた頃に『んじゃカレーとナンに行こか』となって、そのカレーとナンの量にヤラレた、とゆー次第。いやもちろん他の料理同様、美味しかったのよ。(値段も懐に優しかったし) 美味しかったので残すのがイヤでがんばって(でもちょっと残った、ごめんなしゃい)、帰りのチャリでも消化できなくて現在に至ってるわけ。

この集まり、モトモトは花車サンがあんまり元気なかった頃に、びーどろねずみサンと『ゆっくり食事でもしながら愚痴らせて毒を吐き出させてあげよう、仕事を辞めると決意したのだから、何も手伝えないけど激励してやろう』みたいな主旨だったのだよね…ただの「お喋り食事会」になっちまったけど。
20年勤めた、って重みはあたしらにはわからないことで、先方の公私混同に近い理不尽さにムカっ腹を立てつつも、安易に『辞めちまえ、ンなとこ!』とは言い切れなかったのだけど(彼女のその後に責任が持てるわけでなし)、辞めることに関してはあたしらはもー手放しで喜んでるのだ。彼女の想いをどれだけ聞いてあげられたかについては疑問符がつくところなのだけど、でも精一杯応援してあげたいと思う。がんばれ、花車サン!キミの技術があれば、次の仕事なんて以外にあっさり見つかるさ!そンときはまた「おめでと食事会」しようね。

夕方に出かけるまでカード作ってたりしてたので、本日のちぎり屋仕事も無事終了、ってことで、これからびーどろねずみサンに借りた『ハチミツとクローバー』を読む。こんなにハラが膨れてたらどーせすぐには寝られないしさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-09-21 01:38 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156