ブーツキーパー と森繁氏に合掌

ブーツを出したら、やっぱブーツキーパーが欲しいなぁ、と思ってた。昨日、ハハと買い物に行ったらばあったのだけど、ある店では798円で、もひとつは880円。どっちももこもこしてて、てっぺんにうさちゃんとかくまちゃんとかが乗っかってる。つーかついてる。ブーツキーパーがもこもこしてる理由も、ぬいぐるみが付属してる理由もよーわからん。(いやもちろん、そゆのがないのもあるはずだけど、近所では見当たらなかった) 一緒に見てたハハが『買っちゃえば~』と言うので『値段をよく見てくれ』と言ったらば、「98円」と思ってたらしい彼女は(ンなわきゃないだろに)、そそくさと売り場を離れてしまった。アホらしーよなー、たかがブーツキーパーにさ。ま、これがムックが付いてるってんならマジで考えるけどね。(つまりぬいぐるみが付いてるブーツキーパーを買う人をバカに出来る立場ではないってことだ)

とは言え、ブーツを脱いだあと、ヘタレさせておくのもヤなので、ちょっと考えて作ってみた。部屋にはfax用紙の使用後のロール芯が何本かあったので、これでどーだ?と思って。芯のままでは何なので、これまたうんざりするほどごっちゃりあるチラシやバンフ、雑誌の中から適当なのを選んで(どーせぐるぐる巻きにしちまうので柄なんかどーでもいーのだ)、貼ってみる。円筒丸底の包装はかつてクリスマスシーズンに山ほどのお子さま用ワインを包んだのでラクショだし、包み終えたとこでちょっと穴を開け、大型の洗濯ばさみで2つをつまんで完成。10分もかかってない。使ってみた。悪くない。こーして、“こんなモノをとっておいて一体何の役に立つんだ?”と日々自問してるモノが、ある日突然どんぴしゃでハマる使用方法を思いつくのは凄い快感だ。それが「商売に結びつくモノ」となるならもっと嬉しいんだけどね。

玄関を覗いて見てきたハハが『いいじゃない』と言ってきた。
『で、ぬいぐるみは?』
『………』
『何か付けたら可愛いのに。ちょこんと、何でもいいから』
やっぱ欲しいモノなのかねぇ。何で必要なのか全然わかんないけど。つーか、欲しかったら自分のに付ければいーじゃんか。と内心突っ込みつつ、でもやっぱあれじゃあ可愛げがなさすぎかなぁ、とかいま思ってるところだ。

昨日ハハと観たNHKスペシャルの『白州次郎』第2話を観る。吉田茂役に原田芳雄なのだけど、この2話めを観るまで気づかなかったらしくて驚いた。あたしは登場の瞬間に“お、上手く化けてるじゃん”と思ったのにな。
吉田茂と言えば、森繁久弥氏が亡くなった。96歳とは大往生だな。いい俳優が亡くなる度に弔辞を述べる姿が痛々しくすらあったので、この訃報は実を言うとそれほどショックな感じでもない。天寿を全うされたなぁ、と思うだけだ。(そう言い切れない時期に亡くなる俳優がどれだけいることか!)
昔、高校生くらいだと思うけど、『屋根の上のヴァイオリン弾き』を観た。あたり役にしてハマリ役のテヴィエは代表作だけど、何故かあたしは吉田茂の印象の方が強い。映画『小説吉田学校』で、戦後の日本を、占領軍であるGHQを、そして敵にも味方にもなる政治家たちを相手に、生き筋を貫いたとこが氏とだぶるのかもしれない。政治的な駆け引きについてはよくわからなかったけど(これを観たのも確か高校生だ)、かっこよかったのだ。戦後を知る俳優さんがまた亡くなったなぁ。合掌。

とろこで話変わって。
次回の出店、ではなくて出品は12月のギャラリーゑいじうだけど、搬入の締め切りは11月末と知ってちょっと慌ててる。何を勘違いしたのか、12月になってからでOKだと思ってたのだ。ま、じたばたしてもしょーがない、左手親指爪はやーっと1ミリ伸びたくらいだ。来週までちぎりは無理だぁね。てことでゆるゆるしてます。
そーそ、昨日のブログの閲覧数は前日の7倍強。もちろん3桁。3桁入ると、マジでびびるわ。
[PR]
Commented at 2009-11-12 08:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by yukimaru156 | 2009-11-12 00:57 | そんな1日 | Comments(1)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156