旅行の計画

そば屋のあと、ちょいと外の喫煙所でYDちゃんと一服してたら(これはいつものことなんだけど)、シャインさんが来てまた話こんでしまい、帰宅が12時半を廻ってしまった…(いつもは12時くらいなのだ) で、それから天ぷらをご近所サンちに持参できるようにまとめてからメールチェック。返事を書いてたら何と1時半…いやもーすぐ2時だ!いつも大体、1時半くらいには更新できるよーにしたいと思ってるのだけど、それに合わせてここを覗いてる人がいたらごめんなさいです。

今日はそば屋までの時間、いっしょーけんめー新聞を読んでた。もー溜めまくってて、こいつを何とかしない限り大掃除も無理!なんだけど、いくら読んでもキリがないっつーか、終わらない…まだ半年以上ある、ってのが問題ね。興味ひかれた記事だけ読んでても全然終わらないでやんの。

12月中旬あたり(かも少しあと)に友人と旅行に行く計画を立ててて、あたしは地理音痴もいーとこなので、相棒に任せっきり。ちょこちょこ調べたりはしてたのだけど、彼女の方がずっとうんと調べてて、あたしはもー「追従係り」みたいなモン。ということにちょっと罪悪感を覚えてるのだけどね。だってあたしと違ってフルタイム(以上)に仕事してるのにさー。
もっとも、この旅行、彼女が手相を見てもらったとき、『12月中に3泊4日以上で西に旅行に行くと、今後10年間、いいことがある』みたいなこと言われたのがきっかけで行くことになったものなのだ。で、それを聞いたときは『手相で何でそんなことまでわかるんだー』と笑ってたのだけど、彼女の『西ってことで調べたら出雲あたりが(彼女のウチからだと)西になるので行こうと思う』という言葉を聞いて俄然あたしも行きたくなってしまった、とゆーわけ。
『いいなぁ、あたしも出雲行きたいなぁ』
『ホント?ホントに行きたい?一緒に行こうか』
という具合にとんとんと決まった。とは言え、列車か飛行機かと調べてくうちに『夜行もいいねぇ』とかいろいろ欲も出てきたりして、それはそれで楽しく悩ませてもらって時間かかったりしたのだけど。調べると出雲行きのツアーっていくつかある割には、なぜかみんな「2泊3日」。“これって、3泊するほど観るモノはないってことかなぁ”とか思ったりもして。(ホントにそういう理由なのかなぁ) もちろんツアーの方が格安なのだけど、何たって手相が(つーか占い師が)「3泊4日以上」ってゆーからには、そうしたいじゃん。だから途中寄り道したりして(ここであたしの希望の鳥取砂丘を入れてもらったりして)、行きは列車、帰りは飛行機、とフリープランに近い形で行くことに決定。わーい、わくわくだー。

高校時代、あたしのとこでは修学旅行そのものがなくて(ないとわかってたらこの高校に来るんじゃなかった!という友人たちもいたほど物議をかもしてたのだけど)、中学では東北だったので関西方面に行ったことがないに近い。(仕事で京都に行ったけど、なーんも観てない…この仕事について書くと長い説明がいるので省略) だからあとは広島の友人を訪ねたくらいで、「国内旅行」そのものに縁のない奴なのだ。あ、ちぎり屋の仕事として佐渡には行ったな。02年だった、確か。いま思うと“何で佐渡まで…”みたいな感じもするけど、ちぎり屋として「イケイケばんばん」だったからかな。
ま、それはそれとして。
出雲はやっぱ憧れの土地だ。何たって神サマがいっぱいいるかんね。縁結びだけど、これは「男女の縁」ばかりを指すモノではないそーだ。(HP見たらそー書いてあった) 人と人の縁が、仕事や私生活、人生そのものを有意義にしてくれるのであって、一度は参拝したいと思ってたところ。なのでそれが叶う、というのはもーホントに嬉しい。神サマがいることを実感できる地だ、と以前言われたってのもあるかな。でもそもそも、こういう話があたしのとこに来た、ってだけで何かしらの「縁」を感じるけどね。

「ちいさいおうち」展のちぎりを終えてからは、とんと「ちぎり屋」から離れてしまってて、考えたらそれってそんなに時間も経ってないのだけど(つい先週のことだし)、何かすごーくさぼってる気分…世の中はクリスマスなんだよね。いつもならせっせとクリスマスグッズを作ってたな。帰宅する頃、民家の軒先にちらほらとイルミネーションが見えるようになって、仕事帰りだってのに「仕事しないで浮かれてる」とか思ってしまった。まいっか。
[PR]
by yukimaru156 | 2009-12-01 02:30 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156