模様替え後悔 と我が家の湯豆腐

部屋の模様替えしたことを後悔しまくりだ。模様替え前、とゆーよりは、12月入ってから、「ヘルニアになりかけ」る直前までの移動時期に戻りたい。あそこで完成させていれば不都合はなかったのに、と思ってしまう。座卓(卓袱台)のままで、タンスと机を移動させたのだけど、あの空間の方がはるかに快適だった…悔やまれる。ちきしょう。でも思い起こせば、あのアクロバティックな家具移動(机の上にタンスを乗せてあちら側に移動する、ってやつ)が腰を痛めた原因なわけで、つまるところ因果応報?うーん。

「えんじん」の出品作を八つ切りサイズとインチサイズ2枚に決めた。額を新しく買うかどうするか、ひっじょおぉぉぉ~に悩んだのだけど、手持ち額でやってみることにしたのだ。とはいえ、まだ「八つ切り3枚」という方法(額を2枚改めて買う)も捨て切れてはいないのだけど。
で、まずは紙を裁断しよーとして、以前はただ座卓を後ろにちょっと押せば難なく作れたスペースが作れないことを思い知らされる。これで出店準備なんてったら、どこをどーすればいいんだ?!

で、まずは中途半端にやりかけの作り物をやっつけようとして、開始1時間で腰がうずき出し(昨日もだったんだけど)、この椅子がわりーのか、あるいは慣れていないこの姿勢がわりーのか、とモンモン。で、たまにしか必要にならない小道具がどーっしても見つからず、イライラ。
そして決心した。

腰が完治したら、ぜったいぜったいぜったい、卓袱台を復活させてやるぅ~~~っ!!!

そんでまた腰を痛めたりして。ヘルニアはクセになるってゆーしな…「なりかけ」なら大丈夫か…とかゆーと『ンなこたーない!無理すんな!』とあらゆる方面から突っ込みがきそうだ。うぅ~、でもでも、やっぱヤなんだよぅ、この机周辺環境。すっげーやりづらいの。飽きたらひと休み、と思って本を取ろうとするにもいちいち椅子から立たねばならんし、机の周囲に置いてあるモノでも取るには屈まねばならんし。これ、腰によくない気がするんだよね。椅子に座ったまま体をひねる動作がさ。

話変わって、本日の夕飯は湯豆腐。ハハからリクエストを聞かれたので応えたらあっさりOKしてくれたのだ。でもなぜ?と訊かれたので『昨日のブログのコメントに白菜いっぱいの湯豆腐の話が出てたので食べたくなったのだ、と言ったらばひとこと。
『ウチの湯豆腐には白菜は入らないわよ』
そーだった。なぜ昨夜はそれを思い出さなかったのだろう?『白菜入れるの?』とゆーので『いつものでいい』と応えた。湯豆腐に白菜って、一般的なんだろか、どーだろか。いわゆる「湯豆腐」に、豆腐のほかに何の具を入れるかって、きっと家庭によって違うんだろな。単純に鍋と言ったら、地方各地で味も食材も変わるけど、湯豆腐に地域性はあるのかなぁ。昔、池波正太郎の小説で「大根と豆腐しか入っていない鍋」料理が出てきて、でも昆布をたっぷり使った、とても美味そうな描写だったのを覚えてるけど。そもそも湯豆腐発祥の地、なんてあるんだろか。あまりにも庶民的かつ一般的な食材とあまりにも単純な調理法だから、地域性、というのは特にない気がするな。

ちなみに我が家の湯豆腐の具は、豆腐(木綿だったり絹ごしだったり)、鱈の切り身、春菊、そこへたまに本しめじとかえのきとかが入る。だけ。出汁は昆布。それを、醤油と薬味ねぎ、七味で食べる。もちろん美味い。豆腐だけでもぱくばくいける。春菊はたっぷり。ココロもほかほかだ。
でもって今日は『1人2枚だからね!』とゆーハハ厳命のもと、さやえんどうが入った。何と我が家のベランダで収穫されたものなのだ!美味くないわけがないじゃん。あったかい料理って、ホント、幸せな気分になれるよなぁ。日本に鍋があってよかった。
[PR]
Commented by at 2010-01-22 19:00 x
白菜たっぷりの湯豆腐、というのは、中野の某蕎麦屋
(夕暮れから居酒屋に変身)品書きにあるのでした。
お気に入りに追加して以来、愉しんでいます。
白菜は淡白ですし、悪くないですよ。
これはこれとしていちどお試しあれ。

琵琶湖は長浜から戻りました。
小松左京と桂米朝の短編小説にでてくる「盆梅」を見物。
ばかでかい鉢に植わった樹齢数百年の古梅古木の数々。
近江の豪商文化にふれるひとときでした。
Commented by 雪丸 at 2010-01-23 00:18 x
汐さん、こんにちは!&お帰りなさ~い!湯豆腐と白菜も合うでしょうねぇ。ハハいわく「それをしたらただの鍋」ですが(笑)

琵琶湖まで旅行に行かれてたのかしらん。楽しめたようで何よりです。樹齢って、高ければ高いほど、尊敬の念が湧きますよね。いろんなこと見てきたんだろうなぁ、って。以前何かの本で『生まれ変わったら木になりたい。100年経ったら椅子になって100年使われたい』みたいな台詞があって、妙に納得したのを思い出しました(^^)
by yukimaru156 | 2010-01-14 00:45 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156