ポロ市と山賊焼きと去年のおみくじ

宛先不明で戻ってきた賀状はSK堂さんのモノなのだけど(2枚名刺を持ってて、もらったとき古いのを捨てればよかったのにとっといたのが間違い)、そのお2人がボロ市に出店するのは知ってたので、「手渡す」を口実に出かけた。昔に比べて規模が拡大したのと、テレビなんかでもニュースになるから年々人が多くて「人波にもまれに行くよーなモノ」で覚悟はしてたけど、平日のせいか思ったほどでもなかった。いや、人は多いけどね。

無事、SK堂さんとこには辿りつけて、そこで新年のご挨拶と賀状の手渡し。どってことない内容だけど、当たってるかもしれないじゃん、切手シート。
SK堂さんの1人、さなえサンは(名前を出してもよいとゆーので出しますー)、このブログを読んでてくれてるので『滅多に使わないからイライラしたものとは何だ』とか(しおりの紐です)、『机は新しく買ったのか』とか(じーちゃんのおじさんの手作りで祖父息子娘の3代が使ってたモノ)、『甥っ子はいくつだ』とか(3年生)、「ブログの質疑応答」みたいな会話で始まった。あれこれ思ってる人、多いんでしょーねー。いつでも質疑応答受けますんで。
彼女らは最近ではもっぱら地方巡業(?)とゆーか、とにかく全国各地へ行くので(夫婦旅行と兼ねてるんだよな、いいなぁ)、出店で会うのは三茶のみになった。羨ましいけど、やっぱそこまで出かけるパワフルさは失われてるなぁ、とつくづく。気力体力いるもんねぇ。ご近所であるこのポロ市ですら、ちょっと出れない…この人の多さと寒さに耐えられない気がしてさ。

あれこれ喋って、の前に恒例(?)の天ぷらを差し入れて、ほどなくして別れた。古着や古物だけでなく、彼らのような手作りから新品モノから多種多様に出店があるわけだけど、ゆっくり見るつもりもなく、つらつらっと流し目で見て、ハハに頼まれたお茶を買った。ここで売ってる「詰め放題」のお茶は、昔は自分でも詰めさせてくれてたけど、いまは親父さんが勝手に詰めてくれる。『もっといる?まだ?フタ閉まらないけどオマケね、もーいっちょ行くか、何、缶はいらない?じゃさらにオマケでよいしょっと!』みたいな口上で山盛りのお茶の葉を入れてくれるのだ。300g1050円だけど、こんな調子で詰めてくれるので、帰宅して測ってみたらジャスト600g。お見事。

ここへ来るとき、ボロ市の入り口より手前、246通りを渡る前あたりにまでいくつか出店されてるのだけど、そのうちのひとつに「山賊焼き」というのぼりがあった。たこ焼きだの焼きそばだのからチヂミとかしゅうまい、饅頭までいろいろあるけど、山賊焼きとは?と思って覗くと、知る人ぞ知る、全国にある「道の駅」の中で5年連続人気投票№1の、川場にある手作りソーセージの出店。大小、色も形も様々なソーセージをでかい鉄板で一緒に焼いて、それをお店の人がランダムに詰めて一律500円で売ってた。10人ほど並んでたけど、とーぜん並んだ。だってものすごい美味しそうだったんだもん。
ハーブ入りとかチリとか何とか、多分いろいろあるのだろうけど、それらを客には選ばさせず、ひょいひょいと10本あまり詰めて辛しもたっぷりつけて渡してくれる。このやり方が「山賊焼き」なのだな。ランダムに、とは書いたけど、偏りなく詰めてくれてるみたいだ。多分、客に選ばせる方が滞るし時間もかかるから、ベーコンもハムも一緒くたに焼いて次々詰めてく方が効率的なのだろう。上手いやり方だ。そしてもちろん、抜群に美味しかった。
もし明日(つーかもー今日だわね)、ボロ市に行く予定があるのだったら、買う価値はあります、マジで。かなりのお得感があるしね。世田谷線を下車して、まっすぐ会場を目指していれば、右手に見えますよん。

ところで話変わって。
去年のおみくじが大吉だったので、ずーっと財布に入れてあったのね、忘れてたんだけど。昨日、財布の中身を入れ替えてて気づいた。で、すごいショックを受けてしまったのだ。「大吉」なんだけど(大吉の札は持ち歩くのがよいそーですよ、いまさらですが)、ショックだったのがこの2つ。

  病気  快復するが長引く
  旅行  西は避けるべし

西は避けろだよ?!行っちまったよ、西!思いきり!これ見てたら行くの辞めてたか、つーとそーでもないと思うけどさ。腰痛も長引くのか…ま、もーなるよーにしかならんね。去年の話だから「おしまい」ってことで気を取り直して行くさ。
帰宅してからは「ちぎちぎ」。椅子を替えよう、と思った。買わないけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-01-16 02:05 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156