サイコロポーカーと庭石洗い

昨日、甥のYGらは朝5時にウチを出て幕張の「おもちゃ博覧会(って名前だった…と思う)に出かけたのだそーだ。道理で沈没してるはずだよな。新種のゲームソフトから定番から何からいろいろ集まってて、まず入場するのにえっらく並ぶらしい。ご苦労なこった。「入場者プレゼント」ってやつが開場2時間で完パケってのが凄まじさを物語るとゆーか…4時まで開催してるんだから、予備知識なしに(つまりこの混雑を知らずに)来ると「もらえない、買えない、遊べない」で大変だろーな。

と、そんな話はともかく、YGは疲労はその日のうちに消化できるお年頃とあって朝から元気一杯。でもさすがにバトリング、もといバトルは阻止して、じゃれあいつつ、「サイコロポーカー」なるものを家族みんなで楽しんだ。(これはおもちゃ博覧会とは何の関係もなく、昨夜ハハがオトート1号と『昔こんなのやったよね』から始まったものらしい) 
まずサイコロを5つ用意し、紙に1~6までの数字と「2-3」「ストレート」を書き込み、それぞれの名前を書いて表を作る。サイコロ振って出た数の中からいい数字を選び、それをよけて同じ数字が出るように再度振る。3回振って同じ数字のモノがいくつになったか、で点数が決まる。2が4つだったら8点。それで自分の表の「2」のところに「8」と書き込むのだ。この手順で、自分が埋めていない数字を振っていく。「2-3」は同じ数字が2つと3つに別れればOKで50点。出なければ0点。ストレートも同様ね。ま、つまるところが「サイコロポーカー」。ちなみに1の場合は10点で数え、期せずしてストレートが出来た場合は何の数字であれ10点上乗せ。トランプより場所を取らないし時間も短い。さらにYGにとっては「掛け算、足し算」の勉強にもなる。何て素晴らしいゲームだ!体力も記憶力もいらないし!
そして雪丸ひとり勝ち。むふむふ。

ぽかぽかな日中で、ハハはこの数日をかけて庭石(狭い庭だけど、いちおばーちゃんがお茶のセンセをしてたせいか「日本庭園」な造りになっているのだ)を何回かに分けて洗ってた。YGが興味を示し、ちっこいシャベルを持ち出して砂利石を取り、ハハ(ばぁば)が洗う。で、あたしが戻す。もともと庭は砂利石だけだったのだけど、長年のうちに植木の土砂とかが流れてきてドロまみれになるから、こーして(年に1度ほどもやらないけど)洗うのだ。高低差がないように敷き詰めてく作業は好きだった、昔から。日本のお城の石垣なんかの「絶妙なはまり具合」を見るのも好きだしね。
ま、そんなこんなで遊んだり手伝ったりしてはしゃいで、無事彼らは夕方にはもひとりのばぁばとじぃじのモト(つまりYGママのゴリョーシン)のとこへ行った。

そーいやハハがYGが受けた衝撃的事実について話をしてくれた。彼のパパ(オトート1号)には弟がいて、当然ながらあたしは彼を「2号」とここで書いてる。(どーでもいい話だが、あたしと1号の年の差は2つ、1号と2号の年の差は3つだ) YGは彼を「KSおじちゃん」と呼ぶ。そしてYGは昨日、初めて「KSおじちゃんがパパの弟である」という衝撃的事実に愕然としたそーだ。目ン玉ひんむいてしばし絶句、それからひとこと『知らなかった…』 彼にとって「KSおじちゃんはKSおじちゃん」で、それ以外の何者でもなかったらしい。まーね、赤の他人でも「おじちゃん」と呼ぶわけだから間違ってないっつーか、紛らわしいっつーか、1号が2号に対して「オトートよ」と呼びかけることはないわけだからわからなくもないけどさぁ~幼稚園児ならともかく、小3でそーくるか…と思ってしまった。あたしが「パパの姉」であるってことも実は結構曖昧だった模様。(でもキミのパパはあたしを「姉貴」と読んでるぞ) パパの方が年上だと思ってたらしい。ふーん。ま、いっけどねー。

そーそ、朝、YGママとお喋りしてたらYGが(あたしらがかまってあげてないことにハラを立てて)、なぜかかくれんぼをすることになった。つーか、勝手に隠れたので、あたしらは構わずぺちゃぺちゃ。(ひでーオバとオヤだ) 負けたのはYG。だって「納戸に隠れて」て、そこのあまりの寒さに凍えて探すまでもなく見つかってしまったのだから。よりによって我が家の中で最も寒い部屋に隠れるとはねぇ。あ、ウチってかくれんぼするのに最適なウチなのよ。友達とかが来ると、まず簡単には見つけられない。掃除機を入れるためだけに造った場所から掘り炬燵から(当時から既に珍しかった)、いたるところに隠れ場所があるのでね。YGも最初はあたしの机の下に隠れてたみたいだけど。そーいやあたしの部屋の模様替えについてはノーコメントだったなぁ。も少し何かリアクションがあると思ってたのに。でも一昨日完成した絵については『すごい』とホメてくれたのでよしとしよう。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-01-25 01:33 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156