散髪失敗? と「小銭失い」と販売用カード

今日は夜から雨、とゆー予報で、カンベンしてよぅ、あたしがそば屋の日にぃ~!と思ってたけど、午前0時半現在、降ってないっすね。てことは明日の搬入が雨?それもカンベンして欲しい…。

日中は4月並の陽気だそーで、昨日散髪に行ったら「1時間待ち」で2時間後に行ってもまだ「1時間待ち」だったので今日行ってきた。
あたしは耳に髪がかかってるのがどーにもうざくてちょっと切るつもりだったのに、なぜかものすごく切られてしまった…短すぎだ…うぅっ。今日はぽかぽかだからまだいーけど、それでも首筋がすーすーする。う~ん。こんなはずではなかったのにな。ま、だからって「どうしたい」というのもなかったから、“短い方が若く見えるかな”と前向きに考えることにした。似合ってないわけではない…と思うし。

帰宅したら、メール便が1通戻ってきてた。「宛先不明」ではなくて「部屋番号不明」。あるんだ、こんなの…知らなかった。友人作家さんで、賀状をもらったままだったので代わりに出したのだけど、その賀状に部屋番号が抜けてたのだ。慌てて名刺をひっくり返したら部屋番号まで載ってたからよかった。
しかし何だ、ここんとこ「小銭失い」が続いてる気がする。菓子パン3つ、って言ってその代金支払ったのに2つしか入ってなかったとか、コピー機がイカレてミスコピーになったのにしっかりその代金は取られてたりとか。シフトが合わないからってんでわざわざDM出したそば屋のITちゃんには今日会っちゃうし。考えてみたら、回数券3種を一気に失くしたから、この「小銭失い」が続いてるんだよな。はーあ。

「えんじん」で販売するカードを作り始める。在庫がいっぱいあるのでそこから、と思ってたんだけど、ちょっと問題があってね。とゆーのも、スペースの問題で1人「5種類50枚まで」と制限されてるのだけど、「サンプルを1枚飾って、あとは保管棚から(当番の人が)出す」という形を取るようなのだ。するってーと、あたしみたいに「全部ナマちぎり1点モノ」だと、サンプルとか区分けができないじゃん。どーしよーか、と企画者サンに打診してはいたのだけど、返信を待てず、えーい、いーや、と作り始めたわけだ。(そのあと返信がきた。あふたーふぇすてばる)
ナマちぎりだけど、全部一緒の柄。カードではこれが出来る。(ま、カードでなくても同じチラシで同じ絵をちぎれば同じモノができるんだけどね。つまんないからやんないだけ) 

とゆーわけで、せっせと「同じ柄」のカードを作ってる。3種24枚。が限界だな。メッセージも入れない。いや、入れた方がいいのか?うわっ、いまになって考え込んでしまった…ちぎり始めたときは「メッセージは無理だからナシにしよう」と思ってたのに。
ちぎってる最中にそば屋時間となってしまったので、いま机にはやりかけのカードの山がある。これから仕上げて明日の搬入に備えるつもりなのだけど、どうしよう。どーしたもんかな。最近、「メッセージなし」もぽつぽつと売れ始めてるんだよねぇ。アリとナシでは100円も違うからでかいよなぁ…。あたしにとっても、お客さんにとっても。
うぅ~っ、これから机に戻って考えます。そば屋は(この陽気のおかけで)ラクな1日だったので、そのくらいの余力はある…はず…と思いたい。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-02-10 01:08 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156