梅林散策 とアクセサリー整理

かねてからハハと『行こうねー』と言ってた、近所のH公園の「梅まつり」に行って来た。天気はよいけど空気はちと冷たい。ま、それもまたよいかなと2人でてくてく。「梅まつり」と称してはいても、別に何があるとゆーわけではなく(週末だとあれこれ露店が出たりするのだけど、平日はたこ焼きや大学芋なんかがちょろっとと、かつては週末のみだった「梅大福」の店が出る程度。ちなみにここの梅大福、すっごい美味しいのだけど、1つ160円もする。ので3つだけ買った。あ、もし行かれる方がいたら、最寄り駅商店街でも「梅大福」を売ってるけど味が全然違うのでご注意を。こっちを買うと、その「どってことなさ」にがっかりするですよ。

梅はそろそろ満開かなと思いきや、七部咲き程度。白よりピンクや赤が早いのかな。淡いピンクの梅も愛らしくてよいけど、真っ赤ってのも存在感があって素敵。人もまばらで(週末となるとすごいのだー)、ご老体多し。このあたりは老人世帯が多いからねぇ。でも年配の方でも携帯で写真撮ってる人が多かった。ハハに、ハハの携帯で撮ってあげよーか、と言ってぱちり。じゃなくてかしゃり。YGママに送ってあげてくれとゆーので、無料の煎茶をいただきながらかしかしメール打って送ってあげた。
携帯で撮るのもメールするのも何となく慣れたけど(鳥取行くのに持たされてそこから何度か送ったからだ)、どーも「接写モード」になってるらしく、「通常モードにするためには「♀」を選択してください」とか出るのね。(このマーク、人の形してんだけどできんかったのでコレにしてみた) でもさ、何を押せば通常モードになるのか、さーっぱりわからんのだ。あれこれボタン押すんだけどねぇ。お天気いいせいか、撮った写真を見ても画面の写り具合が光ってしまってよくわからんし。まいーや、って感じで送った。

散策を楽しんでから、最寄り駅周辺を歩く。古本屋に寄ってから、ちょっと前に出来て友人と入ったトルコケバブの店へ。行く途中の坂の中腹で、前を歩いてた女性2人組が立ち止まって何やら足元(つーか膝下丈)の看板を見てる。何を見てるのかなぁ、と失礼ながら覗き込ませてもらったら小さい黒板で、メニューが書いてあった。ハハと「こんなところに?」と顔を見合わせてると、2人組は不動産屋脇の細い路地を入ってった。知らなかった…いつのまにこんな店が出来たのだ?驚いた。改めてその黒板を見ると「煮込みハンバーク 1000円、ナントカカントカドリア 950円、カントカナントカパスタ 900円 デザート200円」みたいなお品書き。(あ、ドリアやバスタの名前は単に「美味しそうだけど忘れた」だけです) 細い路地の向こうにあるらしくて建物の外観も何もわからないのだけど、つまりその黒板と「K」で始まる店の名前以外に何の情報も得られないわけだけど、なぜか激しくそそられる…てことでハハと『今度ここに来よう!』と約束して、ケバブをテイクアウトして帰宅した。もちろんケバブも美味しかった。リョーシンは食べるのが初めてなので喜んでたし。

ケバブを食べたあとは、ずーっと“やらなきゃやらなきゃ”と思ってた、アクセサリーの整理。ホントにずっとほったらかしてあってさ。チェーンがこんがらがったまんまだったり、パーツをちょっと直せばいいのがそのまんまだったりしてたのだ。いろんな作家さんと知り合うようになってからは必然的(?)に「作家モノ」のアクセが増えて、それらはいちおキレイに箱に収めてあったのね。テキトーにまとめて置いてあったのはそれ以前に買ったモノ。髪を短くして大きめのイヤリングをするのが好きだったのと、エスニック系が好きだったのとで、そういうのが多い。何じゃこりゃあ、みたいなのもあれば、あー好きだったなぁ、また使おうと思うのもあり、つまるところ「整理はしてもあまり捨てられない」。懐かしいなぁ、〇〇さんにカイシャ辞めるときもらったんだよなぁ、とか、これあたしの初給料で買ったブレスレットだー、とか。シルバーでもないのにシルバークロスでせっせと磨いたりしてね。意外にキレイになるのもあればそーでもないのもある。チェーンとかをキレイにするのって、重曹に浸けておくんだっけ、お酢だっけ。何かあった気がしたな。シルバーではなくて、さ。

この10年あまりで「作家モノ」のアクセサリーがだいぶ増えたけど(知り合った人全てではない。それを試みたいとゆー野望を持ったこともあるけど)、それ以前に雑貨屋で気に入って買ったモノも「これって手作りだよなぁ」と改めて思うことが多かった。あたしゃ自慢じゃないけど安いのが好きでさ。500円からせいぜい2000円くらいまでのモノなんだけど、それでも手作り。雑貨屋に卸してればマージンもってかれてるわけで…と考えると“うわっ、安っ”とか思ってしまった。少し処分しようと思ってたんだけど、よく愛用してたのは10年以上経ってもやっぱり捨てられない。何か愛おしくて。革紐とか劣化しちゃってたりするんだけど、こんなのは替えればいーのだし。

そんなこんなで夜が更けた。明日はギャラリー犀在廊日にして最終日。作家さんたちも大勢集まるだろーから(終わったらクローズぱーてぃなのだ)、きっとにぎやかだろな。今日発掘したアクセサリーをして行こうと思う。さーて、何つけてこっかなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-02-20 01:17 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156