豆本と豆本ストラップ タイトルは『Star Project』

ほんとにほんとに3月なのか?!と思うよーな天気だ…ちょっと前にそば屋から帰宅したとこなのだけど、えっらい寒い。雨ざーざーだし。(これ書き始めたいまはさらに激しくなったようだ…) でもって明日5日は20度まで上がるって?うぅ~、信じられんなぁ。つか、「異常気象」って言葉が既に定着して久しいけど、やっぱそろそろ終わるんかね、このセカイは。杭のない生活を、じゃなくて悔いのない生活をココロがけなくてはな。

革張りの豆本を何冊か作って、その表紙の帯…じゃなくて、背の部分の上の方にちっこい穴を開けたらストラップに出来るんではないかい?とふと思い立つ。表紙は1.7センチ幅なんだけど、こいつを1.9くらいにしておけば穴を開ける余裕も出来るかな、と。我ながらナイスあいでぃあ!と浮かれて、ストラップの紐を探した。探しまくった…わからん。“確か以前はこのあたりに…”と思って周辺を探すも見当たらず、“いろんなキット品と一緒に何かに入れたよーな…”と思うのだけど、「何に入れたか」が思いだせんのだ。ついこないだのはずなのに!脳味噌劣化が進みまくってるらしい。悲しい。
で、がさがさ引っ掻きまわしてまた戻して、を繰り返したあと、「佐賀いちご」の箱の中にあるのを発見した。「ないわきゃない」と確信してたけどね、ムダに時間を喰いすぎたわ。ちっ。

革表紙をつけてから、まず針で穴を開けて、Cカン(という名の、丸いリング)を通そうと試みる。えい、えい、と力まかせに食い込ませようとしてるうちに弾けてどっかへ飛んでった。その「どっか」を探す気力はなく、さっさと2つめを取り出して再び。ぴゅっ、とまた「どっか」へ。こんなんいっくらでもあるわい、と3つめを試みてそれも彼方に放り出したあと、さすがに「何かが間違っているのだ」と思った。(早く気づけよ!) 
針穴が小さい上に、革って意外に厚みがあるから無理なのだ。千枚通しとかでさらに穴を広げてからでないとすんなりとはいかない。布団針ならどーだ、とやってみたら太すぎてダメだった。大人しく千枚通しを探すべきだった。こいつがあるとこはわかってる。んが。出してきたとこでタイムアウト。そば屋時間だ。はーあ。

出かけるときはまだ降ってなかったけど、夜は雨という予報だったので“こりゃまた混むのかぁ”と重いタメ息をつきつつ、5分早く出かけて銀行へ。6月の「豆本フェスタ」の参加費を振り込まなくてはならんかったので。「出る」と言いつつ、実はまだだったのだよね。でもこれでまずは安心。
そば屋はやっぱり混んだが、意外にもセイロ(ざるそば)が出た。洗い場にいると、これがメンドなことこの上ない。ドンブリものはドンブリだけ洗えば済むけど、セイロだと「ザルとチョコと円盤(薬味皿のことをこー呼ぶのだ)を洗い、なおかつお盆を拭かないといけない」じゃん。洗い場に入る前にはしこたまかき揚げ揚げたし。そば屋って、寒くてもあったかくても繁盛するからヤだわー。

そーそ、豆本(と豆本ストラップ)のタイトルは『Star Project』と言う。このタイトルが気に入ったので、続けて『Heart Project』とか『Flower Project』とか思いついたのだけど、こっちは中身が全然思いつかない…『Star~』が7ページなので、やっぱり一緒にしたいし。3月の福岡の豆本展には間に合わなくても、6月には間に合うだろう。たぶん。
ちなみに『Star~』の表紙は星ひとつ。いちいちちぎるのはメンドだろって?それが違うんだな。だって過日作った『天の川』用の星が100枚近く残ってるんだもん。いひひ。だから作るのはめっちゃラクなのさー。「花」も「はーと」も、タイトルにつけた理由は「ちぎりやすいから」だから、そこんとこは小賢しく出来てるよな、あたし。
最初に「ちぎり」アリで、そこから内容考えるなんてね。

ところで話変わって。
実は今朝、右足のふくらはぎがつって目が覚めた。あたしはあまり足がつらないのでちょっとびっくり。しかも、そのあとの「つってはいないがつりそな痛み」が、いまだに続いてるのだ…腰からきて右足付け根にきた痛みが下りてきたってことだよね、きっと。こいつは整形外科ではなくて整体、なんだろーなー。はーあ、メンドくさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-03-05 01:38 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156