再びの『仁』 と不用品の寄付

お天気がよいので今日は洗濯。昨日やんなかったしね。これでホントにホントに春になるのかなぁ、と思ってたら、桜も咲き始めたみたいだ。ここんとこヘンな天気だったから、いまいち信用できんのだけど。

お風呂の掃除もして、買い物も行って、それから『JIN~仁~』を観た。昨夜は8話まで観たんだっけかな…連続して観ると話の筋にブレがなくてわかるからいいけど、すっげー疲れる…当たり前か。明け方に寝て、昼前に起きていろいろ雑事こなして、夕方から観始めて、見終わったのは午後8時。(それから夕食した。すごぉ~く味噌汁が飲みたくなって1人分だけ作った。それと鮭とお新香としーたけ抜きのきのこ炒め。美味完食) 
2日で12話観たのでくたびれたのだけど、このくたびれ具合は「ずっと観てた」ことによるモノじゃなくて

なっとくがいかぁ~~~ん!!!

の「疲れ」だと思う。何さ、あのラストは。いや、いーんだよ、タイムスリップして再び現実世界に戻るのを諦めて(?)、医者として生きてく決意をするのは。諦めるっつーか、何ゆえにタイムスリップして来たのかわからんわけだから、戻りたくても戻れないわけだけど。でもさー、じゃあの意味深な、お子さまが見てたら泣き出しそうな胎児のホルマリン漬けとか、現代に現れた竜馬らしき男のこととか、消えた写真の意味するところとか、そゆことの説明は一切無視しちゃうわけ?それでみんな納得したの?タイムパラドックスって古今東西のSF作家がいろんな形にして書いてるけど、その二番煎じでいいからちゃんと結末して欲しかったな。
放映中、ダントツの視聴率に制作側がほくほくで『んじゃ映画を』ってな話になったけど、あまりにも大物の俳優たちを使ってるのでスケジュール調整がつかず諦めた、みたいな記事を読んだ記憶があるけど、あのラストは「でも映画か特番で続編狙ってます」的だ。あーこざかしぃー。

ま、それはともかくとして。
昨日、不用品のリサイクルとしての寄付先をあれこれ検索してたのね。B・オフならぬB・キフってのがあって、不要な本やCD、ゲームを引き取り、その代金を途上国に寄付してくれる、というモノ。後日「いくら寄付していただきました」という領収書が届くらしい。すごくいいサービスだと思うのだけど、引き取りを断られたCDや本(いや、本は断られたことないな)を送ってもいいんかね?もしOKだとしたら、それはそれでありがたいけどちょっとヘンぽくない?オフに出してもお金にならないけど、キフに出したらお金になる、ってことだもんね。どこでお金になるのさ?タダで仕入れた本は売れる、ってこと?理屈に合ってなくね?「金になるならオフで買い取れよ」って人、いっぱいいると思うんだけど。
ま、抗議したりするつもりはないんで、近いうちにこの制度、利用させてもらおーと思う。もっとちゃんと知りたい方、B・オフのサイトから詳しく知ることができますよん。

使用済み切手やテレカとかもさ、それぞれ「送ってください」というとこを見つけたので(つーか意外にいっぱいあるのでどこに送ればいいのか迷うけど…救うのは途上国か国内の施設か、ってとこで迷うのだ)、送るつもり。使用済みのテレカ、オレカ、ハイカは歓迎で、ギレカは不可、とあって、一瞬「?」だった。そーいや巷に溢れてたよねぇ、偽造テレカ!外国人の方々が指にいっぱいはさんで渋谷や上野公園付近を歩いてたっけ。うはー、もーとんと見かけない光景のひとつだなぁ。ポケベルが急速に普及し始めたばかりの頃で、公衆電話を占領して鬼のよーに早押ししまくってるねーちゃんたち同様、どこへ行ったんだろか、って感じだ。あれから何年?せいぜい20年くらいだよね?うはー、隔世の感があるなぁ。

テレカは「好事家たちに売る」のは知ってたけど、とあるサイトでは『ヨーロッパの子供達に人気なので』とあった。『だから社名なんかのロゴが入ってるものでもOK』なんだと。へへー。海外のコレクター、はわかるけど「子供達」とはね…これも意外。使用済み切手は、毎月「何枚集まり、いくらになりました」と報告してるところがあって、好感が持てた。昔聞いた話では、1トンで車椅子1台だったけど、いまでもそんなモンかな。

昨日、寝るときに湿布したおかげか、腰の方は悪くならずにすんだよーだ。しばらく腹筋を休んでたんだけど、再開するかね。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-03-23 00:45 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156