東のエデン 劇場版Ⅱ Paradise Lost

10年 日本
深夜アニメでやってた『東のエデン』の劇場版part2にして完結編。なのだと思う。ちびっとばかし自信がないけど。もー滝沢クン(主人公)のあの声が聞けなくなるのは淋しい、と思いつつ堪能した。
本編、そしてpart1を観ていないと内容はてんでわからないと思うけど、思ってた以上に「ちゃんとしてて」ほっとした。一部のサイトでは内容が破綻してるとか、観客に丸投げの結末だとか、あまりいいことが書いてなかったので。

ランダムに(と思われる)選ばれた日本人11人の「セレソン」。彼らに配られた携帯と100億円の電子マネー。その「現金化は出来ない」100億円を「日本の将来のために」使うことを義務付けられたセレソンたちの、攻防と葛藤の話だ。それぞれが、誰が何に100億の金を使ったのかを知ることが出来、足の引っ張り合いや駆け引き、政府を含めた公共機関への賄賂まで、用途は多種多用。爆弾を落っことして1度日本を壊滅させた方がイイと考える者から、2万人のニートを「潜在能力」としていかに使うかを考える者までいて、最後まで飽きさせなかった本編から、劇場版はこの「ゲーム」を始めた、Mr.Outsideの登場とゲームの顛末までを描く。

ま、ぶっちゃけてゆーと『って誰?』とか『えーと、アレはどーなったのかな』とか、そゆことがなくはない。すっきり描くには2本の劇場版でも時間がなかった、とも言える。それでも「金返せ」とか「損した」気分には全然ならなかった。何てったって滝沢クン、魅力的だし!
『お客さまは神サマです、とか言って「お金を払う方が偉い」みたいな空気があるけど、本当はお金をもらう方がずっとすごいことなのではないか。そういう空気になれば日本はもっとよくなると思う』
みたいなことを言う。(ちょっとうろ覚えなんだけど、ぐっときた台詞だ) 彼はすごく前向きでかつ健全だ。邪心がない。「楽観的」という言葉は『ま、何とかなるっしょ』的でその「何とか」を結構他力本願的なニュアンスにしてしまう気がするのだけど、彼の場合はその「何とか」をありったけの知恵で考える。決して他力本願ではない。(そこがナイスなのだ!) 他人(ここでは日本国民全員と言える)のために「火中の栗を拾う」ことを厭わない。

本編のドラマの最後、彼は残りの電子マネー全額を使って『オレをこの国の王様にしてくれよ』と言う。
『この国にはすっげぇ奴がいっぱいいるのに、誰も責任を負おうとしないんだ。不平不満を吸い上げる汚れ役なんてオレだってやりたくないけど、それしか手がないんだったらオレがやるよ』
と、これまたうろ覚えの台詞なんで申し訳ないんだけど、こゆことをさらっと言っちゃう。劇場版では彼の肩書きは「王様」どころか「テロリスト」になってしまうのだけど、ンなことに頓着する彼ではない。(あぁ、シビレるぅ~) 夢や希望、理想を語る人はえてして「青臭さ」も伴ってしまうものだけど、彼の場合はその青臭さも「現実化させようとする確固たる意志」に裏づけされてるように見え、つい無条件に加担したくなるのだ。「カリスマ」って人の持つ資質はここなんではないかなぁ。大局を見る目と理想を追う目が同じで、関わる時間の長さに関係なく、人を魅了する。ドラマが終わって約1年、かな。どうせテレビでやるとわかってても、ここまで追っかけてよかったー。

付き合ってくれたペン画職人の花車サンにも感謝。やっぱ『いいよねぇーっ!』と言い合える人がいるといないとでは全然違う。も、2人できゃーきゃーとはしゃいでしまった。ビュッフェスタイルのランチもすこぶる美味だったし、冷やかしで入ったはずの銀細工の店でハマってしまったのも(計算外の出費にイタタだけど、痛くない…って矛盾してるけど)、楽しかった。本やマンガ、映画の話だけでも尽きることがない。いい1日だった。
しかし3日連続で睡眠時間が4、5時間てのはやっぱきついな。制作で、ではないあたり、自業自得100%なんだけどさ。で、明日はそば屋でしかもまたまた「寒い」らしい…ま、しゃーないか。とりあえず今夜は8時間は寝れるし。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-04-15 01:39 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156