K氏の伝説(もしくは土産物)

荷物は整理しきれてないわ、メールは溜まってるわ、やることテンコモリなのだけど、何だかねぇ…この天気もまたよろしくないし。
とか何とか言っててもしゃーないので、まずは明日の区でやってる「古着回収」のための整理から。過去何度か出してるからそんなにない…はずだけど、とりあえず(ハハのと合わせると)45リットルのゴミ袋2つ分にはなった。こいつを明日11時半までに出しに行かないといけない、ってのがまたトホホだな。

もう、ずーっと着ていないコートを出すことにした。凄く気に入ってたわけではないのだけど、オーダーなので自分にぴったりサイズなのがちと惜しいというかでいままで処分できなかったのだ。このコート、実はチチの古い友人のK氏(『キミのお父さんとは田んぼで連れションした仲だ』が口癖だったりする)からのプレゼントで、何と当時(20年くらい前)、「コート用に」とロール生地でもらったもの。ハハの分と2つあって、ウチよりはるかにお金持ちの方なのでそれなりにいい生地だったのだと思う。んが。土産としてこれもらっても…て感じでしょ?仕立て屋に行って寸法測ってもらって出来たコートにお金払うのはこっちだし。(ってあたしじゃなくてハハが払ってくれたのだけどさ) ただの布とかだったら「ちょっと知り合いに何か作ってもらおうか」とも思えるけど、コート用の厚い生地だから素人さんには頼めないしねぇ。
ともかく一番シンプルなデザインのコートを作ってもらって、それでもン万円くらいした気がする。何だか高くついた土産だった。

このK氏の伝説は多々あるのだけど、ダンディな格好をしたナイスミドル(って死語?)なのに、どこかちぐはぐ。最も印象深いのが、バーバリのえらく高級そうなコートを着てきて、『預かりますよ』とハンガーにかけようとしたら一緒に預かったマフラーがスポーツタオルだったこと。『いやぁ、首廻りがちょっと寒かったから』って、バーバリにスポーツタオルはないだろに。
『こないだ店員があんまり褒めるからつい30万のスーツ買っちゃったんだけど、かーちゃんに何て言い訳したらええと思う?』
とか、耳打ちしてきたりする。(あとでリョーシンがびっくりしてた) 当時小学生くらいだったから、すごい金額だよな、これは。
逸話はいろいろあるのだけど、我が家にとってお馴染みだったのが、「K氏がくれる食べ物はまずい」というモノ。それなりに高そうではあるのに、なぜかいつも美味しくない。お中元もお歳暮も、ともかく口に入るモノはお菓子であれお惣菜であれなぜかみんなダメで、『何でこれこんなにもそもそしてるんだ』とか『まずいケーキって初めて食べた気がする』とか、いつもそんな調子だった。元気してるかなぁ。2年前にアートフリマに顔を出してくれたのが最後かな。

古着回収の荷物をまとめたあとは、持ち帰った作品の整理。千倉の会場は芝生なので、いつも帰宅するとこの芝の払わないとしまえないのだ。額とかね、ガラスと額の間に細かい芝が入り込んでたりするし、カードの袋にも入ってしまってたりする。風もあるからねぇ。
まだ収納しきれていないのだけど、朝から何となくだるくて(風邪ではないと思うけど…てか思いたい)、やる気がいまひとつ出ないのでそのまんま。さっさとすっきりしたいんだけどなぁ。ま、次の出店まで1ヶ月あるから、おいおいやってくわ。

そーそ千倉で、意外や意外、横浜の風丸ファクトリーのYUKOさんに会った。まさか来られるとは思っていなかったのだけど、以前から来たいと思ってたのだそうだ。(どうやって来たのか尋ねてびっくりした。えっらい遠回りで来たのだ…東京駅から高速バスで「潮風王国」まで2時間だよ、と言うとショック受けてた…) 写真をOKしたら早々にアップしてくれてた。1人出店なので他の作家さんたちの作品をゆっくり見ることはできないのだけど、ここで見られてラッキー。にしてもあたし、こじんまりしてるよなぁ…インパクトに欠けるかも、と思ってしまった。(「風丸ファクトリー通信」で検索できると思いますです)
『竹光侍』全8巻を通読したくてウズウズ。そんで読了したら、8巻の帯にある応募券でサイン入りポスターゲットを目指すのだ!当たるといいなぁ。ラブレターみたいな感想も書こうっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-05-08 02:16 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156