「その爪はもう死んでいる」

はぁ~、梅雨入りかぁ…別に雨はキライではないのだけど、こーんなに上天気だったのに雨、ってパターンは「=そば屋が混む」のでヤだ。何も雨が降ったからってそば食べなくてもイイと思うんだけどねぇ。何なんだ、いったい。「みんな並んでると並びたくなる」ってやつか?やめよーよ、そーゆー習慣みたいなの。

日中はいい天気だったから、ドーナツ座布団を買いに出かけた。赤、青、黒、茶の4色で、赤か青かで悩んだのだけど、結局青にした。も少しキレイな青だったらもっとよかったのに。ま、それはいーのだけど、他にも買い物頼まれてたりしたのでエコバック持ってったら、座布団を入れる袋がないとかで「まんま手渡し」されて、バックはぱんぱんに。これじゃ他の買い物ができんじゃないか。んーむ。(結局一度ウチに帰った)
通りすがりの店で純綿のカーゴぱんつがあってなかなかよさげだったので試着させてもらった。丈もウエストもちょーどいいのに(毎日の腹筋のおかげ?)、腿のあたりがちときつい。てことに軽いショックを受けてしまった…あたしってば腿が太ってるんだ…が~ん。

ところで昨日は、友人作家さんたちのブログをちょっとはしごした。いつもここを見てくれてるのに、あたしときたら全然見ないでさー。申し訳ないなあーと思いつつまとめ読み。うしくのねーさん品川まで来たんかぁ~、ンなとこでクラフト市してるとは知らなかったよ。Bさんは相変わらず精力的に地方巡業してるし、歌ちゃんたちの大屋での2人展も始まった。(今日みたいに日中ピーカンで夜は雨、だといいっすね!)
しかしみなさんのブログ読んでると、“どーしてこんなに写真がキレイなんだろう、文章がすっきりしててまとめ読みも全然苦ではないのだろう…”と感心することしきり。ああいう、簡潔で短い文章、書けないんだよなぁ。書けたらここもラクなのになぁ。いや、長い文章書いてる方がラクだからこーなるのか、ふむむ。

左手中指の爪はまだまだ青く、ちょっと何かに触るだけで痛い。爪の生え際あたり、ちょっと腫れてるし。まあだいぶよくなってきたので(そば屋4連休でよかったー)、仕事に支障をきたすほどではなかったのだけど、仕事が終わって、いまだ抜糸されてないSUさんとちょっと喋ってたら、あたしの爪を見て言った。
『その爪はもう死んでるよ。そのうちポロリと落ちるから』
『え、ええっ、そーなんですか?!』
『うん、抜けるとゆーか、剥がれるとゆーかね』
『で、次が生えてくるんですか』
『そう。でもすごい時間がかかるよ』
しょえぇ~。じゃしばらくはこの不気味な青い爪のままなんだ…ううっ、みっともない。真っ赤なマニキュアあたりだったら隠せる色かもだけど、そば屋はそゆのは禁止だしねぇ。大体、そんな指で出されたら食事もまずそーだしな。にしても「ぽろりと落ちる」とは…やれやれ。

次回の「カッパとお皿展」の、いーのを思いついた。忘れないようにメモに書き書き。そー思って書かれたメモが、そのまま忘れられてあることに気づいた。忘れないよーにメモしても、メモしたことを忘れてちゃ何にもならないよなぁ。いつかちゃんと「陽の目」を見せてあげなくては。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-06-16 01:50 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156