続巻を待ちながら

さいってぇ~!2/3は書いたブログが宇宙の彼方へ飛んでったぁ~!!!何が悪いってこの左手中指の痛いのだよぅ、ちきしゃーう!ともかく思い出す限り同じこと書こう。

郵便局へトミンゼーとクミンゼーを支払いに行った。そしたらハガレンの記念切手があった。思わず買った。そーいや本誌では最終回だったのだよな、つい先日。どう決着したんかなぁ。
大体2週間に1度、豪徳寺の煎餅屋に行って天ぷらをあげてカートン買って煎餅をもらって、というのが習慣になりつつある。で、ついでに数軒隣のBオフを覗く、とゆーのも習慣になりつつある。余計なモノ買いませんよーに!と思いつつ(だったら覗かなきゃいーんだけどさー)、入った。ちょっと前、Bさんが教えてくれた、オノナツメの『not simple』があった。しかも105円。これは買うっきゃないでしょう。もちろん買った。

つらつらと本棚を眺めてたら、冬目景の『黒鉄(くろがね)』の文庫版が3巻まであった。あまり期待しないで見た。あたしはこの単行本を5巻まで持ってるが、続巻が出なくなって随分経つ。文庫の3巻の巻末を見たら、5巻のそれと一緒だった。やっぱりねぇー、と思ってたら、作者のあとがきがあった。
「続巻が出ないまま文庫化となりました。いつ、ともどこで、とも約束できませんが、必ず出します」
とあった。ホントだな?本当~に出してくれるんだな?待つぞ、あたしは。上條敦士の『sex』だって(下半身の話ではありません、念のため。男女3人のロードムービーみたいなの)、ずーっと待ってたらちゃんと出してくれたのでテレカ応募券に添えて熱い手紙を書いたらテレカが当たったんだから!いや、テレカをつけろとかゆーのではなく、感謝手紙を書きたくなるような続巻を頼むぜ、ってことで。
『sex』の1巻が出たのが89年。翌年あたりに2巻が出たけど、本誌では(休載を繰り返しつつ)続いてるのに続巻が出ないまま、新装版として全巻通しで出たのが04年。(連載開始から18年だってさ!) 『黒鉄』の1巻が出たのが96年。(もっともあたしはこれを古本屋で買ってるので存在を知ったのはもっと後) 文庫になったのがどうやら04年らしいので、既にそれから6年経ってるわけか。そろそろ出るか。まだか。

冬目景はいろいろ描いてるけど(いまでも多分)、それらの作品はいまひとつとゆーかなので持ってはいない。でも『黒鉄』は読みたい。欲しい。
江戸モノで、ワケあって人斬りとなった迅鉄が、刺客の放った犬に襲われ、死の直前にからくり師に拾われる。そして見事に復活したわけだけど、蘇った彼の身体は今で言うサイボーグ。大部分は鋼鉄だし、腕には仕込み刃があるし、目はセンサーの働きもしてる。しかも犬にやられて声帯を失ってるので声が出ない。の代わり、と言っちゃー何だけど、彼の持つ刀、鋼丸は喋れるのだ。その刀もかつては人で、いま彼の脳味噌は迅鉄の脳の隣にある。て設定。(なので鋼丸は迅鉄の考えてることが少しわかる) 『黒鉄』は、喋れない1匹狼の渡世人と喋れる刀の道中記、なのだ。い~んだよなぁ、この鋼の迅鉄が。「鋼の」と言ったらいまは「=鋼の錬金術師」なんだけど、あたしにとっちゃ迅鉄なんだよねぇ。もちろんハガレンも好きだけどさ。

105円の棚に峰倉かずやのイラスト集があって、これまたちょっとびっくり。状態もよいのにこの価格なんだー。この人の『最遊記』は終わったのかなぁ。そんな話を聞いた記憶はないけど。『ビスゲーマー』も『コネクト』(だったと思ったけど違うかも…)も、読んでたけど終わったのかどうかわからない。スタイリッシュで細身で格闘系の、強い(でも人としてはちょっと欠落してる)キャラたち、好きなんだけど。
あたしがガクセイだった頃、「終わらない(終りそーにない)3大少女マンガ」として『王家の紋章』と『悪魔の花嫁』と『ガラスの仮面』が挙げられてた。(どうやら『悪魔の花嫁』は完結したらしいけど、入手した友人によると「がっかり」だったそうだ) 『ガラスの仮面』みたいに、時間がやたらかかってもとりあえず続いてるのはよいとして、そうではない、でもちゃんと完結できていないままのマンガって結構あるんだろーな。掲載誌が廃刊とかね。『ハチクロ』も掲載誌が3度変わったとか言ってたし。

帰宅して洗濯とかちょいちょいして、それから座椅子に寝そべって『not simple』を読んだ。ちと泣けた。重い話なんだけど、オノナツメの絵柄でうまく緩和されてるとゆーかね。イアンの不遇さに泣けるのよ。いい子なのになぁ。
夕方からちぎり絵さらし絵巻に突入。やっとこ20センチ。大丈夫か、あたし。
[PR]
Commented by B級 at 2010-06-17 13:40 x
やっぱり同級生!
上條『sex』の話題に「下半身の話ではない」って注釈つけるところに
年季を感じるなぁ。今の人はきっと上條知らないし。

このブログを読むことが日常のひとつになってるから、
このまま「読み応えのある文章」を続けて欲しいな。
情景が見えるようで、読むのが楽しい~。
Commented by 雪丸 at 2010-06-18 01:07 x
B級さん、こんにちはですぅ~。さすが同級生、と言いたいとこですが、同級生でも知らない人はいっぱいなのよねぇ(^^;) いまの人は当然知らないだろーし、『sex』以降の本はあんまり好きではないのですよ…。

「読み応えのある文章」かどーかはちとわかりませんが、楽しんでいただけてるようで光栄っす。今夜もがんばりまーす(^^)
そーそ、『not simple』、よかったです。教えてくれてありがとでした。遠征、がんばってくださいましー。
by yukimaru156 | 2010-06-17 01:38 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156