梅と爪

昨日までの3日間で落下した梅の実は1.5キロ。昨夜のうちに炊飯器(の保温機能)で梅ジュースの原液を作った。今朝見たらちゃんと出来てた。それに美味。氷砂糖600グラムはちょっと少なかったかなと思ったんだけど大丈夫だった。

11時にハハが出かけ、そのとき『今朝だけで49個拾った』と言ってて、梅の実の収穫は大体「梅雨明け、自然落下が始まった頃」が目安なんだけど、梅雨明けを待たずに自然落下が始まった模様。今年は入梅が遅かったからなぁ。例年より量はあるけど、その分小粒な感じ。とはいえ、普段のがでかいので、今年は「スーパーで市販されてるモノと同じくらい」てとこか。
12時に髪をカットしに出かけた。そのときまた30個ばかり拾った。30分後に帰宅してさらに10個…そろそろ限界だ。収穫に入らねば。
明日あたりがイイと思うのだけど、問題は甥のYGが収穫するのを楽しみにしていること。今週末がぎりぎりだと思ってメールした。ら、既に予定が入ってしまっていた。ま、当然だよな。土曜はオランダ戦だし。あたしはそば屋だったので「あとはハハと連絡とってくれ」と投げてしまったのだけど、帰宅してみてもいまだ決着はついてないよーだ。オトート1号にとっては梅の収穫よりサッカー観戦の方が大事だもんなぁ。さて、どーするかな。

爪はだいぶ傷みが薄らいできたけど、黒とゆーか紫のまんまで、このみっともない色がいつまで続くんだとメゲる。ハハが『お父さんもサッカーでよく足の爪をこんな風にしてた』と言うので、それってどのくらい続いたのか、1年か半年くらいか、とチチに尋ねた。
『1年くらいかなぁ~、もっとかなぁ~』
『もっと早いでしょう、、若いから』とハハ。
『そーだな、若いから早いだろうな』
……若いってもねぇ。認めたかないけど、そんなに若かーないぞ。
『だって父さんがサッカーやってた頃っていつよ?』
『……若かったな』
だよねぇ。あたしも薄っすらと記憶があるてことは、チチは40代あたりっしょ。いまのあたしと一緒くらいじゃん。はーあ。ま、わかってたんだけどね。

ヨレヨレとそば屋から帰宅したら(今日も揚げまくりだったのだ)、玄関先に20個くらい梅が落ちてた。チャリを入れ、持ち帰った天ぷらを置いてからハハに『また落ちてるから拾っておくね』と言ったら『さっきも拾ったのよ』とゆー返事。あたしがウチを出る直前までの80個とは別に、玄関に紙袋があり、覗くと5、60個は入ってた。その紙袋を持って外に出、2個、4個、と拾い歩く。庭に落ちてた分も含めると41個だった…こりゃホント、マジで限界だわ。明日はとりあえず、YGが絶対取れない場所にあるやつだけでも収穫せねば。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-06-18 01:36 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156