そのキャンセル待ちは遅すぎる

起きたら、ハハが『昨日、イイ梅をあげすぎたぁ~』とぼやいてた。青梅をあちこちに配ったものの、ウチで漬ける用の「梅干しに適した、無傷で大粒」の青梅が予想以上に少なくなってしまったらしい。だーから言わんこっちゃない。(とココロの声) 昨日選別してたとき、あたしが「イイのとそれほどでもないの」とを混ぜてたら、横から『こっちのイイのを持って行きなさいよ』と口をはさんできたので、いーのかなぁ~、と思いつつもそーした結果なのだ。ま、ウチで漬ける分としての4キロも、そんなに悪い出来ではないのだけどね。ハハらしいエピソードでもある。つい「人にはイイ方」をあげてしまうのは、クセみたいなもんだろな。

昨日は長くなるので書かなかったけど(それでなくても無闇に長いし…)、夕方、PCを立ち上げたとき、横浜の赤レンガ倉庫(のアートフリマ事務局)からメールが入ってた。「キャンセルが生じた」ので、「希望者の中からさらに厳選して16名の方に」メールしてるそうだ。空きブースは2つで「先着希望順」。メールの送信は14時。アクセスすると、1つが埋まってた。てことはいま返信したら出店できるわけだ…と悩んだのは2秒くらい。えっと、いつだったっけか、とサイトを見ると7/2、3、4の3日間。2週間切ろうかとゆーとこだ。こんな間際でも出店できる人がいる…から埋まるわけだよね。すごい。あたしがな~んの予定も入ってなかったら出してたかなぁとちらりと思ったけど、出なかっただろーな。きつすぎるし、DMも出せないだろし、こんな短期間の準備期間で2万も出店費出す勇気がない。(たぶん)
どれだけの人が落選して、そのうちのどれだけの人が「キャンセル待ち」としての希望を伝えてたのかはわからないけど、「厳選した16名」の中に入れてくれた、ってのはちょっと嬉しいかも。出店はできないけど、それだけは伝えておくべきかな。

昨日からちょっと苦戦してた「ちぎり絵巻」の意匠のひとつは、蜂の巣状のモノなんだけど、な~んかうまく行かないなぁ~、何でかなあ、と思ってたら、6角形のつもりでちぎってたの8角形になってた…バカか、あたしは。(あれ、でも蜂の巣って8角形?ま、いーや。別にホントの蜂の巣をちぎってるわけではないので) ムダにしたちぎりを横目で睨みつつ(でもムダにはしない。ぜってー何かに使ってやる!)、仕切りなおして再び。
とはいえ、今日はそば屋だし、梅狂想曲もまだ終わってはいない。拡げて使ったエアパッキンは微妙に汚れてるので水をばしばし当てて洗ってベランダに干した。(そーそ、これを拡げたとき、YGは無言のまま一番端からぷちぷちと潰し始め、その場にいた全員から『いまそれをやらない!』と同時に突っ込まれてたな。キモチはわかるんだけどねぇ~。みんなで突っ込んでごめんね)

ついでにもひとつYGネタ。あたしとハハとYGママと3人で青梅の選別やらジャム作りやらできりきり作業してたとき、突然彼が『これなにー?べたべたするぅ~』と声をあげたので見ると何と!彼は廊下にあるゴッキーホイホイの中に手を突っ込んでたのだ!同時にあがる女性陣の悲鳴。「これは何か」という問いに誰も応える余裕のないまま、手を洗えだのばっちーだのと騒ぐ中、彼だけは平然と問いに対する答えを待っていた…マンション4階にゴッキーは出ないのか?つーか、彼にとってはゴッキーもその他の虫も「同列」なのかもしれないなぁ~、とか、妙な感想を抱いたりもして。(ママはあとでちゃんと、そのゴッキーホイホイが何であるか説明してたけどね) あの箱、組み立てる度にあのゴッキーの笑ってる絵がハナについて嫌なんだよねぇ。むかつくとゆーか。(だからってわけでもないけど、ゴッキーはスリッパのウラでびしっ!とやる方がすっきりする)

さて、明日からそば屋2連休。ちぎりまくり、ってわけにはいかないとこが何だけど、そー近づけるよう努力しよう。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-06-22 01:57 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156