セール品と造花とグラサンとカッパ

えーと、まずはお詫び。昨日ブログに書いた「ビューラー」は『睫毛の手入れをするやつのことで、皮むきはビーラー」』というご指摘をいただいた。そーだったか。でもこれを言ったのはあたしではなくITちゃんなのだ。と責任転嫁。でも突っ込めなかった(つまりそれで正しいと思ってた)あたしも悪いのだけどさ。

ねずみ亭(と個人的には呼んでいる)のガレージセールは、去年の「お蔵だし展」(ってタイトルだったっけか…忘れてしもーた)同様、過去作品で、最近は出していないモノを引っ張り出すつもりだ。とはいえ、アートフリマではちょこちょこ出してたりするし、「在庫」ではあるのだけど、何かあまり目新しくもない気がするな。
ちょこまかと引っ張り出してるうちに、「お蔵だし展」のときの赤札をつけたモノがまた出てきて、こいつぁーどーしよっかなー、と思いつつ(何かホントに恥ずかしい…)、いちお揃えてみた。相変わらずごちゃごちゃだ。額絵だけでなく、雑貨も出すのだけど、2枚しかないシールとか、3つしかないプッシュビンとか、すっげー「追加したくなる」んだよなぁ~。で、ここで追加するとまた2つ3つ余って…を繰り返すことになる。つまりエンドレス。違う絵にするんだけどね、もちろん。シールの形を変えたり、タイルではなくおはじきにしてみたりさ。

うーん、どうしよーか。余裕ないっちゃーないんだよな。明日から4連勤務だし。(5連勤だったのを1日ITちゃんに代わってもらった) 14日からは『カッパとお皿展』だし。なーんでこーもそば屋入る羽目になるかなぁ…入りたい人、いるんだよ?別にあたしがいなけりゃ廻らないわけじゃないのに。何かだんだんハラ立ってきた…昨日、そば屋に行ったらショーウィンドウの中のバカみたいな青やピンクの造花の紫陽花が向日葵に代わってた。2つ3つならともかく、何で丼と丼の間に1つ2つづつ配置するかなぁ。あれじゃあサンプルが目立たないし、何よりセンスが悪い。テンチョーの、と言いたいとこだけど『花が少ない、もっと飾れ』と言ったのはその上のブチョーだそーで、100均の造花をそーやってごてごて飾ることが「集客につながる」とマジで思ってるらしいその頭を…以下省略。品のいい言葉では書けないので。ちなみに行き場のなくなった紫陽花たちはどこへ行ったかとゆーと、券売機の上。ぶぅぁっかみたい。あ、言っちゃった。

ガレージセールに出す作品はこんなモンかなぁ~、とひととーり終えたところで、ちぎり絵巻…に行くつもりだったけど、強い焦燥感に駆られ始め、カッパの絵をスケッチブックに描き始める。と、そこへハハが来た。サングラスのネジが飛んでしまったので直して欲しいと言う。クリップを持ってきてて、その太さがちょうどいいから、両端をカットしてボンドで止めればとか何とか。ンなことしたって抜けちゃうよー、と言うと『じゃセロテープで』。ネジの代わりにクリップの端とセロテープ?どこのおっさんじゃ。
『別に直らなくてもいいんだけどねぇ~350円だし』
『……前に買ったレイばんのはどうしたの』
『レイばん?じゃなくてバレンちのね。ずっとやってると落ちてくるのよねぇ。こっちの350円の方がいいの』
ふ~ん。そんなモンかもねぇ~と思いつつ、アクセパーツの入った佐賀いちごの箱をがさごそ。(この苺の箱、すこぶる丈夫だしサイズ的にもよいのだ。個展のときに差し入れてくれたGNさんありがたう) あたしが持ってるパーツは種類が少ないので、結局合うのはなく、クリップの端をカットしてネジ代わりに通し、両端を捻じ曲げて落ちないように固定した。無事完成。よかった。余計な時間喰ったけど、結果おーらいだ。何故かとゆーと、佐賀いちごの箱を開けてあれこれかき回してるうちに、カッパアイテムをひとつ思いついたからだ。感謝するハハを部屋から出したあと、スケッチブックを床に投げ出して(いつもこーだから椅子廻りが散らかるんだよなぁ)、ガラスタイルにちぎり貼り。おおっ、イケそーじゃん。しかもさくさくっと。緑色のタイルだけじゃつまらんので、青とか赤とかでもやってみよう。ンな色のカッパはいないって?そりゃそーだけど、それを言うなら赤い猫や青い犬もいないのじゃん。問題は売れるかどーかだけど。売れねぇだろーなー、やっぱり。でも作るのさ。たのしーから。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-06-28 01:05 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156