W杯特赦? とこの性格ゆえ…

   くぅーやぁーしぃ~っ!!!

とココロで絶叫しつつ、キーを打ってる。本日のW杯、そば屋だったので観れたのは後半から。ドローで折り返してるかな、と思ったのでまずはそのとーりの展開。イイ感じに形を作って、イイ感じに進めてるように見えてたけど、決定打のないまま延長戦。そしてPK。いやー、何となくだけど“このままPKになったらイケるんでは”と思ってたので、この展開はひじょーに悔しい。PKはホントに運だと思うけどねぇ。でもベスト8まで行って欲しかったなぁ。

さて気を取り直して、本日の雪丸の1日。
昨夜(つーか今朝方)までカッパストラップを作ってて、5時間くらい寝てからガレージセール作品の値札付けやら何やらかにやら。何か…こー思わずにはいられなかった。
「やるならてめぇンちでやれよ!」
…いやね、とても人さま宅のガレージに持ち込むような物量ではないので。こんなに持ってったらはた迷惑なんじゃん?とか。でもさ、考えたらこの後は「カッパとお皿展」があるだけで、あとは9月下旬(9/30~10/5)の個展までな~んも予定を入れてないのよね。てことはつまり、これら作品を売る機会はもー3ヶ月ないってことだからさ。って、言い訳めいてるけど。

そば屋に行ったらテンチョーがいて、『今日はW杯でたぶん人も少ないだろうから、こういうときこそ、普段やらないような場所を掃除するように』と言われた。何だい、そりゃ。はーそーですかー。でもキックオフは11時なんだから、「ぱっとそば食べてウチで観よう」と思う人とかいるんじゃん?とか思いつつ、いちお『はい、わかりました』とだけ言っておいた。したら、これはテンチョーの考えではなく「さらに上の人の意見」として
『W杯が観たい人がいたら帰っていい』
何ですか、それは?!ンなこと言ってみんな帰ったらどーするんですか?もしかしてそれが「寛大」な「温情」だと思ってる?!ンなこと言って「客がいなくてぷらぷらしてる従業員に給料を払う気はない」と言いたいってのがミエミエ。××じゃないの?!(×にはそれぞれ馬と鹿を入れてくだせぃ) 帰っていいってんなら帰るけどねー、と思ったけど、とてもそんな状態ではない、5時の段階では。5時から入るスタッフの中で、たぶん最もW杯を観たいのはハタチのOD君かな、と何人かで言い合う。11時閉店で速攻で帰宅しても「観れるのは後半ロスタイム」という距離に住む彼は、時給を取るかW杯を取るか、でしばし悩んだあと、『本当にいいなら帰らせてください』。ま、そーくるよね、フツーは。これがテンチョーの上のブチョーのお墨付きではなく、単に彼の発想だったりしたらみんなからモノ投げられて速攻却下くだされてるとこだけど。

で、彼は恐縮しつつ、9時にあがった。まだまだ人は入ってきてる最中。
『負けたら承知しないかんね!』
『わかりました、そのときは遠慮なくボクを責めてください』
とにこやかに去っていき、さてそれから「通常業務の1人欠け」状態。「W杯だから人がいない」と言ったのはどこのどいつだ、ツラ見せろ、モノ投げてやる!てな忙しさで、腰痛で休んでたYDちゃんの復帰1日めだとゆーのに、気遣ってやることもできない。新人のMTちゃんも目がくるくる。揚げ物はなくなるし、厨房もそーでない場所もどたばたあたふた。とてもじゃないが「普段掃除してないところを掃除する」余裕なんて皆無で、終わってみれば昨日よりも売り上げが2万強も高い。(つまり昨日より50人近く多いってことだ)
あーもー、ホントにホントにほんとぉ~に「いかに上が××ばっかか」を思い知らされた日でもあった。しかもこれ書くとまた長くなるので省略して書くけど、今日来たらテンチョーとダイリが新商品の試食をしててその新商品てのが「これ以上あたしらの負担を増やすってんなら時給も増やしてもらいますよ」てなモンで、しかも新しい器を用意してんだけど、これがまた重くて「重い」と意見すると「そのくらい何だ」とゆーから、あたしらではなくてじーさんばーさんたちの中には通常の丼ですら片手で持てない人もいるんだってことをわかれよあんたら、とトサカに来てたのだ。それでこれじゃん?(何か全然「省略」になってないな) これでベスト8に入ってれば、まだ気も晴れるってなもんだたんだけど。

夜、さーて後半だなと思いながら帰宅したら、電話をするよーにというメモを受け取った。した。そしてあたしは、“今度から履歴書を書くときは、特技に「自分の首を締めること」と書くべきだな”と心底マジで思った。電話は出店の話。期間は「個展と三茶楽市の間」。
どー考えても一番のバカはあたしだ…でもさ、思うのよ。これがメールでの打診ならば断ってたかもだけど、電話じゃん?しかも深夜12時を廻ってるんだよ?それで「さゆきさんの作品をぜひ」とか言われるとねぇ…「わかりました、がんばります」って言っちゃうでしょ?言っちゃうのよ、「おだてられたら天の高みでも地の果てまでも」な性格だから。
も、いー。考えるのやめる。寝よ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-06-30 03:33 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156