同じ月を見ている

05年 日本
どこまでも純粋で無垢で汚れを知らない人は「鏡」でもあると思う。そんな人はいない、と否定する人の姿をそのまま映し出し、自分が嫌いな自分を見せつけられる羽目になる。そしてそれ故に怒り、嫉妬し、憎悪すら抱いてしまうのだ。純粋な人は、だから傷つけられやすい。悪意に対してあまりにも無防備だから。嫉妬も憎悪も、その意味するところ、自分に向けられる理由が理解できないから。

いじめられっこでもあった鉄矢、相手の考えてることがわかるという不思議な能力を持つどんちゃん、そして心臓に持病を持つエミの3人は幼馴染だ。よく一緒に遊び、野原や川を駆け巡ってた。だが鉄矢は、どんちゃんのあまりの純粋さ、無垢さにやがて嫉妬するようになり、エミを想う気持ちもあってどんちゃんから次第に距離を置くようになる。そんなある日、エミの家が火災に遭い、エミは父親を失う。放火犯として捕らえられたのはどんちゃん。なぜ、どうしてという問いに応えないまま、彼は服役する。
7年後、出所間近だったどんちゃんが脱走したという知らせが入る。エミを助けたい一心で医者になり、婚約した鉄矢は焦り、そして殺意を抱く。エミを取られる前に殺さなくては、と。

「泣けるコミック」として紹介されてたものの、読む機会のなかった本が映画になったのと、どんちゃんをエディソン・チャンが演じるってことで公開時から興味を惹かれてた。(あとの2人は別に…て感じだったのだけど) 口数が極端に少ない役なので問題ないっちゃないんだけど、思ってた以上に何の異和感もなく、相手の考えてることがわかってしまう、でもそれを敢えて口にすることはなく、不遇だけど不幸ではない青年を好演してた。彼の描く絵ってのがまたいーのだ。ラスト近くの、渾身の一作だけでも見る価値はある。もっとも、エンドロールに「劇中画」として複数の名前があったように、1人の作品ではないのが見ててもわかるので(特にラストに2人が見る絵!あれはちとどーかと思う出来…)、もったいない。
エディソン・チャンは『インファナル・アフェアⅡ』で知って、“お、いーじゃん彼”と思ってたので着実に成長してて嬉しい。想いをこめた視線、ちょっとした表情の変化に「どんちゃん」の心情がはっきり表れていて、見ていて切ない。虐げられ、嘘をつかれ、騙され、裏切られても尚、まるでそうしてしまう人の心の動きすら読んでいたかのように黙って受け入れ、飲み込み、誰も何も責めないどんちゃん。なぜそこまで純粋でいられるのか、負の感情と無縁ではいられない人間にとってはまるで脅威だろう。

で、映画としてどーだったのかとゆーと、ちょっとお粗末。“それがそーなるか?!”みたいな突っ込みもいくつかあるし、鉄矢とエミはどーにも類型的すぎる気がするし、それなりに起伏のある話だけど展開が読めてしまう。展開が読めるのが悪いってわけじゃないんだけど、何かね…もーちょっと捻ってよ、みたいな。「泣けたか」とゆーと、泣けなかった。のが残念。どんちゃんが可哀想で切なくて泣けそうだったけど。でも主役以外の、山本太郎や岸田今日子はいい味出してたな。

さて本日は5連休明けのそば屋。さすがに5日も休むと、勝手がわからなくなってるとゆーか、“かき揚げってれで足りたっけ”とか“この時間にこれでOKだったかな”とか想ってしまう。とはいえ、やはりかつての勢いはなくなってきてるのは如実に感じる。キリキリするこたーないもんな。
そば屋までの間にがちゃぽん豆本したり、パンフ用のアピールカットを作ったりした。明日はまたオフ。がんばろっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-08-25 02:11 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156