男子の化粧?

きーたところによると、「この暑さは9月いっぱいまで」続き、「10月は雨が多」くて、「11月は寒い」のだそーだ。まじっすか!カンベンして欲しい…日中、ちょっと所用で出かけてて、帰宅したらさすがにこの夏何度めかの冷房が効いてて、“28度ってこんなに涼しいんか!”と驚いた次第。汗だくで帰宅したので、69円のカキ氷がめっちゃ美味かった~。夕方、予報士のキハラ氏が『局前の気温はまだ31度』と言ってた頃、我が家の台所は33度…外より暑いんかぁ、とハハとタメ息。よー生きてると思うわ。「ちぎり」が思うよーに進まなくても誰も責めるまい。(ってもあたしが責めるよな、きっと。あぁ~、自分にハラ立つ~!)

とはいえ、今日はちぎちぎ、貼り貼り。「T-KARABOX」は3つ完成。ま、絵の感じからして“たかが3つかよ!”と突っ込む内容。上蓋に舟とくりくり、そして星空、箱周囲をぐるりとお魚、みたいなのとか。くりくり抜きのデザインも作る予定。チラシ整理が半端なまんまなのがちょっと何なんだけど。
それより何より、「絵本、小物雑貨の在庫確認と補充」をすべきなんだけどさ、こー暑いと作品をずらり並べてひーふーみー、する気になれないんよ。年末に腰痛めて机にしたもんだから、例年のよーにゴザが敷けなくてカーペットのまんまだし。そんで冷房なし、扇風機なしでよくやってるでしょ?よくやってると思うよ。自分をホメたりケナシたり、忙しいこっちゃ。

そーそ、昨日書き忘れたんだけどさ、下北のスプラウトでの展示を見てたら、お客さんの中に20代と思しき男の子がいてね。(作家さんたちの友人なのか、あるいは作家本人なのかはわからず…何せひとことも喋らなかったんで) ごくごくフツーの、いまどきのちょいお洒落なカッコしてたんだけど、ふと目が合ってあちらがにっこり、つられてこちらもにっこり。はともかく、彼が化粧をしてたのでびっくりした。
化粧ってもさ、何つーか、うまく言えないんだけど、「女装」とか「ゲイ」とか、そういう類っぽくないんだな。何がどう違うのか、と問われると答えに詰まるんだけど。よーするに「すごくナチュラルメイクっぽい」というか。アイシャドウはとても控えめ、顔色を明るく見せるためのチーク、口紅は紅でもピンクでもなく、ちょっとパールがかったオレンジ、というような。で、何となくわかってもらえるかしらね。つまり「女装趣味」とか「化粧趣味」とかではなく、いわゆるヴィシュアル系としてでもなく、ナチュラルファッションの一部として楽しんでる、とゆーよーな感じだったのよ。ま、それはあたしがそー思っただけなんだけどさ。ほんの一瞬だったしね。でもま、いまのワカモノたちに何が流行ってもおかしかないよねぇ。そのうちスカートも流行ったりして。ジーンズ履いてるより、はるかに涼しいしね。
しかしとりあえずそんなことより、ふっと目が合った一瞬の笑顔がなかなか素敵だったので、純粋に(咄嗟に)、こういう笑顔を見せることのできる男の子っていいな、と思ったんでした。化粧の話とは別にね。いまの子って「他者には無関心」な感じがするからさ。

おっさん率のメチャ高かったそば屋も、気がつけば19~21歳のワカモノが4人。それぞれいい子たちで「話が合う」とまではいかないけど、くっだんない内容でも盛り上がれるのは確か。ひとり眼鏡男子がいて、外すと童顔になるとゆーか、高校生くらいに見えるので『外してる方が若く見える。可愛い』と言ったらば、コンタクトはキライなのだと言いつつ、『若く見えるのはいいけど(いいのか?大学生が高校生に見えたところでナンボのもんじゃい、とあたしゃ思うのだけど)、女子の「可愛い」ほどアテにならないものはないからなぁ』と言われた。ことに内心ちょっと衝撃を受けた。キミらはキミの年の軽く倍はいってるあたしを「ジョシ」と呼んでくれるのか?!嬉しい。嬉しいけど、ちょい複雑?いや、これはありがたく頂戴しておこう。最初の頃の仕事に対する緊張も和らいで、早番の文句とかシャインがあーだこーだとか、いろいろ気さくに言い合える仲になったことだしね。この調子でいこーね。9月はいっぱい休むけど(10月もだ)、よろしく頼むよ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-08-31 01:27 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156