昨日の事件と今日の出来事

えーと、まずは昨日の出来事から。
朝、ちょっとした事件があった。7時過ぎ、いつものとーりハハが庭へ出ると、庭石の上に体長12、3センチほどのネズミの死体が!(しょえぇ~!) でもどーすることも出来ず、迂回して金魚にエサをやったあと、チチが起きるのを待ち、庭に埋めてもらったそーだ。なまだぶ。しかし死因も、なぜそこに死体があったのかも不明。熱中症で…とは思えないな。だとしたらそんなところで死んではいないだろーし。猫が持ってきた、ってのが妥当かもしれないけど、アレ持ってくるのは「お礼」とか「褒めて」らしいから、ちょっと違う気もする。ともかく、ベランダ菜園のナスかじったりしてたのは彼だろう、とチチはわざわざベランダにじゃがいもを置いて、それが無くなってないことで「彼だったのだ」と結論づけてた。

メダカの卵がまたいっぱいなのだけど、ハハが『(藻についた卵が)生まれたいよー、生まれたいよー、とゆらゆらしてる』と言うので、んなことがあるのか、もしかして決定的瞬間が見れる?と思って覗いたら、何のこたーない、水槽のポンプの水が巡って、それにつられてゆらゆらしてるだけだった。あーんだ。でも「誕生の瞬間」てやつが見れるのだとしたら見てみたいなぁ。ちなみに体長5ミリくらいになったコメダカたちは元気です。

意を決して「チラシ整理」。あぢぃー中これやるのはしんどいんだよねぇ。でもやらないと「どこにどんなチラシが入っているのか」わからなくなるし、青ばっかり固まってたりするので(どの青がいいかなぁー、とまず集めてそこから選ぶので)、適当にシャッフルもさせないといかんのよ。結局、半日以上がこれに費やされた。
それから箱にちぎり貼って、そんなことより別のモノ作るべきではないのか、と突如不安に駆られたりしつつも続行。暑さで頭が働かないので。とゆーことにしておこう。

夜はサッカーの前半15分だけ観戦して部屋へ戻った。あとは階下のハハの反応で得失点がわかるしね。想像通りの1-0。W杯の雪辱を晴らせた感じね、よかったよかった。どーでもいーことなんだけど、ザック監督ってゴルバチョフに似てなーい?(ハハは同感してくれました)

深夜、アイスを食べながらCSをつけたら、『パプリカ』をやっていた。やった!以前録画し損ねてたのでラッキーと思いつつ、でも既に後半だったので“次はいつかなぁ”と番組表を見たら書いてない。今日(昨日)の分も違う番組になっている。今敏監督が亡くなって、その追悼だと思うのだけど、監督が亡くなったのは先月末くらいだっけか…う~ん、間に合わなかったのか。でも次がいつかわからなくては、予約が出来んではないか!
結構好きな監督だった。(ちなみにアニメ監督ね) 『東京ゴッドファーザーズ』『千年女優』と観たけど、前者の方が好みだったな。3人組の浮浪者が赤ン坊を拾う話。(ゴッドファーザーを「マフィアのボス」のことだと思ってる人いるみたいだけど、これは「名付け親」のことですからねー、念のため) まだ若かったのに残念。冥福を祈りますです。

さて本日。10月は個展の他に(立て続けに)豆本展だの三茶アート楽市だのが入るので、それ用の案内の下書き。馴染みの文房具屋はお休みだからコピーは明日。
で、再び箱に「ちぎり貼り」。これ、なかなか楽しいんよ。いや、ちぎりは何でも楽しいけどさ。立体だから側面とかも貼って、ついでにフタのウラとかも貼る。箱の大小もある上に色も白だけでなく赤とか茶、黒とかあるので(そーいや青がないな)、それに合う柄を考えるのも楽しいのだ。まず最初に「箱に印刷されているロゴを隠す」デザインを考えないといけないのだけどね。こういう制約がまたそそられる、みたいな。

制約(締め切りとか)がないと制作できない、という作家って結構多い。あたしはそうでもないのだけど、でも「カッパ展だからカッパ」とか、「もらえるスペースがこれだけ」とか、そういった類の制約があった方が作りやすいのは確かだ。だからこの箱も“ここんとこにロゴが印刷されてるから…”と、まずそこからスタートするのがおもしろい。何も入ってないのもあるけどね。全面印刷ではないけど、ほぼそれに近いのもあって「ちぎりでモザイク」をしてみた。楽しかった。あと、箱の角がちょっと傷んでるのとかをチラシで覆ってみたりね。この手法、なかなかよいので気に入ってたら、貼るときに痛恨のミス!慌てて剥がそうとして汚くなって、シールはがしスプレー使ってそれもダメで、結局「ミスのまま続行」の形に。ま、デザインと思えば…かなぁ。いーさ、売れ残ったら自分で使うさ。
と、昨日今日はそんな1日でありました。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-09-06 01:38 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156