家族旅行が決まった

ハハが所用で池袋に出かけるので、その後新宿で待ち合わせて旅行代理店に行くことにした。彼女の古希のお祝いの家族旅行だから、姉弟代表としてあたしひとりで行くつもりもしてたのだけど、どっちもどっちな旅館のときとか、ハハの意見も聞くのがよかろーと思って。それに何より、ハハが行きたがってたしね。

これから池袋を出るという電話があったのが1時近く。それから速攻で向ったのだけど、やっぱりあたしの方がちょっと遅かった。まずランチ、としたいとこだったけど、そのまま代理店へ。で、話はさくさくと進み(年配の男性が相談に乗ってくれたのだけど、いい人だった)、このコースがいいだろうということで、鉄道込みの切符の手配までしてもらう。ネットであれこれ見てたから、やっぱりこれかな、というところで落ち着いたので話も早かった。余談でちょっとお喋りもして、ハハの古希のお祝いで、と言ったらば『それはいいですね。旅館の担当にも伝えておきましょう』と言ってくれた。(てことはもしかしたらサプライズとかあるかしらん。ちょっと期待したりして) 連休だし紅葉も見ごろだから旅館も込むかなと思ったけど、家族総勢9人でもまだ大丈夫だった。よかったー。前金も支払い、これでひと安心。こいつが決まらないとどーにも落ち着かなくてね。何せ言い出しっぺはあたしだし。とりあえず姉の権威を保てたかしらね。ふぅ~。
にしても、ネットって便利だけど、実際に行って話をする方がラクだし早いなと思った。ネット割引とかあるからちょっと迷ったりもしたんだけどさ。「これでヌカリはないか」という不安がないってのは、それだけでありがたいよ。

代理店を出たのは2時過ぎくらい。それからランチ。がちょっと失敗。何にするー?いーとこないかねーと歩きながら、ふと目についた喫茶店みたいな店に入った。(パスタ屋はあったけど、これからそば屋だってのにパスタはねぇ~。たまにやるけどさ) ランチのドライカレーが美味しそうだったのだけど、うーむむ…な味。米がよろしくないのか、カレー粉がやけに粉っぽいよーな、でボリュームだけはあって、ちと苦しんだ。水はぬるいしさー。ま、その後の珈琲がまーまーだったので“こんなモンか”で終われたけど。

帰り道、「文具ワケありフェア」なるものを見つけてしまい、ハハと入った。特にこれが欲しい、というのもなかったのだけど、一筆箋(126円)とか、ムーミンキャラのミーのレターセット、420円が168円とか、ゴム付きのA6ノート210円とかを買う。ゴム付きって、鞄の中でページが開いたりしてしまわないから便利なんだよね。自分でも作れるかなと思うのだけど(がつんと穴を開けて固定できるキットを持ってるのだ)、まだやったことがない。ノートそのものを作ってないし、需要があるのかどーか疑わしいし。

そんでハハと別れてそば屋へ。入ると同時に「かき揚げチェック」が習慣となってるのだけど、ないじゃん、全然!で、しゃーないなー、ABさん休みだしなー、と思ってたら振り場に呼ばれた。人がいないからデシャップ(盛り付け)とそば茹でをやれと言う。それはいーんだけど、かき揚げないっすよ、練り(かき揚げのモト)もないっすよ、と抗議したんだけどもちろん無駄。こっちだって人いないんだもんね。5時からの人が来るまでかき揚げは減る一方で、来たときにあった60枚(これはあたしらにとっては「もーない」に等しい数なのだ)は、20枚を切るところまで行ってしまった。うぎゃあぁ~!だ。もちろん5時組も「えっ、マジっすか!」状態で、『がんがん練って、あたしが揚げるから!』と、それからの2時間は揚げまくり。1時間しか寝てないOD君を励ましつつ(でも徹夜麻雀で睡眠時間が減ったわけだからあんまり同情の余地もないのだけど)、何とか7時までに240枚を揚げきった。(もちろん途中でどんどん持ってかれるわけで、実際に揚げたのはもっとだけど) この時間にこれだけあれば、あとは11時閉店まで何とかもつ。(冬は無理だけど) 7時過ぎても揚げることは出来るけどね。そーすると30分づつの休憩を廻せなくなってしまうのよ。なので必死。無事に終わってほっ。しかし何かくたびれたな、今日は。ちょっと肌寒くなったりするとこれだもんなぁ。

今日は新宿に出る前にちょっと豪徳寺へ。煎餅屋サンに委託してる分のカードを引き上げさせてもらったのだ。個展が終わったらまた持参するつもりだけどね。しばらく替えてなかったからいい頃合かもと思って。(でも引き上げはちーとばかし早かったかなぁ。別のを持参するか) DMをちょっと置いてもらってるのだけど、評判いいらしい。これを見て来た、なんて人がいたら嬉しいなぁ。
さーて、今週のそば屋はおしまい。ちぎり屋に専念するわよー。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-09-16 02:14 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156