ペンキ塗り再び とイベント用の新しいテーブル

いい天気だとは言えないけど、ペンキ塗り。昔100均で買った、ミニチュアのベンチひとつ分くらい余裕である、と思ってたペンキが殆どないに等しくて、でもまたこれを買いに行く気はもちろんなく、しゃーない、アクリル絵の具でも出すかなー、でもずーっと使ってないからカピカピかなぁー、と思いながらも動くのがメンドでペンキをかき出して塗り塗り。作りとしてはチャチだけど(10年以上昔と思われるので、いまほど精巧な、“マジ?これ100円で出すの?”な作りではない)、でも背もたれが微妙にカーブしてたり、脚部分がアーチ型になってたりと、実は結構細かかったりもする。ので、塗りの部分が意外にあり、最後にはもー「100円のペンキをしっかり使いきった」状態にした。ところどころかすれて下の焦げ茶色が見えたりしてるのだけど、でもこれは塗る前から“ちょっとくたびれた感じのベンチにしたいなぁ”と思ってたので、まあ悪くない仕上がり。ベンチを置くのは緑色の不織布(ってゆーんだっけ。よく花束なんかを作ってもらうときに使う布みたいな紙みたいなやつ)、さらにその下に英字新聞。昔はよくこーゆー「メチャ安価」な敷物で済ませたよなぁ。ちょっと懐かしい。

ベンチには革張りの非売品豆本、傍らに扉の開いた鳥かご、2、3枚の小さな羽根(ついこないだ拾ってきたモノ)、そして水溜りみたいな無色透明のガラスをいくつか散りばめた。素晴らしくシンプルで安価で安直。造花の黄色い花も含めて全て100円。(カゴは借り物だけどこれも100円) すっげーあたしらしーかも。
と、ここまで書いといて画像がない。申し訳ない。明日あたり?に出しますんで。

昨夜はグリーティングカードをせっせとちぎって作って、今日はその続き。とは言え、大小合わせて20枚もないかな。何だかばたばたと慌しかったので。買い物行って帰ってきたら土砂降り間一髪。日頃の行いの成せる技だわね。

夕方には千葉某所に行ってたリョーシンとオトート1号家族が帰宅し、途中のホームセンターで買ってもらった(もし立ち寄ることがあったらと頼んでおいた)、テーブルを見る。幅60センチ、長さ120センチ、高さ60センチ。持ち運ぶにはちーとばかし引きずるかなぁ、という微妙なとこだけど、悪くない。いままで(これまたかなり安価に)済ませてきたテーブルだけど、やーっと一新。作品の見映えもよくなるだろーし、三茶も厚木もこれで安心だ。毎年、アートイベントに出る度に“あぁ、いいテーブル買わなきゃ”と思いつつ、“でも来年も出るかなぁ”と思ってたりしたのでね。いやホント、お客さんには『また来年』みたいな話をしてるけど、来年は何してるかわかんないぞ、あたし、とかさ。電撃結婚とかありうるじゃん。ありうるんだよ、いま笑った人!
価格は2980円。5、6千円はすると思ってたのでちょっとびっくり。シーズン終わったから?何にせよ、ありがたい。YGママからの電話でいろんなタイプの話を聞かせてもらったのだけど、彼女が「イイと思う」と言ってくれたのがあたしが欲しいと思う形でもあったのでよかった。最後の1つだか2つだかだったみたいだし。しかしどーせ買うなら、も少し早く決断してればよかったなぁ。いつも「自分が見なくては」と思い込んでたからねぇ。

彼らが個展に来てもらえるかわからないので、ばばーんと「さらしちぎり絵巻」をオヒロメ。YGは「おおっ」と言ってはくれたものの、ぱっと見てぱっと去って行った…も少し感動してくれるかと思ったのに。ちっ。でも自分で言うのも何だけど「凝ってる部分」と「シンプルと言えば聞こえはいいけどさして凝ってない部分」の落差が“全体として見たときにどうなのかなぁ~”とちと不安になった。“ここはもっとこーしておけばよかった”とか“ここのシミを隠すためにちぎり絵の配置を工夫すべきだった”とか、見るといろいろ後悔が出てくるんだよねぇ。ただ、「いっぱい貼るとその分、布も引きつれてくる」みたいなのはあって、そのあたりのバランスもね、いちおあったりするのだけど。
あとでYGママに『貼る前に一度洗えばよかったのに』と言われた。まったくもってそのとーり。何かさ、「こうしよう」というアイディアが出たときに、ともかくすぐ試しに貼って、それが可能かどうか見たくなってしまったのだよねぇ。それがダメだったら別のこと考えなきゃならないからと焦って、すぐ着手してしまったってわけ。も少しちゃんと考えればよかった…でもさ、そんときは9メートルが途方もない距離に思えて“いますぐ始めなくては!”と思ってしまったってのもあるのだ。

そーそ、今日はペンキ塗りの他に、物干し竿(と呼んでる。さらし絵巻をひらひらさせるために用意した細い木の棒)をノコできこきこしたりもしたのだった。あぁ、うまく行くのかなぁ、この展示…そー信じて進むしかないやね。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-09-21 01:05 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156