豆本カーニバル

出店者受付は午前8時からで、入場は10時半。スペースとしては(何せ豆本なので)、幅46.5センチの5段棚と狭いから2時間半もかけて飾るほどのことでもないので9時20分くらいに無事到着。既に10人ばかり並んでた…だけでも驚きだけど、10時15分に主催者から『100人近い人が並んでいます。10分早く切り上げて入場させてもよろしいでしょうか』とアナウンス。どひゃあぁ~、そんなに並んでるのかー、と出店者たちはざわざわ…恐るべし豆本コレクター。参加作家サンたちから異議がなかったので10分前に開場。みなさんの目的はまず「100円がちゃぽん」。1人3個までなんだけど、2時間足らずで完売(らしい)。

一気に人がなだれ込んできたので、会場はすごいことになった。前回の「豆本祭」と同じ東京古書会館だけど、出店者はかなり絞られて26組。(だったかな) なのでブース間隔が以前よりかなり余裕があるのだけど、それでも人いっぱいで立ってる場所にも困るほどだった。
開始直後くらいに、背後のブースの人の『3500円と5000円で8500円になります』とゆー声が聞こえ、うわっ、すげー、あとでどんな絵本か見てみよう、と思ったけど落ち着いた頃(3時近く)には当然のように完売。してる人が続出してて、あとで唯一の知り合い作家サンのSK氏と『人が引いたら見てみよう、と思うところは本もないよね』と苦笑い。出店者がかなり厳選されてて(主催者判断で、「出たいのに出れない」人もいっぱいいたらしい)、『だからみんな安心して買うんじゃないか』とSK氏。なるほど。もっとも、「出店者が少ないから客単価が上がってる」という面もあるよね。いずれにせよ、そんな中に入れてもらえて光栄至極。

過去に何度か豆本市に参加しましたが、たった1日にも関わらず一番の売り上げでした、今回。ご来場の方々、本当~に感謝です!ありがとうございました。DMのお客さまは2人だったのだけど、代わりにいろんな方に見てもらえてよかったです。
一番売れたのは『都会の森で』とゆー500円のモザイクタイルの詩本。ワンコインてのが強いのだろな。(1ページ1行、1冊でひとつの詩、といスタイルがイイ、とも褒めらた。嬉しい!) 昨日、無理して作っておいてよかったー。20冊中、16冊。新作の『退屈な天使が』は20冊中10冊、を目指してたけど6冊。びみょー。でもがんばった方かな。あの表紙、意外に目立たなかったな、とちょっと反省。(やっぱちぎり絵の派手さには負けるのねー、ははは) タイルの上に丸い顔のぼんぼんが付いてる、持ち上げて読む絵本「Rainbowl Book」はなかなか好評で7冊中6冊。春の豆本祭りではゼロでいささかショックを受けてたので“やっぱいーんじゃん、これ!”とちょっと自信回復したです。個展のときも評判よくて、イケるかなと思ってたけどね。個展後にも少し追加できてたらもっとよかったんだけど。

とにもかくにも無事終わってよかったー。いやぁ、しっかしホントにくたびれたです。終わったあと打ち上げがあって、すっごく出たかったんだけど、体力限界…5日後には三茶が控えてるしね。帰宅して夕飯食べたら清算もせずに小一時間ほど爆睡。ちょっと目を閉じただけなのに1時間も経ってる!と思うくらい熟睡してました。

あまりの混雑に、たった26組でもほっとんど人さまのブースを覗けなかったんだけど、みなさんものすごく丁寧に作りこんでて、“え、その価格で売るの?!”という豆本がいっぱい。あたしのなんて単純そのもの、子供の自由課題の延長みたいなモンだもんだとちょっと反省。(でも和綴じの布豆本を300円じゃ売れないですぅ~。あんなにキレイに仕上げられないし、出来たとしてもその単価じゃ無理!) 
いろいろ思うことアリ、勉強することアリ、の充実した1日だったなぁ。最後にはかなりヒヤヒヤだったのが、適当にいっぱい作った(つもり)の、タイル本やボトル入り豆本のためのエアパッキンの小袋と豆本用の紙小袋。どちらも残り3、4枚、というところで終了時間になり、“ふぅ~”だった。買ってもらったものの、袋ナシじゃサマにならないもんねぇ。

次の機会もいただけるとしたら、ワンコイン(500円)の本と一緒に、単価2~3000円のモノも作ろう、とマジで思った。どんな仕様とか、なーんも考えてないけど、そうやって(ちぎり絵だけでなく)、進化してかないとね。
今回、年配のコレクターさんから「オリジナリティ」を褒められたのと、福岡の豆本展でお世話になった方から『初めて見たときの衝撃は忘れられません。ちぎり絵?しかもタイル!とダブルの衝撃でした』と言われたのがすごく嬉しかった。この路線で進化して行きたいと思ってますんで、今後もよろしくです。

さーて、再び熟睡!の前にアイス食べて何かちょっと観よっと。ドラマは無理だから(1時間も見てらんない…)、やっぱアニメだわね。そんで明日から三茶に向けて発進するのさー。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-10-12 01:33 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156