雨でも衣替え と今季のテレビドラマ

いい天気には程遠いけど、礼状の到着が明日とゆーことなので衣替えをすることにした。ホントは一気に洗濯もしてしまいたいのだけど、どうやら週末まで晴れないみたいだし。
あたしが住んでる区では、年に2回、古着回収がある。全部まとめて出して、あちらで「リサイクルバザー用と雑巾などのハギレ用とに仕分けてくれるので結構ラクだ。(加えて今回から「ベルトや帽子もOK」となった!帽子か~、いっぱいあるぞぉ~、出せるかどーかは別としてだけど) あれこれ選り分けつつ、着ないくせに“もしかしたら今年は着るかも…”みたいなのがあって、毎回毎年悩んで結局処分できなかったモノもいくつか出すことにした。出せないのもあるんだけどさー。
困るのが、まだ傷んでないし履けるスカート。何で履かないかっつーと、「似合う帽子がないから」。ばっかじゃないのー、と思うけどさー、しょーがないじゃーん。いつ「似合う帽子」を見つけちゃうかわかんないわけだし。(と言いつつ何年だ?)

問題は、この古着回収の日。この日は以前から計画してた家族旅行の当日。回収は「9時~11時半」と決まってて、出してすぐ出かければ大丈夫かなと思ってるんだけど、もし無理だったら来年春先の回収の日まで待たないといけない。微妙なんだよねー、この時間。チチの歩行がもーかなり危ういので、ウチからタクシーで駅まで行くことにしてるんだけど、駅に辿り着いてから目的の車両までの距離がちょっとあるから、時間がどれくらいかかるか見当もつかない。ま、下見には行くつもりしてるけどさ。

昨日の深夜、やーっとドラマ『SPEC』を観た。かつて(10年くらい前?)にやってたドラマ『ケイゾク』にハマってて、その脚本家と監督の作品なので、どーかなーと思ってたのだ。
で、観た感想は…んんー、まーまーかなぁ。『ケイゾク』は、IQがメチャ高いけど天然ボケのダサダサ女(中谷美紀)と、ズボラでてんでやる気がないように見えて実はしっかり切れ者の刑事(渡部篤朗)のコンビがよかったのだけど、主演2人のキャラをそのコンビに似せすぎな気がしなくもない。加瀬亮が元特殊部隊の雰囲気をきっちり出しててよかったのだけど、どーなのかなー。と言いつつ観るだろな。「SPEC」とは、人がその脳味噌を10%しか使っていないいまの状態で、「以上の能力を発揮できてる人の領域を指すらしい。つまるところ、超能力とか超常現象を扱うことになるのだろーけど、『Xファイル』みたいになってくのかもね。アレもよく観たけど、アメドラってちゃんと終わってくれないから、シーズン3とか4あたりで辞めてると思う。いまさらどう決着したのか興味ないし。(つーか「決着」にはならんよな、このテの話は)

もひとつ観てるのが『Q10』。いや何となく。佐藤健、結構好きだし。そば屋のOD君は主演の女の子のすっげーファンで(そんなにイイとも思えんけど、「直球ストライク」なんだそーだ)、こないだはそば屋で『きっとラストはこー終わるんだぜぃ』『うわっー、すっげーあり得そぉ~!』と盛り上がってしまった。タケル君、いいよねーと言ったらば『オレ、あっちゃんしか見てません』ときっぱり。ま、いっけどね。あのシーンがどーしたこーしたと言われても、所詮「ロボット役」なので、イイのかどーかよくわからんよ。にしても白石加代子が出てるとはちょっと意外。いまのところフツーのお母さんだけど、彼女の見せ場もぜひぜひお願いしたいわー。

特に何をしたってわけでもないのにくたびれてる気がするのは、ここんとこの疲れが出てきてるせいかね。ともかくあつぎまでは倒れたり風邪ひーたりしないよう適度に休んでこっと。ブックカバー展と蔵スマス展にも備えなくてはならんしね。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-10-22 01:05 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156