じゃり銭の行方 とどの絵本を間引く?

礼状書きをしてて、ふと“あれ、名前ないけど〇〇さんも来てくれたよなぁ~”とか思うことがあり、慌てて追加したりしてた。友人の友人で、名前だけで住所の記載がない人のことを問い合わせたり、結局結構な時間がかかってしまった。DMで来てくれた方は名前だけでもOKなんだけど、困るのがその次に書く人。どーも心理として「上の人の書き方にならう」みたいなのがあるらしく、新規のお客さまなのにコメントと名前だけとかあって、ちょっと悔しい。『最初に書く人って責任重大だよねー』とは、個展に来てくれた友人の弁。何行使ってくれてもいいのに、最初の人が1行だと、なぜかそのページはみんな1行だったりするしさ。1人1ページの芳名帳を作った方がいいのかなぁと思ったりした。単語帳みたいな。〒マークを入れておくと、大抵は住所を書いてくれるしね。ギャラリーの企画展とかではそゆことするんだけど、個展だと自由に書いてもらおーと思うからやんないんだよね。絵付きで、1ページまるまる使ってくれる人もいるし。

どーでもいーけど寒すぎないか、今日。昨日布団干しといて正解だったわ。
午後、ハハに付き合ってウンクロに買い物に行った。(チチの散歩用の超軽量ダウンを買うため)、混んでた。何であそこはいつもあんなに混んでるんだ?って、たぶん来てる人がみんなそー思ってるんだろーけど。の割には、欲しいと思うモノがそんなにないよねー、とハハと言いながら帰宅。(でもひーとてっくを1枚買ってしまったけどさ) 週末限定価格ってのもあるかもだけど、「煽られてる」って感じがして好きになれんなぁ。

帰宅してから、パンと珈琲豆を買いに再びオデカケ。今度はチャリで、あたしだけで。無事礼状も書き終えたので、ついでに本屋をぶらぶらしたりして、でも結局何も買わないで店を出た。ら、雨!しかもかなり降ってる!ふぇ~ん、寄り道するんじゃなかったよぅ、寒いよぅ、冷たいよぅ、とココロで半ベソかきながら帰った。本屋で特に欲しいモノがなかったから、ついでにも少しふらふらするつもりだったのに。

机の上には、財布に入りきらなかったジャリ銭がまだ結構ある。出店すると100円、500円の「小銭大臣」になるのだけど、今回は3つ連続したわけだから半端ではない。「釣銭」として常時(出店用の財布に)100円20枚、500円6枚を残しているのだけど、それを別にしても…いくらあったのかなぁ。ハハにおごったランチ2000円は500円4枚、礼状用の切手2000円は全部100円、コンビニで買ったアイスもコピーも煙草も宅急便も家族分買った蒸しパンもみーんな100円で出して、まだあるってのは…100円500円だけで1万円はあったってことだろーな。普段はこういう「出店利益のジャリ銭」は、「何でも好きなモノを買う」お金なんだけど(お札に手をつけるときはもっと慎重)、今回は何だか…何つーか「血税」みたいな気分?100円玉1枚にもキモチがこもってるよーに見えるとゆーかね。そんな感じなのだ。まーこんだけ小銭が多いってのは100円くじの影響もあると思うんだけどね。個展と三茶の2ヶ所で5600円だもん、侮れんよね。小銭も立派な「売り上げ」。ココロして使わせていただきますわ。

個展直前あたりから、ずーっとほったらかしてあった「作家出納帳」にあれこれ収支を書き込んでて、個展のときは、通常の「1日いくら」ではなく、全日程で「雑貨・絵本・額」の3つに分けて書き込むのね。(こーれが1日ごとでいくら、と出た金額と合わないでさー、まいったよ) 書き写しながら、こりゃイカンよなと思ったのが絵本。全部で15品目にもなってる。革豆本は4種類だから、それを個別にすると18品目?!いくら何でも増えすぎだわね。ちょっと間引かないと。(と言いつつ、豆本カーニバルでまた1つ増えたのだった…) それで何を間引くのか、でまた悩むんだろーなー。しばらくは考えないつもりだけど。だって疲れるじゃん! 出店内容についてあれこれ考えるのはも少し先よ、先。いま考えるのは次回出品作のみ!そろそろクリスマスだしね。

寒くなってくると「揚げ物嵐」だなーとぼんやり思いつつ、礼状と作品発送と出納帳記入を終え、ふーっとひと息。あとは「夏の帽子の陰干しと洗濯」だなぁ。いつできんのかなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-10-25 00:23 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156