あつぎアート楽市 最終日 転身?と手相と老眼

長くてしんどい1日だった…つっかれたぁ~っ!とでかい声で叫びたい気分。帰宅したのが7時過ぎなのだけど、それから30分でも寝ておくんだったと激しく後悔してるところ。そしたらちょっとはすっきり気分で書けてると思うのだけど。

昨日に続き、今日もいい天気だった。陽が陰ってくると肌寒い感じはするけど、直射日光がモロに当たってるときは目が痛くなってくるほどだった。肌がちりちり焼けてるのがわかるとゆーか。
で、こんなにいい天気で人も決して少なくはないのに、この数字!てとこで頭痛くて疲れて泣きたい気分なのだ、いま。ここまで悪いといっそ清々しい?てなモンですらなく、マジで「転身」の2文字が脳裏をよぎったくらい。記憶にある限り2番目か3番目くらいのひどさでは?と思ったりもしたけど、4月のイベントや7月のカッパ展では赤字出してるわけで、それに比べればマシな方か…でも「出店費、交通費引いた黒字は3桁」って、どー考えても既に「黒字じゃあない」っしょ。5桁はいかないと…ねぇ。
てなわけで現在がっつり凹んでる真っ只中なのでした。

なのに昨日ガラス作家ID氏の時計を買っちまったことについて、友人から『それはよかったね』というメールが入ってた。『買いたいものは買っておかないと』って。ま、大抵の人がここは突っ込むところでもあるんだろーけど、でもこー言ってもらえると嬉しい。やっぱ買っておいてよかったんだー、と思えるし。3日後にゃ給料日だしさ!定期収入ってほんっっっとにありがたいよ。そばもそば屋もいー加減マジ飽きた!なんだけどね。

「転身」を考えたってのは、売り上げの悪さを嘆いてたダンボールはがきのTM氏が、いま写真に凝ってて、どこだかの賞の100万円を狙ってる、とゆー話を聞いたからなのだ。あたしは自分の写真のヘタレさってのをじゅーぶん承知してるのでそっちは無理だけど、文筆賞金狙いってのも悪くないなー、とね。ちと夢想してみたりしたわけ。イラストや写真とかよりはちょっとだけ勝手がわかってる(つもり)だしさ。昨日、CKちゃんと喋ってて『もう書かないの?』と聞かれて『うーん』だったのだけど(そーいや個展のとき、ガクセイ時代の友人のMKにも言われたなぁ)、すっぱり辞めたとか筆を折ったとかゆーことではないので、気分が乗ったらがーっと一気に書き上げたい。今日みたいなドンゾコ気分のときに賞金狙いで一発、てのはちと動機が不純だけどさ。

そーそ、今日はちょっと惜しいことした。夕方になって、帽子を売ってるおばあさん(と呼んだら失礼なのかな…でも看板にそー書いてあったしな)の隣でおじいさんが手相、人相を見てる、とB級サンに聞いたのだ。もっと早い時間だったらちょっと見てもらえたのに残念。看板には「あなたの今後を占います」とあり、1000円という料金だからというのもあると思うけど繁盛してたのだ。B級サンによると、評判もいいらしい。以前友人から『あまり落ち込んでるときに占いをしてもらったらダメだ』と言われたことがあって(何を言われても信じてしまうからだそーだ)、それもそーかなーと思ってたのだけど、「今後どうすべきか」ってやっぱりちょっと見てもらいたいんだよね。いちお「天下取りの手相」なんだけど、あたし。『それっていつ?ねぇいつ?』とB級サンににこにこと突っ込まれたけど、ンなこたーこっちが聞きたいわい!どーでもいーけど、同い年のくせにやたらと『もートシなんだから』を連発するの、やめてくんないかね。気分が老け込むじゃんか。

お互いにまだ老眼じゃないのだけど、『そのうち来るよねー』と2人で言い合ってて、『どっちが先に老眼になるか競争しよっか。先に老眼になった奴が奢るんだ』と言ったらば、『それ逆じゃないの?』と言われた。そーか?逆か?先に老眼になった方が奢ってもらえるのか?どっちでもいっけどさー。来年あたり、どっちかが老眼になっててもおかしかないやね。さてどっちが先だろね。
明日から取り掛かる「ブックカバーと絵本展」に備えるべく、帰宅してから猛然と片付け始めた。だから頭痛がするのかー。さっさと風呂入って寝よっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-11-08 00:43 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156