旅仕度 と書籍発送 と手製洋封筒

何か今日は「お休みだったなぁ~」とゆー気分だった。ちょろっと作ったりしたのだけど。明日からの1泊旅行の準備をしたり、帽子はどんなんがいっかなーとあれこれ見たり(仕度はこっから入るらしい…)、ちょっとお使いに出たりしてた。今日くらいの天気だといーね、とハハに言ったらば、当初の予報は外れていい天気になるのだそーだ。おおっ、紅葉も見ごろだといいなぁ。

友人らに返す本だの貸す本だのを昨日詰めておいたので、発送に出かけた。「書籍扱い」にしてもらうために封はしないで、中身が見えるようにビニール、もしくはサランラップ。これ、送ってくれた友人がやってたやり方なのだけど、もらったときつい「うまい!」と唸ってしまった。これだったらサイズを問わず、キレイに保護できるもんね。ま、あたしの場合は「キレイなビニール袋もとっとく」ので、サイズに合わせて選んで使ってるんだけどさ。

ひとつは3キロをオーバーしてしまったのでゆーぱっく。単行本9冊は普通便だと1140円だとかが、書籍扱いで590円。なんだけど、これたぶんゆーぱっくにしたら600円とか700円とかだから、期待するほどの差はないねぇ。だったらいろんなモノ(お菓子とか天ぷらとか)一緒に詰めてゆーぱっくの方が喜ばれたかもだなぁ。で、もひとつは文庫1冊で、普通だと240円が210円。ま、よーは「ゆーぱっくにするかしないか」な差で、それほどの大きさでなかった場合はこっちの方がお得、ってことか。30円くらいだけど。計4件送ったので、部屋はだいぶすっきりした(気分)。戻ってきたら怖いねぇ。ずーっと貸したまんまの『ギャラリーフェイク』全巻、戻ってきてももー場所がない感じだし。

旅行の仕度を整え、少々の余裕が出来たので、封筒作りに励んだ。カレンダーをただ中央で張り合わせるだけの簡単封筒ではなく、洋型の、3辺を折る形にして作るやつね。英語やその他の言語圏の雑誌ではなく、日本の雑誌で作ってみる。(紙質は断然こっちの方がいーのだ。ウケは英語圏の方がイイのはわかってるけど) えーと、「エル・デコ」とか、そんなよーなの。もらいもんだけど、写真は素晴らしくキレイで(やっぱ女性向け雑誌は華やかだ)、しかも写真そのものが大きいので「日本語が入らないよーに」作ることができる。洗練された海外の家具や調度品、ガーデニングというより庭園といった趣の庭、カラフルなデザインの調理器具、そして食欲をそそる料理の数々。作ってるうちに楽しくなって(セカイドで購入した封筒用テンプレートはスグレ物だ!)、あっちゅー間に20通。今度ちょっと、わざと日本語記事が入るような形で作ってみよう。お客サマの反応はどーだろか。

明日はリョーシンとオトート1号家族と川治温泉へ。そしてそこでオトート2号家族と合流。2日めに東武ワールドスクエアに行くつもりしてるんだけど、あとは(温泉以外は)何も決まっていない。リョーシンは地図を見たり、代理店からもらったパンフを見ながら検討してた様子で、そこへYGママから、YGの希望が伝えられた。
『ここへ行くんだよ、と地図見せて「どこへ行きたい?」と言ったら、「ダム」だって』
……ダムか。渋いな。つーか渋すぎないか?近辺にあれほどテーマパークから美術館から、あれこれ観光名所がいっぱい詰まってる地図を指して「ダム」か。4年生ボウズの発想たー思えんな。笑えるが異議はない。何か、どこ行っても人多そうな感じだしね。ダムなんて結構穴場かもだし。もっとも、彼の言い分がとーるかどーかは明日の車中会議によると思うけど。

ま、ともかくそゆわけで、明日はブログはお休みです。日曜の夜には帰宅するので更新もできるはず。ハハに『ムックは連れてった方がいいかなぁ』と言ったらば『当然でしょう』と言われたので彼も同行。旅日記、お楽しみにぃ~。
ではでは、行ってきますです。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-11-20 00:33 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156