柳沢発送、横丁搬出 しょぼんしゃぼん

柳沢に送る分を詰めて、ついでにダンボールの横っちょにムックを貼ったりして(旅行代理店のパンフを「切った」やつ。ちぎろーかと思ったけどさすがにその余裕はなし!)、発送しに出かけた。ゆーぱっくに限らないのかもだけど、最近「中身は何か」の表示がうるさい。天ぷらと書くのは恥ずかしいので「食品」と書くと「具体的に何ですか」とか聞かれるし。で、案の定『クリスマス雑貨とは具体的に何か』と聞くのでしばし応えに詰まったら『タオルとか?』と言われた。
タオルぅ~?
何でクリスマス雑貨がタオルなんだ?「雑貨=タオル」なんだろか。同年代よりちょっと上?くらいの女性なんだけど、この思考回路はちょっと不思議。つーか、がつんと(?)突っ込んでやりたかった。が、いい「突っ込み言葉」がするりと出てこず、『カードです』と返事。でもそれだけでダンボールひと箱は大きすぎるかと思い、『ツリーなどの什器とか』と応える。什器という単語の意味がわかったたー思えんな。しかしこうやって「具体的に」書かせることにどのくらいの意味があるんだろーかと思うね。テロ対策とかかもしれないけど、本気でテロする人が「爆発物」とか書くわけないじゃん。ガスコンロとか花火とか、一見危険じゃないけど送っちゃまずいモノに対して無知な客への対処、てとこなんかな。
でもさー、思うわけよ。プレゼントを送るのは「それが何かびっくりさせたい」ってのもあるから、そゆとき具体的になんか書きたくないなー、って。まだプレゼントを送ったことないけど。でも天ぷらは送るたび(書かされるたび)、こっ恥ずかしい思いをする。のがむかつくんだよね、自分で。

ま、んなこたーともかくとして。
今日は『ブックカバーと絵本展』の搬出。「欲はかかん、せめてとんとん」と密かに祈ってたのだけど、やっぱり赤字…しょぼんしゃぼん。あ、何かいいな、このフレーズ。「しょぼんとしてもしゃぼんみたいに消しちまえよ」みたいなニュアンスに…なんないか。そもそも「しゃぼんて何ですか」とか聞かれそーだ。
オーナーに次の展示会予定を聞かれたので、今朝、柳沢に発送したのだとDMを渡したら『もしかして徹夜?』と言われた。「ぎりぎりまでちぎってる」イメージがあるんかな。否定はしないけど、さすがにこのトシで徹夜はしませんて。しないで済むよう算段するっすよ。

売り上げのことでへこたれててもしょーがないので、気を取り直して「あとれ」に入った。その前の「ろんろん」のときもよく利用してたわけではないので、何がどー変わったのかよくわからん。店はだいぶ入れ替わったのだろうと思うけど、みんな似たりよったりな気がしてね。
来週会う友人の誕生日プレゼント(ってとっくに終わってるんだけど)を探してたのだけど、この時期はクリスマスものばっかでしょーもない。あたしは12月生まれなので、「誕生日プレゼントはクリスマスグッズ」をイヤってほど経験してるから、これだけは避けたいんだよねぇ。ちょっと目先の変わったスグレモノ雑貨みたいなのを探してたんだけど、結局いいと思うものを見つけられなかった。残念。具体的に何、と言えないモノを探すのって難しいやねぇ。

それから新宿に出て、知人の知人、つまり他人つーか、ともかく初対面の人と会って、知人も含めてしばし歓談。椿屋珈琲が新宿にもあることを知らなかった。銀座では何度か利用したけどね。ハイソな珈琲(1杯880円!)を飲ませるとこなのだけど、その分ゆったりはできる。味はまぁ…やっぱ880円は高いな。でもあたし、喫茶店で「〇〇珈琲」というような、コーヒーを漢字で表記してる店に弱かったりするんだよね。隣の席では白髪のお婆さんが若いムスメたちにとーとーと説教…とゆーか、何やら指南してた。ありゃどー見ても「占い師」。カードの類はなかったので、たぶん手相。なるほど、こういうところで仕事してるわけかぁ。でも路上で見てもらうより落ち着けるし、怪しげな店に入るより安心、かもね。
来月、ちょっと手相を見てもらおーかなと思ってる人がいたことを思い出した。忘れないよーにメモっとこ。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-11-30 01:48 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156