『もしドラ』のデジャ・ブ?

昨日だったか、今年の書籍売り上げで文庫の第1位が湊かなえの『告白』で(処女作とは思えないおもししろさだった、納得)、書籍の1位が『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』だったと知った。へへぇ~、ちょっと驚き~。だって『IQ84』より売れたってことだよね?どっちも読んでないので比較も何もできないのだけど、この『もしドラ』(って略してるのねー。しかもさっき“正確には何てタイトルだっけ”と思って「もしドラ」で検索したら公式HPまで出来てた!)、実はちょろっとだけ立ち読みした。

これは端的にゆーと「すごくわかりやすい経済学入門」。野球部の女子マネになった子が、「マネージャーとは何をすればいいのだろう」と思って買った本が、ドラッカーの「マネジメント」で、ありゃりゃ勘違い、とは思わず(考えず)、「マネジメントとは管理すること。ならどうすればいいのか」をこの本を手に野球部で実践する。部員が社員なら、顧客とは誰をさすのか、個々の連携をスムーズにするにはどうしたらいいか、目標(ここでは甲子園)を達成するために「マネージャー」は何をするべきか、云々。で、彼女は迷う度にこのドラッカーの本を開いて管理者(=マネージャー)の成すべきことを学ぼうとするわけだ。
さらさらっと読んでて、既視感みたいなのがまとわりついてきて、これは何だ?と思ってはたと思い当たった。10年、いや20年くらい前にえらく流行った、『ソフィーへの手紙』だ。表紙は童話風。でも中身は「すごくわかりやすい哲学書」みたいなやつ。この『もしドラ』も、表紙はものすごくイマドキな、ある意味萌え系の絵で、話そのものは単純ぽい。けどそれなりにきっちり書いてる経済学入門。なるほどねぇ~。どっちの本もこの表紙でなければ売れなかっただろーな、と思えるあたりも似てる。だから何だ、と言われたら返す言葉はないんだけども。いや何となくね、“おおっ、そーか”と思ったので。

電車の中吊り、じゃなくてステッカー広告で、この『もしドラ』がアニメ化決定と知った。さっき公式HPを見たら、今月から漫画連載が始まるのだそーだ。何だかな…何かがちょっと流行ると、「おんぶにだっこ」みたいな現象が定着しつつある感じだな。

そば屋出勤前にセカイドに立ち寄った。欲しかったポストラベルがあったので、躊躇なくオトナ買い。(っても6部だけど。1つに20入ってるから、120枚になったわけだ。当分もつな) 普段だったらそこからABCへ行くのだけど、先日もらったDMにあったセールは3日から。なのでセカイドも明日行こうかと思ってたんだけどねぇ~。とりあえずこっちだけ明日に持ち越すことにした。天気次第かな。これを書いてるいま(1時45分)、外は土砂降り。明日も雨という予報だったのだけど、帰宅したら『23度になる』と言われてびっくり。異常気象再び?嫌だねぇ、どーなるんだ、今年の冬は。
チケット屋へ図書カードを買いに行った。ささっと見て、一番安かったのが95%。甥と姪のクリスマスプレゼントは本と決めてるので(あぁ、でも誕生日プレゼントが決まらない~!)、自分の本代も含めてと思って2000円のカードを3枚購入。5700円。ま、こんなモンか。

おおっと、雨が激しくなってきたなぁ。今日で期間限定の天ぷらはおしまいで、アホかと思うくらい余った天ぷらを持ち帰ったときはまだ小雨。いいときに帰ってこれた。あのクソ重い天ぷらでずぶ濡れだったら悲惨だった…ウチで食べる用ではないからね。
そして明日から新メニュー。やだなぁ~、メンドくさそぉ~。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-03 02:01 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156