ちぎり屋のサガ と劇部忘年会 と新春企画のお誘い

何だかふあふあした気分で書いている。酔ってないけど、強いてゆーなら「ジュース飲みすぎた」かもしれない。寿司から始まってピザ、サラダ、ジャーマンポテト、から揚げ、ナポリタン、かつサンド、そんで炒飯…飲みすぎじゃなくて食べすぎだ、しっかり。最後の炒飯がしんどいけど、ここのはちょうどいい味とゆーか、ともかく美味しいのだよねぇ。これなくして〆られないっつーかね。
あ~、くるしぃー。

夕方まではせっせと「ちぎり虫」してた。蔵’mas用のオーナメント…のつもりが、な~ぜか、ペンダントヘッドに…昨日、革のチョーカーを買っちゃったせいだわね。1.5×1.5のタイルの中にクリスマスツリーとかリースとか靴下とプレゼントとか。このタイルのピンチ(2個300円)を作ってるので、柄が一緒じゃつまんないなーと思って、さらにちょっと凝ってみた。しっかり爪を立てて、リースに星とリボンつけたりして。最近、「凝れば凝るほど「ちぎってる」とわかってもらえない」モンだとゆーことが身に染みてきてるのだけど、だからって辞められないのよね。ちぎり屋のサガと言えばかっちょいーかもだけど、アホなだけかなと思ったり。ともかく「老眼まで」ってことで。(今日の忘年会もさんざんその話になった。あたしゃまだなんだけど、もー時間の問題だとつくづく)

ヘッドのあと、立体のクリマカカードをさらに作るつもりで、なぜか封筒作りに。とゆーのも、封筒は数作ってあるけど、も少しクリスマスっぽいのがいいよなー、と思ってしまったので。どうせなら赤とか緑が入ってる封筒がいいでしょ。上半分が赤、下が緑、中央にでーんとしたクラブハウスサンド、みたいな広告を見つけて嬉々として作り、それからまた外国雑誌をぱらぱらしてて、ばっちしナイスな広告を見つけてしまう。やや鈍色の赤い中にどんと立つ真っ赤なタバスコのボトル。だけなんだけど、タバスコってなぜかボトルの首周りが緑色のラベルじゃん。つまり封筒を作ると、赤い中にちょっとだけ緑が入ってて、えらくかっこいい感じの仕上がりになったのよ。もーそれだけでほくほくはっぴー。タバスコの広告はこれだけだから、レアっちゃーレアよね。自分で使っちゃおっかなー。(うそ。ちゃんと売ります)

そんで夜は、毎年恒例の劇部忘年会。高校時代の演劇部連中が集まる、ちょい早めの忘年会で、今年は例年よりやや少ない人数だったのがちょっぴり残念。みんなと顔を合わせるのは年に1度のこの日だけなので(だから帰るときは『また来年の忘年会で~』なんて挨拶になる)、去年の話の続きを聞いたりするのも楽しみのひとつ。ジュークの女の子と付き合ってるんだかいないんだかのS先輩は残念ながら欠席。『友人の子供だから迂闊に手を出せない』とか何とかのたまっておきながら、しっかり付き合ってるよーだった。だって欠席理由がその子とのデートが優先、なんだもん。去年は犯罪者扱いされてたS先輩。来年の忘年会ではどーなってるのでしょーかー。

個展のときの写真(集、と読んでも過言ではあるまい)を取り出してみんなに見てもらう。写真を撮ったKNちゃんも同じ劇部なので(残念ながら欠席だけど)、『被写体じゃなくて写真家の腕だよねー』と妙な自慢。さらし絵巻を持って来てくれるもんだと思ってたらしい一部の人間に『買ってくれるならどこへでも持ってくぞ』とか脅しつつ(?)、わいわいとお喋り。個展からちょうど2ヶ月経ったわけだけど、何か半年とか1年とか昔のよーな気分だった。その後がちょいと慌しすぎたせいかな。(そんでまだ渦中にいるわけだ…)

帰宅してPCでぼーっとしながら「そりてぃあ」してたら、メールが入った。横丁ギャラリーさんとコラボしたトウキョウジョウさんからで、新春企画展のお誘い。うっわ、魅力的すぎる!だって過日の「ブックカバーと絵本展」で、ちょっとコラボりたいと思った、ダンボールのリングノートを制作してる堂地堂さんの店での企画展なんだもん。うぅ~、断る理由が何ひっとつない。のでやります。ホントは「3月の2人展まで何も入れない!」つもりだったんだけどね。お誘いいただけるうちが花ですもん。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-05 01:44 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156