ボロ市で手相

今日は年2回(毎年12月と1月の15、16日。曜日は関係ナシ)のボロ市開催日。地元とゆーこともあり、また友人作家さんが出店することもあって1度は顔を出すようになったけど、「掘り出し物を探す市」としてはあまりにも有名になりすぎて(つまり人が多すぎて)あたし的には魅力が薄れてた。何かね、ただもう「歩かされてる」感じで、ゆっくりじっくりモノを見たり店主と会話したりということができないのよね。

でも今日は早起きして(って9時だけど)、行ってきた。あつぎのアート楽市で出店してた帽子作りのおばあさんの旦那サマが「手相を見てる」というので(しかもそれが安価で当たるとゆーので)、それはぜひ見ていただきたい、と思ってたのだ。
10時過ぎには到着してたのだけど、探すのに結構手間取った。どーしたもんかと思いながら、次の目的でもあるガラス作家のIDさん(あつぎで時計を買わせてもらった)に差し入れして、手相の話をした。思ってた場所と違ってたけど、ちゃんといる、ということがわかってほっ。11時には無事に辿りつくことが出来た。(しっかし何だろね、この人込みはぁ~。ボロ市の開催は11時だってのに“9時から始まってるの?”みたいな状態だった…)

おじいさんの開口一番の台詞がこれ。
『こまかいことはさておき、まず言いたいのは「バランスがすごくいい」ということだね』
ここでそのバランスとは何の、と主語を尋ねればよかったとあとで思ったのだけど、続けて生命線、才能線、情愛線の話になったので、この3つのバランス、ってことだと思う。『100年じゃ足りない、もっと生きる』そーだし。(チチと一緒で生命線は手首まで行ってるのだ) 生命線が二股に分かれてるのは『人はもっと若いと見てる、本人もそう思ってる』んだそーで、その二股部分の色の変化に注意しろ、ということだった。ここの色が悪いと内臓疾患の恐れアリ、なんだそーだ。へへぇ~、手相って便利ー。

『何でもそこそこできるが、プロではないね』
あぁ、言えてるかもぉ~プチショック…芸術線が月丘(右手左下の膨らみ)にかかってないと「プロとして」やっていけるほどではないらしい。あと2センチ!
『どこかに従属するタイプではない、一匹狼。年をとるほどに部下に慕われる』
『すごく冷静、クール。何ごとも慎重だが、一度やると決めたものは必ずやり通す』
『右手左指が「自分」。薬指が旦那さん。中指の先がわずかに薬指に寄りかかっている形なのは、旦那さんを信頼している証拠。子供(小指)の先端もわずかに薬指にかかっている。すごくいい子供で、父親を慕っているということ』
と、ここらまできて、自分が未婚であることを告げると、ものすごぉーく驚いてた。どーも30代半ばで「結婚してる」はずだったみたいだ。『結婚という形をとらなくても、同棲とか、とても近しくしていたとか…』と言うので、心当たりがないことを伝え、『てことはもーダメなんですかねぇ…』と呟いたら、それは否定してもらえた。(ちょっとほっとしたりして) 
『恋愛に熱中するタイプではないね。慎重だからすぐには飛び出せない。こっちの線がもう少しはっきりしてここまで伸びたらいい人が現れたということだよ』
う~む…ンなこと言われたら誰かと出会うたびに眺めてしまいそーだな。違いがわかるんだろか。

おばあさんの帽子テントの後ろの狭いスペースで(手相は「売り物」ではないから大々的には出来ないらしい)、膝を付け合せるような形で見てもらっていた。当然、2人とも前かがみで。一通り見てもらったあと、おじいさんが顔をあげたのであたしもならった。おじいさんがあたしの前髪をそっとかきあげる。
『「男眉」だねぇ、いいねぇ』
『男眉、ですか』
『そう、普通女性は眉が先端から細くなっていくけど、男眉はそうではない。人に慕われ、情が深い。先端が細くなってく人は、最初はよくても晩年は…という人が多いんだけどね』
と言って、今度は耳。
『おおっ、これも「男耳」だ。いいねぇ~(褒められてばっかだ…)、溝がしっかりして立っている。一匹狼タイプだ。旦那さんはここが平らな方がいい。八方美人だけど、言うことを聞いて支えてくれるよ』

再び手相。
『仕事線のところがちょんちょんといろいろあるんだけど…』
『あ、パイトとかパートとか派遣社員でいろいろやってるんで、それでじゃないですかね』
『なるほど。50代半ばあたりの線が一番しっかりしてる。ここらで落ち着くね』
『そうですか…実はいまの仕事ってどうなのかなぁと思ったりもしてたんですが』
『がんばって続けるといい。大器晩成。年をとるほどよくなるよ』

時間にして約40分。いいことばーっかり言われてた気がする。手相ではなく「手」そのものも見て、『いいね、いい』を連発。形、色、肌、爪、そしてパランス(指の?)がいいらしい。ありがたいことだ。あとになって、どこを正せとか、何に注意しろとか、あーした方がいい、こうすべき、みたいな忠告(?)を何ひとつもらわなかったことに気づいた。現状維持、でいいのかしらん。そこんとこ、もっと突っ込むべきだったのかな。

あぁ、長い…すみません。これでも割愛したつもりなんだけど。
今日はそば屋。激震。帰宅しタメ息。こちらはまた明日ってことで。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-16 02:11 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156