クリプレ失敗 とスキャナー初始動

いちお予定どーり、「カレンダー&ポストカード展」の作品を完成は出来た。途中、お使いとか宅急便(お歳暮?とは言わないな、「着払いで」と頼まれたモノ(もちろん天ぷら!)だから)を送ったりしてて、完成は午後3時あたり。さてまず机周辺でも片付けるかね、と思ったけど、あちこちに散乱してるチラシの端とか完成したものの使わなかったのとかをまとめたり、賀状に入れる「ちぎり」をしてるうちにずんずん時間が経ってしまった。

ともかくそんな中、オトート2号から電話。22日にメール便で送った、姪っ子へのクリスマスプレゼントが今日届いたのだと言う。あちらは大雨とか大雪とかで交通網がごちゃごちゃしてたから遅れたのだろーことは予想がつくけどね。そんなことより最大ショックだったのが、「去年もらったプレゼントと同じ」ってことだ!何てこった!!!あぁ、ショック…ここ数日、そば茹での失敗とか、借りた本を間違えて返したとか、豆球焦がし事件とか(これはあたしがじゃないけど)、ともかくいろいろショックが続いてたけど、それら全てが霞むほどの衝撃だ。

あたしは甥&姪へのクリスマスプレゼントは絵本と決めてるのだけど、ラクだし楽しいからいいなと思ってたのは最初のうちだけ。だんだんメンド…では決してなく「難しい」と痛感するようになった。好みとかあるし、「もう読んだ」とか「それ持ってる」ってのが怖くて手が出しづらいのだ。去年は甥に買った『エルマーと16匹のりゅう』がだぶってて買い直したし。うぅ~、まいった~。昔好きだった絵本てのがまだ売られてるってのはある意味すごいことだと思うけど、そうではない、最近出版された本から選べないってのは「いかに日頃接してないか」ってことでもある。絵本作ったりしてるくせにねぇ、情けない。

あー頭痛いーと思いつつ、夜になってから賀状印刷を始めた。遂にスキャナー始動!なんだけど、まず起動して1枚目の仕上がりを見てがっかり…何で「等倍」じゃないの?!「スキャン=等倍」なんだと思ってたぞ、あたしは。第一倍率をいじるとこなんてどこにもなかったじゃんか!
むききぃ~と歯軋りしながら何度かやってみて、倍率をいじるとこはないくせに4度か5度めあたりでまぁOKかな、と思えた。出力してみた。色悪ーい。何で?これで「スキャンした」ってことになるの?コンピニコピーの方がはるかにマシじゃん、むかつくー。解像度を上げればいいのかなと思ってやってみたけど、たいして変わらない。それに、「ちぎってる感じ」ってのもない…線がブレてないのは「上手くなった」てことなんだろけど、全然嬉しくないな。これもらった人は、あたしがちぎり屋だと知ってても、気づかないかもだ。と思うと切ない。何つかこー、もっと「らしい絵」にできんのかなぁ。解像度の問題?それっていくらくらいがフツーなんだろー。上げるともっと鮮明になるってことかしらん。そんでインク代は?高くついたりするの?たかがこれしきの絵(ハガキの隅、5×5センチ程度)で、半分近くなくなってるんだけど…びびるな、これは。イイ感じの仕上がりになったらこの先のやり方についても考えようと思ってたのだけど、これじゃーダメだ。速攻却下。「売り物はナマちぎり」に限る。もっとも、個展のときにKNちゃんが撮ってくれたような、素ン晴らしい出来具合の写真をモトにするんだったら別だけどさー。

さーて、明日もそば屋オフなので、向島の堂地堂さんへ納品!と思って、いま再確認したら明日はお休みだった…あぁ、一体あと何度ショックを受ければ年が明けるんだ?!うぅ~、泣けるぅ~。明後日のそば屋前に持参するか、いっそのこと郵送してしまうか…なるなら直接行って、店の感じを見たり、ご主人と喋ったりしたいんだけどねぇ。んーむ、悩む。
[PR]
by yukimaru156 | 2010-12-27 01:39 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156