チャリ屋ショック と本屋に2時間?

おおっ、いー天気だなぁー、掃除日和じゃーん、と思ったのだけど、まずはチャリを直しに行かねばならん。ので、朝食後、ちょっと雑用をこなしてから出かけた。もちろん酷使はできんのでチャリは押して。これを買った自転車屋に行ったら、謹賀新年の貼り紙の下に「営業は7日からになります」とあった。

がーん…絶句。

何だよぅ、あたしは2日から働いてんだぞぅ、とココロで叫んだところでどーにもならず、それより問題は明日のそば屋は駅までの往復徒歩じゃん、てことだ。まぁ、考えてもしょーがないのだけどね。歩くしかないっしょ。さみーけど。つか、メンドくさいんだよね。運動不足なんだから(この正月でちょっと太った気がする…)、きびきび歩けよ!と思うんだけどさー。

すっかり気分が萎えたとこで、界隈にあるB・オフの貼り紙が目に入った。1月5日まで、1000円以上お買い上げの方に200円分のお年玉、とあった。そこにつられるよーにふらふらと店に入る。こないだチェックしておいたCDはまだあった。つか、増えてた。きっと誰かが大量処分したんだろな。甲斐バンドの復刻CDがほぼ揃ってる感じ。『英雄と悪漢』とか『虜』とか『破れたハートを売り物に』とか。前回買おうと思った『POISON80’s』と悩んだのだけど、結局知らない曲も入ってる、『この夜にさよなら』にした。好きだった「氷のくちびる」も入ってるしさ。
さて、このCD、お値段は950円。つまりあと50円。てのはさすがにないので、105円の文庫棚とコミック棚を行ったり来たり。んーむ。欲しいのがないのぅ。そもそも未読の本がまだいっぱいあるので、買う必要がないんだよねぇ。大体、いまコンポがイカレてるんだからCDを買おうってとこからして「必要ない」ことなんだけど、それを言っちゃーおしまいじゃん。これ逃したら買わない気がするしさ。

平日昼間にここにいる諸君は何者?と自分のこたー棚にあげて、コミックをぱらぱら立ち読み。おもしろそーだけど絵が好みじゃないなぁとか、ちょっと欲しいと思ってたけど7巻も8巻も買えないよぅとか、そんなんばっか。文庫も欲しいのないし、困ったなーと思ってたら、この絵はオノ・ナツメじゃん?と思う本を見つけた。「basso」とあるのだけど、どー見ても作者はオノ・ナツメ。2007年の初版。それから改名したのかなぁ。
ともかくちとおもしろそうだったので、『amato amaro』、105円を購入。合計1055円。そんで、50円のブッククーポンと、200円分の「お年玉」をちょーだいした。散財はやめようと思ってた矢先のチャリパンクで(でもたぶん車輪を買い替えた方がいい時期…)、しかもその代金を支払ってないうちに…ともちらりと思ったんだけどね、805円で買ったと思えば安い。

そんで煎餅屋に立ち寄ってチャリ屋が休みでー、と言ったらば、7日までウチの裏に停めておけば、と言ってくれたので、ありがたく置かせてもらうことにした。また押してくのはしんどいもんね。感謝。明日は天ぷらを余らせなくては!(って、でも故意に余らせたーこたーないですぜぃ)

帰宅したらすっかり夕刻の気配。2時間近くもうろうろしてたことになる。道理でハラが減るわけだ。ちょいと腹ごしらえして、部屋にごろりと転がって、『amato~』を読了。まぁ、なかなかだった。この人の描く男の、手が好きだなぁ。彼らの、無表情に見えるけど実はそーでもない微妙なとことか。
読了後、CDを入れてみた。アカンかった…わかってたんだけどねぇ。コンポの裏を見たら、何と94年製。てことは16年前の代物なのか。寿命ってやつ?ふぁーあ。

そんなこんなで、掃除だの何だの、まーったくやる気が失せたまま、夜になってどうにか「年末にやるべきだったこと」をちょろっと片付けて、おしまい。せっかくの休日なのにと思いつつ、でも久しぶりに「何もしないでぐーたら1日」した気がするな。そゆ日も大事よね。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-01-06 02:07 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156