DM間一髪! と雪からのプレゼント

3月だか4月だかから珈琲豆が値上がりするんだそーで、ちょっと買占め…てほどでもないけど、しておいた方がいーんじゃない?て話から、いつもより多めに豆を買った。ついでにチラシのコピーも済ませて、それからせっせとまずはギャラリーさん宛てにDM書き。20~30枚の束を作り、一筆箋にひと言二言書いてるうちに時間が経ち、さて封入してそば屋へ行く仕度をせねば、と思ってたとこへ電話。うたちゃんからだった。

『DM書いた?』
『いま書いて、封入するとこー』
『よかった!間に合った!実は…』
と、説明し始めた。何でもカフェスローさんの閉店時間が違う!のだそーだ。うへー、びっくりぃ~!つーか、マジで間一髪だった。もしこの電話があと15分遅かったら、あたしゃ6件のギャラリーへメール便を出し終えてたよ。助かった…いま考えても危なかったよな、ほんと。「どっかの誰か」の力が働いてくれたんだな。

2人展の話をしに行ったときと閉店時間が変わったのだそーで、これは(入稿前のDMチェック時の)カフェスローさんのミスだから『DMを返送して欲しい、こちらで修正後、再送する』という話だった。いちお了解して(何せすぐそば屋の仕度をせねばならんかったので)、あたふたと仕度。で、修正する箇所はどんな具合だ?と確認したらば、さして大変な作業でもなさそだな、と判明した。これを送ってまた送り返してもらう、となると時間がかかってしまうし、料金はあちら負担でもエコ的でない気がして、自分で修正することにした。ちょっとやってみたら、そんなに時間もかからなかったしさ。(で、そば屋へ行く間際まで修正して、2件のギャラリー分を終えられた。ウチ出るときはさらにどたばたしたけど)

ウチを出るとき、何も考えずに飛び出したおかげで、チャリをがしがしこきながら、ブーツがまだ湿ってたことに気づいた。もちろん引き返すわけにもいかず、湿り始めた靴下で今日これから半日を過ごすのか、とちょっと滅入る。な~んでもーひとつの方のブーツにしなかったのかなぁ。足から風邪をひく、なんてこたーないと思うけど。
昨日と違っていい天気だし、そんなに混まないだろな、と思ってた。たぶんそば屋の全員が。甘かった…何でだ!売り上げは昨日とほぼ同額で、昨日は昼の売り上げが芳しくなかったので1日の売り上げとしては今日が一番。そりゃ寒かったけどさぁ。何でまたアレもコレも完売しちまうのよぅ。
勤務中のがんがん揚げてる最中にエライさんが来て、『(揚げ物の)ロスを出しても構わないから売り切れにするな』という通達。ふん。行列作ってる人間が、かき揚げがないから怒って(あるいはまた次回にと思って)去るとでも?大抵は諦めて「別のモノ」にして食べてくわけだから(ましてやああいう日は特に)、客単価としてはさして変わらないはずじゃんか。これでもかってくらい揚げまくって完売させて、労いのひと言もないってのもアタマくる。そんで今日も売り切れさせちまったことで、明日シャインはまた怒られるんだろーなー。ま、「揚げ物を続行するか否か」の判断をしたのは彼だし、そもそもあたしは「もうちょっと様子を見るべき」という判断をしてたわけだから、「そんなの知ーらんぺったんきゅーり」なんだけどさ。明日はそば屋オフだしねー。

帰りにチャリ置き場に入って、「雪からのプレゼント」を見つけてしまった。チャリ置き場のフェンスの向こう、アパートとの隙間50センチほどの狭い場所に柚子の木があるのね。そりゃーもういっぱい実がついてるんだけど、高さが2メートル近くあるので手が届かないのよ。誰も取らないまま腐ってくようだったのだけど、それが昨日の積雪で枝が大きくたわんで、すぐ手元まで来てた。おおっ、と4つ5つ拝借。味はわからないけど、いい香りしてた。あの枝、もしかしたら「邪魔だから」ってんで明日には始末されたりするのかしらん…もーちょっともらっちゃってもよかったかなぁ。
[PR]
Commented by B級 at 2011-02-16 09:27 x
「雪からのプレゼント」なんかいいね、そういうの。
柚子の木が「ひょっとして…枝、切られる?マジで」
ってあせって、プレゼントしてくれたんじゃない?(笑)
Commented by 雪丸 at 2011-02-16 23:45 x
B級さん、こんにちは~! 「雪からのプレゼント」っていいっしょ?(^^) ホント、柚子の木が「誰か取って!」って焦ったのかも(笑) 柚子、ちょっともー傷みかけてたけど、全然問題ないって感じっす。 明日またそば屋なので、帰りにでも見てみよっと。いっぱいもらってもよさげだったら、また柚子ジャム作ろうかな。って、ンなヒマあるのか?だけど(笑)
by yukimaru156 | 2011-02-16 02:04 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156