桜とこいのぼりと嬉しいメール

まずは1冊仕上げよう!と思って革と格闘。ケチな性分してるから、革の端切れをぎりぎりにカットしたので微妙に足らず失敗…これ、チラシでもやるんだよねぇ。性格出るよね、こゆとこ。本の端の処理がキレイにできなくて、ホック、じゃなくてスナップも微妙に歪み、性格まで歪んでくる気がした。つか、性格が微妙に歪んでるから、こゆ作業も歪むんではないだろかってのもあるけど。
思いの外時間を取ってしまったので、「チャリティーアート展」の準備がえらく半端になってしまった。絵本とストラップくらいかなぁ、持参できるのは。カードとか、先日荻窪に持ってっちゃったばっかなので、在庫が殆どないんだよね…千倉にも持参しなきゃだし。あわわ、ホントに時間ないわ。この2、3日はしっかり7時間寝てるけど。(それまでは5、6時間だったからその反動でつい、ね)

さて本日は夕方にまたまたびーどろねずみサンと待ち合わせて近所の花見。日大通りの桜がたぶん見ごろで、雨でもそれはそれで風流ですぜぃ、と誘ったのだ。ここの、両脇から覆いかぶさってくるような桜並木の中を歩かないと「花見をした」という気分になれなかったりするのね。あちこちで花見しても、ここも必ず(ひとりでも)散歩する。
雨はあがったけど、空はうす曇り。でも桜は見事に満開で、昨日の強風にもさして散らなかった様子。びーどろねずみサンに自慢しつつ、通りにある「ニッサク(日大桜ヶ丘高校)」のセーラーが人気で、それを着たいがために受験する子が多かったのだ、という話から制服談義しつつ、そぞろ歩き。往復30分ばかり?を楽しみ、それから「こいのぼり」。これ、彼女の友人がやってる、甲州街道沿いの広島お好み焼き屋なのだ。びーどろーねずみサンのご主人も加わり、3人であれこれ食べて最後のシメでお好み焼き食べたら満腹。まだちょっと苦しい。でも美味しかったー。

帰宅して、再び革豆本。1冊2冊と作っていけばそれなりに「キレイに仕上げられる」気がするのだけど、さにあらず…何でだ!3冊出来たのだけど(スナップはまだ)、どれも似たよーな出来で凹む。
作り始めた当初(原画をちぎり貼ってる段階)は、“3000円?いや、3500円くらいいけるかも”と思ってたんだけど、装丁を始めたあたりからどんどん目減りして“きっちりキレイに出来てるならまだしも、これで3000円は難しいだろ”と思う出来になってしまった…うぅっ、手間ヒマかけてたかが10冊に(いやホントは20冊行く予定なんだけど)こんなに時間かけてこの値段かよ。凹むなぁ。自分がわりーんだけどさー。この革豆本、四隅は「切りっ放し」な状態の方がキレイかもだ。その方が作るのもらくちんだし。大体、「四隅を中に折り込んで角を作る」ってのが革だと難しい。なるべく薄い革でと思うのだけど、それでも厚みは出るしねぇ。とりあえず明日、「切りっ放し」で1冊作ってみるかな。

さきほどメールチェックをしたらば、待っていたメールが届いた。福島の友人からだ。震災後しばらくして、古い住所録で“まだこのメアドで大丈夫かなぁ、避難してたら読めないだろうなぁ”と思いつつもメールしたのだけど、ずーっと返事がなくて、なくてもいいから無事でいて、と思ってた。それが今日、『ずっとPCを開けてなくて返信が遅くなった』とメールが入ってたのだ。家族全員無事で元気、ということで何よりほっとした。
『地震、津波、原発、そして風評被害…いろいろあるけど、福島市内は被害も少なく、元気に普通を取り戻しつつあります』
とあった。本当によかった。ライフラインも一時期は切断されてたようだけど、いまは大丈夫みたいだ。仙台在住の先輩(そーいやそーだった、TK先輩は仙台じゃん!といまさらながら思ってしまった…)も無事、と聞いて安心する。
余震の恐怖はまだしばらくは続くだろーし、ライフラインを確保できたとしても復興まではまだ遠いだろう。でもみんなが「元気」で「普通を取り戻そう」という意欲があれば、必ず何とかなると思う。それまでがんばろう、みんな。

明日はトチジ選か。まーたあの人がなんのかなぁ、やだなぁ。対抗者が『五輪誘致の400億円(4000億円?)を違うことに使う』と言ってて、五輪のためにそんなに溜め込んでたんかい!と思わず突っ込んでしまった。一体誰が彼を強力にプッシュしてるんだ?どっかの組織票なのか?
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-10 01:08 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156