爪は絶好調 と『最後の春休み』

昨日の反動で(?)、まずはニットセーターとかマフラーのお洗濯。起きるのが遅いモンだから(睡眠時間は6時間足らずくらいだけどさー)、やってるうちにすーぐ午後。ともかく以降はせっせと制作に励む。まずはガラスタイルの『退屈な天使が』。10冊作って、それから『Simple Words for You』を15冊。こっちの表紙はまだ。「こんなもん」でいーのか、あるいは「もっと必要」なのか、判断に苦しむ。当初の予定では、在庫と合わせてそれぞれ20~30冊あればいっかなー、だったのだけど…微妙かなぁ。「余裕があれば」とゆーことにするか。千倉行きの作品もまとめながら上手く作ってかないとね。

で、革豆本ストラップの表紙にちぎり貼り。爪は絶好調。がしがし行ける。キレイすぎてカッターで切ったよーにしか見えない…のは喜んでいいのか悪いのか…こちらも判断に苦しむ。自分としては「うまくちぎりれたー、楽しー」なんだけどさぁ~。さらに高度にする?っても、「チラシちぎり絵」じゃなくて「チラシ切り絵」にしか見えないんだろな。ふみゅみゅ~。ぷしゅう~。(風船がよれよれしながらしぼんでく感じ…)

昨日、風呂に入ってて、ふと口ずさんだ歌(あたしは普段は風呂でなんざ歌わないんだけども)が、歌いながら“…何だっけ、この曲”と思ってて、“あ、ユーミンの『最後の春休み』だ”と思い出したものの、とりあえず最後まで歌ってみたらいつのまにか『卒業写真』になってた…何でだ。何でごっちゃになるんだ、『最後の春休み』ので出しは♪春休みのローカー室にぃ~じゃんかー、と思いながらも一度歌いだすと、再び最後は♪人込みに流されて 変わっていく私を あなたは 遠くで叱って~になる…う~、悔しい~、と思いつつも布団に入ったらばたんきぅ。
したことを今日になって思い出して、頭ン中で歌いながら制作。1番と2番がごっちゃになるものの、どっちもちゃんと歌えた(脳内で)。ユーミンてすごく好きだったわけじゃないけど、でもときどきはっとするようなフレーズがあったりして、嫌いってわけでもなかったな。超メジャー(いまじゃ音楽の教科書に載ってる)『卒業写真』よりは『最後の春休み』の方が好きだったんだけど、『卒業~』の最後のフレーズ「私を叱って」ってとこ、好きだったなぁ。(しかし何でいま突然この曲なんだ?時期的にはちびっとズレてるし)
そーいやつい先日、『春よ来い』の歌詞を変えて、震災応援ソングにする、という記事を読んだ。この人、結構時事的な出来事を歌にするよねぇ。『ボイジャー』とか好きだったことを思い出した。持ってるCD(ちょっと昔のベスト盤)には入ってないから、テープを探すしかないか。
って、探してる場合じゃないんだって!

今日のうちに千倉のDMを書いてしまおう、とも思ってたんだけど、そこまでは至らず…明日はちょっとオデカケなんだけど(そば屋出勤日なのでその前にちょろっとね)、その前に片付けられるかな。微妙か。
日中の天気は悪くなかったのに、何かちょっと薄ら寒い?夜になったら靴下を履いた。(それまで履いてなかったのだ) 今週は「下り坂」らしい。ホントに妙な天気が続くよねぇ。体調を整えて、月末の「ホビーショー」と「千倉アートフリマ」の連チャンに備えなくては。
今日はやや短め(?)だけど、まだ作るんでこのへんで。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-04-18 00:29 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156