貸した本が戻ってきたら怖い…

あ~、やっと6連勤もあと1日だ~!何だかなぁ、よくやったよ自分~!て気分だ。1週間が長かったー。巷では明日から3連休なのね。全然眼中になかったわ。でも3連休ってことは、明日の土曜はいつもの土曜よりヒマだろな、たぶん。まー大ポカをやらないよう、それなりにがんばって行こう。

礼状をきちんと数えて印刷したはずが、1枚足りなかった…名前を書いてもらうのを忘れた人も含めて数えたはずなのにな。で、印刷すりゃーいーんだけど、ちょっくら別のことに手を出してたらそのまま時間がなくなってしまった…とゆーことでジョウさん、許されたし。キミへの礼状は連休明けだわ。

「別のこと」とは、友人に貸しだすマンガと小説とDVD。2人に送るのでその梱包とお手紙。書いてるうちに“あ、〇〇に暑中見舞いを出そう”とか思い立って、そっちもハガキを選んでたりしたらまた遅くなり、でもってよくやってしまうのが「梱包前にちょっと斜め読み」。やっちゃうのよねぇ~、部屋の隅でしゃがんだまんまとか、不自然な格好で。何でかなぁ。でも友人に聞くと、結構『自分の部屋なのに窮屈なとこで読み始めてしまったりする』のだそーだ。ふと我に返って“あたし何でここでこんな格好で読んでるんだ?”とか思うらしい。よかった、そゆ人がいて。
あたしは人に本(小説でもマンガでも)を貸すのが大好きな人なので、ついほいほいと貸してしまうのだけど、それで空いた本棚に買ってきた本を入れてしまう。だから結構「本が戻ってきたときが怖い」。一番いっぱい貸してる人ってのが身近にいるので(そう、あなたのことです、B.Nさん)、しょっちゅう会ってる割には『まだ返さなくていいから』とか言ってるんだけど、あれ戻ってきたらどーなるんだろか。たぶん、ダンボール1箱どころじゃないんだよなぁ。場所、空けておかないとなぁ。それを目指す8月、てことにしよう。(できるもんならやってみろ、な感じだけど)

今日、初めて新シャインに会った。7月初旬に入ったのだけど、あたしはずっと休んでたし、以降も彼は早番ばかりだったので今日まで会わなかったのだ。遅番で会った人たちいわく『ほとんど喋ってない、よくわからない』24歳。ちょっと興味津々。なるほど、な人だったけど、無口で無愛想な気もしなくはない割に、ひとつだけ気に入ったとこがあった。「店内を歩いててゴミを見つけたら拾う」のだ。あったりまえじゃん!!て思うでしょ、そーじゃなかったのよ、ここは。「言われないと気が付かない、目に入らない」シャインばっかで、いちいちこっちが目くじら立てて言うのも何だなと思いつつ、ココロに青筋立てて“飲食業を名乗るんじゃねーよ”とムカムカしてたくらいなのだ。フツーはさ、シャインがパートとかバイトにそゆことを「諭す」べき立場でしょ。休憩に入ったときにゴミ箱のゴミが山になってたら、ゴミは片付けるのよ、ホール係がいないんだから。でもやらないの、これまでのシャインは。やるのはパートたちだけ。指摘すればもちろんやるけど、そンときだけ、て人ばっかだったのだ。まぁ、最近ちょっとはやるよーになったかもだけど、あのまんま他店の店長候補になってった奴とか、どーしてんのかと思うねぇ。あたしが気にするこっちゃないけどさー。

まぁ、そんなわけで、あんまり喋らなかったけど、印象悪くもなかった。ちょっと笑った顔、かあいかったし。仕事は慣れだからさ、どーとでもなるでしょ、これから。前にいたのが(系列は一緒でも)そば屋ではなかったみたいだから、最初は苦労するかもだけど。
そーそ、今日、以前勤めてた、いまは楽器の修理屋にいるITちゃんがアイスの差し入れを持ってやってきた。美味しかった~!元気そーで何よりだ。今度はゆっくり会いたいなぁ。

本を2ヶ所に送りつけたとこで、部屋がだいぶさっぱりした。ホントはもーひとつ、被災地に絵本を送りたかったのだけど、「書籍扱い」で出す荷物としてはまだちょっと余裕があったのと、あたしの絵本も一緒にするつもりだったので今日は送れず。えーと、あと350グラム、だったかな。明日あたり、ちょっと古本屋を覗いてこよう。『ぎんぎつね』の3巻があるといいなぁ。
とか何とか言ってまた余計な本を買っちまいそーだ…買っちゃうだろな、そば屋6連勤ストレスと、その後の開放感を夢見て。とは言え、今月の給料を下ろすのを忘れてたから、無闇には買えないか。上限せんえん、てことにしておこう。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-07-16 01:42 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156