チチってこーなんだよなー と「23秒に1人」

旅行から帰宅したらば、チチが床上げをしてのほほんとテレビを見てたのには気が抜けた(つかほっとした)反面、ハハがぐったりしてたのには驚いた。(て話は書きましたが。すいません) そんで翌日、そば屋出勤前に病院へ連れて行き、眩暈や吐き気の薬を処方してもらったのだけど、にもかかわらず本調子にはほど遠い様子…う~ん。とりあえずの朗報は、昨日そば屋に行ったらば、「6連勤」のはずが「水曜オフ」になってたことだ。つまり明日はオフ!やたっ!そば屋出勤は3時過ぎなので、それまでに洗濯だの買い物だのは出来るけど夕飯の仕度までは無理で、「何かあったとき」、チチではな~んの役にも立たないことがわかってるのも不安だったのだ。とりあえず明日を乗り切れば、ハハも少しは調子を戻せるかな。だといーのだけど。

昨日、そば屋から帰宅したらば、ハハがぐったりしたまんま、チチの話をしてくれた。いわく、夕飯の仕度は出来ないから自分の分だけでも作ってくれ、と言って、とりあえずご飯だけ炊いた。チチはお釜を開けることが出来ず(そんなこともできなかったのか!!)、寝てるハハを呼んだ。行ってみたら、炊けたはずのご飯のスイッチが入ってる…つまり「お釜を開けようとしてスイッチを入れ」て、「ほかかほご飯を2度炊き」…何つーことしてんだか!そんでまたハハが寝てたら、今度は何かピーピー音がする。ウチじゃあないわよねぇ?と不安になり、行ってみたらば、『ウチじゃない』とチチ。んが。冷蔵庫が開いたまんまになってて、そいつがピーピー鳴ってたのだそーだ…てことはもしかしてガス漏れだとか火事とかでセンサーが稼動して知らせてくれても「わからない」わけ?
『そういうことになるのかな、ははは』
って、はははじゃないよう!日頃「何でも自分で出来る」と豪語しておきながらこれでは、かーさんだっておちおち寝てらんないじゃないか!大体、ついこないだまでぐったりしてたのはチチの方で、どんだけ周囲が気遣って心配してたと思うんだ!そのおかげでハハがダウンしてるんだから、今度はそっちが気ぃ遣ってあげてよね!と、爆発したところでしゅんとするのはまさに一瞬で、あとはけろっと忘れるのだ、この人は。(だから爆発は控えておいた) ある意味これが「長生きの秘訣」っぽいんだけどね。いやマジで。何ごとも気にしないし、気ぃ遣わないし、いろんなことに気づかない。このままじゃボケるからね!とゆーと『そしたらシアワセだろうなぁ』とか、どこまで本気かわかんないけど平気で口にするしね。ま、ボケたら本人は「それによってみんなに迷惑をかけてる」てことすらわかんないわけだから、「シアワセだろう」には一理あるかもだけどさー。

今日はちょっとはご飯も食べられたみたいでよかった。薬、あんまり効いてないみたいだけど。そば屋から帰宅したらちょーど風呂を出たところで、『風呂で倒れても父さんでは何も出来ないから、雪丸が帰ってくるのを待ってた。そろそろ戻ってくる時間だと思い、いま倒れてもすぐ雪丸が助けてくれると思ったから入った』とか切ないことゆーのだ。隣でチチはくーかー寝てるし!はーあ。まぁ、そーゆーチチに助けられてる部分てのも否定できないんだけどさー。自分の不甲斐なさを責めるばかりのようだったら、それはそれできついと思うんだよね。こういうチチだから助かってる、みたいなのってあるんよ。ボケるのだけはカンベンして欲しいけど。

今日のそば屋はまたちょっとしんどかったのだけど(7人態勢ってやっぱきつい…)、明日が休み、と思うだけでがんばれた。そーそ、ガクセイ君のひとりが、ウチのそば屋の「営業時間(朝6時半~夜11時)と平日の売り上げ」から、こんな計算を弾きだしてた。
『23秒に1人、そば出してるんですよ、ここ』
はぁ~。23秒に1人、ねぇ。もっともピーク時はそんなモンじゃあなく、10秒に1人(あるいはそれ以下)で注文を通してるから、そんなに意外な数字でもないんだけどね。逆に2時~4時あたりはヒマだから、平均するとそんなもんになるのか。もー麻痺してるからわかんないけど、でも凄い数字だよな、これは。よーやってるよ、みんな。つか、よく食うよな、みんな、もあるんだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-08-24 02:19 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156