あたしは想定外の存在

昨日も今日も(確か一昨日も)、新聞の天気予報では東京は「終日雨」だったんだけど、この天気…つまり台風はどーなってるんだ?あたしは日中(つか終日)、ほっとんどテレビを見ないので、見てるチチやハハに尋ねると『いま〇〇ですごい雨』とか『ちょっと〇〇の方にそれた』とか『ものすごくゆっくりで、人が一生懸命走ってる速度』だとか教えてくれるのだけど(それってフツーの台風とどんだけ違うんだろか)、つまり東京を直撃するのかどーか、するならそれはいつなのか、全然わからん。今日は青空拡がってたけど、夜半になってちょっと降ったんでしょ?路面、濡れてたもんね。昨日なんてずーっと降ったりやんだりだったし。(あ、いままた降ってきた…と思ったらやんだ…)
ま、週末だと雨でもそば屋は「ものすごく混む」ってほどじゃないからいーんだけどさ。

今年の「ちぎり屋さゆき」の予定としては、10月に三茶、11月に厚木、12月に渋谷えんじん展、が決まってる程度で、10月頭の亀戸に出るかどーか悩んでるとこなんだけど、11月~12月にかけて、湘南ねこの美術館でのクリスマス展に出ないか、というお誘いがあって、今日、はんこやまなちゃんから9月連休の「てづくりもん市」のお誘いが来た…う~ん。全部受けたらシヌかな、あたし。シナねーか、これくらいじゃ…と思ったり思わなかったり。いま現在、取り立てて「ちぎらねば!」て状態ではないのでねぇ。(これがいっちゃん危険なのだけど。これまでの経験上) 
とりあえず湘南ねこの家は出品することにした。館長とは面識あるけど、この美術館を始められてからは一度もお会いしてないし、DMをもらっても葉山まではなかなか行けないのでいつもごめんなさいしてる。今年になって「被災地に絵本を」という連絡をもらって定期的に送るようになったせいか、“作家としてのオファーもしてみようか”と思ってくれたのならありがたい。たぶん作品だけで在廊するようなことはないと思うけどね。でもこれを機会に一度は訪ねてみるのもいいかもしれないな。

で、この打診は館長ではなくスタッフの方から『館長はとても忙しいので代わりに』ということで連絡が来たのだけど、メールの最後に『このアドレスはパソコンからのメールは受け付けません』とあった…やられた。そーか、そゆ時代に突入したのか。(これを付記してくれるだけありがたいけどね。個人メールなんか、パソコンから受け付けてないくせに「返信がない」とか言う奴までいるし) 
とりあえずパソコンがあれば、業務連絡は足りる、と思ってたのね。急を要する場合はダメだけど、大抵は弱冠余裕があるものだしさ。とりあえず1日1回はちゃんとチェックしてるのだし。でもそーかー、受信は出来ても返信できなかったりするのかぁ。「携帯を持っていない作家」ってのは、ある意味もー「想定外の存在」なんだろね。最近じゃ「携帯持って」と言われなくなった代わりに「いきなりi-padデビュー?」とか言われたりするよーになった。する予定はないっすよ、いまんとこ。したらどーなるんだろな。あんまり変わらない気がするけど。

それより返事をどーするか、で、電話かfaxか、もしくはさらなるアナログ通信でハガキという手もあるな、と思って後者にした。受付締め切りまでまだ間があるし、自作ハガキで一筆、の方がイイ感じじゃん。何となくだけど。そんでその返信はまたメールだったりするんだろか。いちおハガキには「以降、こちらからの連絡はfaxでもいいか」と断りを入れたけどね。“え、この作家さん携帯持ってないんだ?!”とか言われてそーだな。ま、世の中にゃそーゆーへそ曲がりもいるってことで納得してください、スタッフさん。

亀戸のサンストもちょっと出店する気になってて、残るは「てづくりもん市」。連休3日間。うーわー。そば屋は今月前半、10日も入ってるんだよなぁ~。入れたら壊れるかなぁ。「金ナシ、在庫アリ」なんだよなー、いま。こっちの参加締め切りは週明け。あんまり迷ってる間はない…うぅっ。とりあえず今晩悩むことにします。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-09-04 02:07 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156