雨戸閉めておくんだったー!

とタイトル書いて“「雨戸」を知らない奴いるんじゃないか”と思ってしまった。もしくは「知ってるけどウチにはない」とかさ、いっぱいいるんだろね。築45年、6年か、だとあるのよ、こういう時代の遺物と言われよーとちゃんと機能するスグレ物が。使わなければタダの戸板にすぎないんだけどもさ。

本格的な降りになりそになる前に、ちゃちゃっと買い物を済ませ、さーて周辺をキレイにしたら制作本番!と勢い込んで作ってたら、座した場所の正面にある窓がびちゃびちゃしてる…およよ、さすがにこの激しい雨で吹き込んできたのねとタオルを窓の下に置いた。(我が家はサッシではないのだ。1階の洋間と和室はサッシだけど) よく見たら「吹き込んでる」などとゆーナマやさしいモノではなく、吹き込んだ雨で床は既に水溜りと化してた…やばし!慌てて雑巾で拭いてみたものの、もー何つーか「水溜りがどんどん拡がってく」状態。しばし絶句。窓際にはでかい絵画(60×100センチくらいの、J・M・ヴォーグの「スノレパード」)が立てかけてあり、その横には姿見があるのだけど、全部どけてみたらそっちの裏も水溜り。あぁ、こんなにひどいことになってるのに何で気づかなかったんだ!つか、雨戸閉めておくんだったー!!
昔は台風のときに雨戸閉めたりしてたけど、もーかれこれ20年はしてなかったと思う。台風で雨風が吹き込むことはあっても、ここまでひどいことにはなってなかったし。なので今回も大丈夫だろーと思ってしまったんだよねー。いまからでもやるか!と思ったのだけど、そのためには暴風雨の中、窓を開けねばならんし、ガタピシですんなりとは出てくれそーになかったしで諦めた。

で、そっからがまた大変だった。
スポーツタオルを3本、4本と重ねてもすぐぐっしょりになるし、フローリングの床がダメになりそうだったので何かいい手はないかと考え、「屋外イベント用のビニールシート」を床に敷いた。(まさか自分ちで使う羽目になるとは!) とにかく水が絶えずポタポタなので思うよーに上手くできず、悪戦苦闘。漏電しちゃまずいと電源を引っこ抜き(これでコンポとスタンドが使えなくなった)、窓の下の壁にビニールを這わせ、タオルで窓枠を抑える。と、ここからまた雨が滴ってくるので、ビニールシートにはまた水溜り…がっでぇーむ!バケツ持ってきて、数本のタオルの端がバケツの中に行くよーに誘導して、“これでだいじょぶか?ホントにOKか?”と見守るうちにバケツがいっぱいになってった…も、やだ。泣けた。貴重なそば屋オフに何てこった!(でもつくづく、今日がそば屋の日でなくてよかったと思う。電車止まってるから行けなかったと思うけど、夜は足止め喰った通勤客でごった返したんではないかと思うし)

ハハが階下から『和室もちょっと漏ってるー』とか『洋間が雨漏りしてるー』とか言ってたので『あたしの部屋はそんなもんじゃない!』と逆ギレ。この調子で一晩過ごすのか?そしたらまたバケツの水を捨てに行かねばならんではないか、とぐったりしつつ夕飯を食べ終えたら、どーやら台風も去ったよーでほっとした。心底。そっから後片付けがまた大変だったけど。ビニールシートにも雨水が凄いので、端と端をそぉ~っと持って、こぼさないよう細心の注意を払いながら風呂場へ直行。それからまた床を拭いたり、ごたごたな周辺を片付けたりで、何かそれだけで疲れた1日だった。

制作に入れたのは夜遅くなってから。明日、立川の夢工房さんに顔を出すのだけど『もう少し追加可能です』というメールを頂戴したので、在庫に加えてちょろちょろとね。夢工房さんに『こういうモノが欲しい、とか希望はありますか』と返信したのね。絵本、とかミニ額、とか雑貨系で、とか返信が来るかなーと思ってたら意外な答えが返ってきた。
『ぶどうの後ろに富士山がある便箋かカードが欲しいです』
………。いや、出来なくはないけどね。出来るよ、ぶどうも富士山も。でも何でこれがセットになるんだ?富士山に茄子だったらまだわかるけど。う~ん、これでいーのかなーと思いながらちぎちぎして作った。商品として売るのも何だから、ま、進呈ってことでいっか。「ぶどうの後ろに富士山」の理由は明日のブログで報告しますんで。

夜、階下からリョーシンが『バカっ!』『ったく何やってんのよぅ~』『そこじゃない!』『ンもーっ!』とゆー怒声、罵声を響かせてたので、よーっぽどヘタレなサッカーをしてるんだなと知れた。そのとーりだったよーだけど、とりあえず勝ったよーだ。メデタシ。しかし2人してあーやってエキサイトできんだからいいことだぁね。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-09-22 01:36 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156