通勤電車でマンガ と気分は振り子

『バッテリー』を読了後、さーて次は何にするかなぁ~と思って、マイケル・サンデル教授の『これからの正義の話をしよう』にした。これ、去年の自分の誕生日に買った本だ。読み始めるのにこんなに時間が経ってしまった…とゆーか、1年て何てあっちゅー間?!だ。まぁ、誕生日に買った本を「その年に読まなくてはならない」と決めてるわけじゃないけどね。(その前の年に買った本『6000人を一瞬で変えた言葉』はまだ読んでなかったりする…)

ともかく読み始めたわけだけど、借りてるマンガで未読のモノがいくつかあって、どーにも気になるのでそちらを先に読むことにした。(『これからの正義』は、咀嚼するのに時間がかかるのでささっとは読めない。おもしろいんだけどさ) 
「読み始めた」と言っても、ウチではいろいろやることテンコ盛りなので、そば屋の往復とかの「移動中」のみ。借りたマンガって、どーも車中で読む気になれなかったんだけど、ここでしか読む時間がないんだからしょーがない。車中でマンガ、が嫌なわけではなくてさ、落して汚したりしたら申し訳ないじゃん。文庫は文庫カバーがあるから大丈夫かと思えるけど。で、あたしは文庫カバーはなぜかいっぱい持ってるんだけど(どーも「すごく読書家」のイメージがあるのか、よくもらうのだ)、コミックサイズのカバーってない。だから、コミックのカバーを外して、書店カバーを付けてるのだけど、コミックカバーってないのかなぁ。見かけないやね。あ、昔そー言えば友人に1つもらったな。どこやったっけか…あンときは必要になるとは思わなかったんだよなぁ。それに新書サイズではなかった気がするし。
ないなら作るか。それもいい考えだ。って、ンなことしてる場合じゃないんだって、いま!

ともかくそゆわけで読み始めて読了したのが『だぶるじぇい』と『岳』。マンガだとそば屋往復+休憩で結構読めてしまうのだよね。前者は、自分ではまず買わないだろーと思われるゆるゆるマンガで、おもしろかった、とゆーよりは「これがおもしろいのか」と思えたのがおもしろかった。ヘンな言い方だけど。『岳』は、前回借りた分の続き。今度は5巻まで。映画の軸になった話はこのあたりから来てるみたいだ。どちらも無事読了したので、DMと一緒に発送しますんで、しばしお待ちを~。ありがとでしたー。

来週末が亀戸であることを考えると、もーDMは待ったナシなので、これからのイベントのうち、亀戸に来られる確率が高そうな人たちの分だけ作って投函することにした。昨日、三茶の主催者に問い合わせてブース№だけはわかったし。
そんでコピー行ってせっせとコメント入れて同封して、さてそば屋、と出かけようとしたら三茶DMがメール便の速達で来てた…1時間早ければチラシ同封が間に合ったのにぃ~!じゃんねん。

12月、「えんじん」のグループ展が今年最後の展示会。と思ってたのだけど、まったく同時期にやるクリスマス展のお誘いがあって、ここ数日(そのかぶり具合に)ものすごぉ~く悩んでた。受けるのは簡単だけど、果たしてちゃんと応えられるのか?とね。またクビ締めるんかあたし!みたいな。「えんじん」ではクリスマスをするつもりはあまりないので(まったく、ではないですが)、それ故に悩む。「やろう!」と思ったり、「いや見送らせてもらおう」と思ったり…気分は振り子。11月に「ねこの美術館」でクリスマスするので、そのついでに作っちまえ、とも思うのだけどねぇ…大丈夫かな、それで。そろそろタイムリミットだ。やってみるか。(そして来月、あたしは自分を呪ってるかもしれない…)
[PR]
by yukimaru156 | 2011-10-02 01:32 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156