穴はどこだ、あたしの部屋か?!

昨夜ブログ後、また机に戻って「ALL 500」の看板の文字をちぎり貼ってた午前3時。あたしの座椅子の脇にすっと何かの気配が…気がついたときには「うわあっ!」と叫んでた。出たのだ、ちゅー太がっ!!!
叫んだと同時に奴は身を翻し、そそくさと廊下へ出て行った…何つーか…ニアミスどころか、奴との距離は2センチもないくらいで、ぱっと手を出したら捕まえられそうな状況だった。以前見たときの奴とはまた別でもっと小さく、ハムスター並みの大きさ。去って行く後姿に妙な愛嬌があって、“しまった、ヒトに見つかっちゃったよ、やばいやばい”と言ってるみたいだった。いやホント。ちょっとかあいかったのだ。(つまりサイズによるってことね、この可愛さってやつは) 出来ることならこのまま、誰にも見つからず、誰ンちの世話(?)にもならず、がんばって生きてって欲しいと思った。
動悸が鎮まってから再び「ちぎり」に着手。(そんであと半分を今日の午前中に仕上げてここにアップ!のはずだったんだけど、デジカメの電池が切れてアップできず…じゃんねん。明日にはあげますー) 「500」の文字をちぎり貼ってから『ジウ』の最終回をやーっと見た。

う~ん。どってことなかったかなぁ。メイサってつくづく要潤に似てるよなー、兄妹とかやってみたらいーのにとかどーでもいーこと思ったりして。まぁ、みなさんそれなりにがんばってたと思うのだけど、何せ敵サンの「新世界秩序」たる組織がよろしくない。教義だか理念だかが曖昧で説得力に欠けるので、警察上層部に裏切り者がいてもいまいちリアルではないし、無国籍中国人のジウもあんまりいいとこがない。(結局メイサは彼には勝てんかったけどな) バリバリ武闘派のメイサに対して天使派の未華子(だっけ)がどういう立ち位置になるんかと思ってたけど「まんま」すぎて何も面白味がなかったし。交渉術に長けてるとか、実はものすごくキレ者だとか、そゆ展開を期待してたんだけどな。

見てる最中、2階で物音とかしてて“あーやだー、いるぅ~”と思ってたんだけど、わかっててもどーしよーもない。ハムスターだと思えば捕まえられる…かもしれないけど、捕まえたくないし。
で、見終わって風呂入って寝ようとした午前5時。再び奴!ぴゅっと駆け抜けてって、でもやっぱりどーすることも出来ない。一体奴はどっから入ってくるんだ?もー穴はふさいだはずなのに。
とにかく考えるのは明日だ、もー寝よう、と思ったのだけど、その「ささやかな気配」故に眠れない。突然「ばさっ」て音にまた飛び起きたら、姿見の裏の窓ガラスのところを縦に走り降りるところだった!翻る尻尾!そしてあたしの部屋の出入り口まで来て立ち止まり、佇むシルエット…泣けた。奴があたしの部屋にいるうちは、とてもじゃないが寝られん。そのシルエットが、ずーっと佇んでるのであたしも動けなかった。どうするつもりなのか見てたら、さっと階下へ降りたのでその隙にドアを閉める。(あたしは普段ドアを閉めないのだ) 
結局それでやっと寝れたわけだけど、時刻は既に6時を廻ってた。精神的にきついわ、これ。どっから入ってきたのか見当もつかないけど、午前3時を廻って、灯りがついてるのはあたしの部屋だけなのにやって来たってことは、奴の出入り口は「あたしの部屋」ってことにならないだろか…と思うとさぁ。

朝になってハハが『雪丸が居間でチョコレートを食べるから、その残りをネズミが齧った』と文句を言うので、あたしゃ居間でテレビ見ながらアイスは食べるけどチョコは食べないよ、と言ったらば『え、でもチョコの銀紙が…』。つまり奴はどこぞから引っ張り出したチョコを居間で食べたことになるのだ。う~、どこから持ち出したんだろう。それとも以前持ち出したモノを持って来て食べたのかなぁ。
昨夜の顛末を話し、ああやって何度も(人がいるのに)部屋を出入りしようとしてるってことは、「穴」はあたしの部屋にあるんでは、という見解を示すと、さすがのハハも否定できず。
と、あたしはふと「開け放った窓(いつも開けてる)と網戸の隙間から侵入するのでは」と思い立ってしまった。そーか、たぶんそーだ。あたしの部屋の窓はサッシではないので、後付けの網戸との間には3、4センチほどの隙間がある。(だからクソブンとか虫が入ってきたりもするのだ) ここから入って来たのだとしたら、出るときもここからと思うよなぁ。ここんとこのネズミ騒ぎで、食べ物はおろか生ゴミですら出さないようにしてるから、食べ物なんてないはずなんだけどなぁ。

これからは窓をちゃんと閉めることにするか。慣れないけど。喫煙者だから、真冬でもよく開け放ってんだよねぇ、あたし。網戸との隙間をどうにかするには…どーしたらいーんだろか。
ともかくもー出会いたくない。罠にかかっても欲しくない。どっか知らないとこでがんばって生きてくれ。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-10-07 02:15 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156