100円くじに燃える とチチのじゃがいも

カレンダーは結局3時近くまでかかってしまった…ホントは午前中を目安にしてたんだけどなぁ。(ま、起きるのが遅いからぜってームリなんだけどさ) 7組が無事に仕上がって、あとはカレンダー語録つか、いつもの標語?を書くだけなんだけど、いい加減そっから離れたくて別のことを始めてしまった…「片付けられない女」ってのは(「片付けられない男」はいないのか?!)、そーやって「終わらせる前に始めてしまう」奴のことなんだそーだ。あたしがそーか。いや、今日のうちに終わらせるけどさ。
しかし実際のところ、語録でも標語でも駄洒落ですらないんだよな。「立ってカブトの緒をしめろ」はまだしも、「はーとウォーミングアップ」て何?て自分で思うもんな。

亀戸で出すべきだったと猛省しつつ、100円くじに取り掛かった。何か気合いが違う。何でだろ。今回はこの売り上げは「震災支援金」とするから、てだけでなくて、基本的に「安価雑貨」を作るのが好きなんだってことだと思う。シールとかミニカードとか、ちっこいマグネットとかピンとか。“こんなのいくらでも作ってやるぜ!”てなモンで、ほいほいさくさく。もー見たくない過去のモノとか、サンプルとして作ったモノとか入れて、あとは昔買ったまんま、ほったらかしてあった無地のミニ封筒に合わせてカード作ってみたり。基本100円だからさ、改めて作るモノはそんなに凝ってないんだけどね。その分、さくさくいけるのよね。

そーそ、こないだ100均で、「紙クリップ」なるモノを見つけた。形が三角でさ、レポートなんかのコーナーに使えるんよ。おおっ、これって結構便利なんじゃん?と思わず購入。紙で出来てるけど、結構しっかりしてて一見プラスチックみたい。でも紙。だから「紙と一緒に捨てられます」と書いてあった。
とーぜん、ちぎり屋のあたしとしてはここに「貼る」。で、それも紙なわけだから「紙と一緒に捨てられる」のだ。おおっ、素晴らしいではないかー。って、ここに貼るんではなく描くんでも「捨てられる」ことに変わりはないのだといま気づいた。ま、ともかく1.5センチくらいのクリップだけどちぎり貼ってまっせー、てことで。3個200円くらい?かな。どーでしょ。売れなかったら「100円くじ」行き。これ便利だな。売れ残ってるヤツはどんどんこの「100円くじ箱」に放り込めばいーんだもん。もっとも、正規の価格で買ってくれたお客さんがそれ見てショックを受けるかも…とか考えちゃったりもするんだけどね。バラせばいっか。マグネットやシールもバラしてるし。

とまぁ、今日は1日ずーっとちぎったり貼ったりしてたわけで、あんまし書くことがない。と思ってたら、チチが話題を提供してくれた。(別にブログのためにってわけじゃないんだけどさー)
チチがベランダのプランターにじゃがいもを植えた。じゃがいもは種ではなくて、種芋となる実から芽がちょっと出てから植えるのだけど、どーも例の(かどーかはわかんないけど)ちゅー太が「掘り出してかじった」らしい。(でも芽が出るまで台所にほったらかしてあった剥き出しの種芋のときは、石鹸はかじってもこのじゃがいもはかじんなかったんだよねぇ、不思議) 今日チチがベランダでごぞごそと何やらやってたのは、そのちゅー太対策。網でも張ったのかと思いきや、違った。
『種芋の周りに有刺鉄線を置いた』
のだそーだ。ジャガイモに有刺鉄線か…物騒だな。牧歌的戦争、みたいな。いや意味よくわかんないけど、いま何となく思いついたのだ。(そんなんばっかだ、ここは) 

てなこと書いてるうちにもー1時になるんかよー。3時まではがんばろっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-10-13 00:53 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156