ハハは雨樋に咲くスミレはキライらしい

さーてちぎっかなー、と思ったとこへ、ベランダのハハから呼ばれた。雨樋の中にスミレの根が張ってしまってるのでちょっと取れないか、と言う。土が流れて雨樋が詰まったら大変だからとゆーので、どれどれと覗きに行った。ホントだ、雨樋から緑のちっちゃい葉っぱが出てきてるではないか。土なんかほんのちょっとしかないのに健気だなぁ~と感心し、えいやで柵を乗り越えて屋根に降りた。何が怖いって「高さ」ではなくて「脆さ」。ばきっと踏み外したら修理代がなんぼかかるのか見当もつかん…という恐怖と戦いつつ、片手は柵に捕まりながら、スミレを取ろうとした。簡単に外せると思ったのに、結構強い。何がどーなってるのか覗き込んだら、納得がいった。雨樋の中に鎖が通ってて、この鎖が庭のでっかいカメに降りてるのだ。(そしてそこには金魚がいる) スミレはこの鎖に根っこを絡めて生えてるので、ちょっとやそっとでは抜けない。ぶちぶちちぎるのは可哀想だなぁ、こんなにがんばってるのにー、と慎重に根っこを外し(でも少しばかり犠牲にし)、ハハに『植え替えてあげれば花が咲くよ』と言って手渡した。

『捨てちゃうわよ、あっちにもこっちにも生えてるもの』
『えー、せっかく根っこ残して抜いてあげたのにー』
『強いのよね、このスミレは。私が好きなのは日本スミレ。こっちは違うの、花もつまんないの』
う~、そーだったのかぁ~。だったらこんなに慎重に抜こうとするんじゃなかった。ぶちぶち切って捨てちまえばよかったってことか。健気にがんばってるから丁寧に取ってあげたのに、ちびっと損した気分。

部屋にもどって制作開始。シール10枚完成。に何日かけてんだよ、あたし。こんなのちゃちゃっと、のつもりが数日もかかってやんの。何だかな。
それから厚木のDMを書いた。お客さまたちには過日の「まとめDM」で出したからよいとして、今回の発送は厚木近辺在住の作家仲間たち。元気かなー、会えたらいいなーと思いつつ数枚。2枚足りなかった…ちゃんと残しておいたつもりなのに、ほいほい配りすぎたか。

そんなこんなしてるうちにそば屋の時間になり、チャリを玄関から出すときにふと、この石段の隙間にある葉っぱもスミレだったよな、と思ってハハに聞いたらそうだと言う。
『こっちは私の好きな日本スミレなの。だから絶対抜かないの』
だよね。確か以前チチが引っこ抜いてハハが怒ってた記憶があるもんな。日本スミレでない方の花も、花はそんなに悪くなかった気がするのだけど、そのあたりの価値観の違いがよーわからん。もしかしたら「しぶとくて強い花」は、何であれハハの好みではないのかもしれない。と考えると結構わかりやすいや。

夜から雨という予報だったけど、出かける頃には霧雨みたいなのが降りだしてて、あー、こゆ日にそば屋かぁ~とちょびっとウツ。でもま、そんなに激しくはならなかったのと、たぶん「給料日前」なので金曜でもメチャ混みにはならなかったのだと思う。助かった。そして明日からそば屋3連休!ちぎりまくって、気合い入れてかっちょいい額絵作品作って、出来たら厚木にも備えるのだ!どこまで出来るかわかんないけど、10月後半、ラクになるためにもーひと息がんばろっと。
[PR]
by yukimaru156 | 2011-10-22 01:51 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156